昭和薬科大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

昭和薬科大学

薬学部・薬学科

薬学の学びを通し、創薬から臨床に至る薬学の幅広い分野で活躍できる21世紀の薬剤師になる

本学の6年制教育は、学生が全員揃って6年間の教育課程を無事に修了し、薬剤師国家試験に合格することを最大の指導目標としています。そのため、基礎・専門の科目履修から共用試験、実務実習へと、段階的・ 系統的に学ぶカリキュラムを編成し、全員が足並みを揃えて国家試験に臨む教育支援に力を注いでいます。徹底した基礎教育をベースに専門教育へ進み、さらに臨床薬学へと積み上げ方式で学び、薬剤師として必要な要件を着実に身につけることができるよう配慮されています。同時に、ヒューマニ ズム教育や小グループ討論などを通じて、豊かな人間性やコミュニケーション能力を養います。1年次からの多彩な「早期実習体験」を実施することで医療への意識を高めるとともに、豊かな人間性を育んでいきます。4年次からは興味や進路に合わせた3つのコースを採用。自分の将来の進路に合わせて学ぶことができます。そして、5、 6年次には実務実習や薬剤師国家試験に臨み、未来の薬剤師をめざします。

薬学を学ぶ 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

実際の環境を見据えたリアルな最新の実習施設で行う徹底したトレーニング

3年次後期から臨床実習事前学習の導入教育がスタートし、4年次の前期・後期と合わせ3段階で必要な技能・態度を身につけます。実習には5年次の実務実習先となる協力病院や保険薬局の薬剤師も参加し、本番へスムーズに移行できる体制になっています。電子カルテに対応した最新のモデル薬局、モデル病室をはじめ、散剤用、水剤用の調剤・製剤施設を設けた調剤・製剤室、注射剤の混合製剤を行う無菌製剤室など、充実した事前実習を可能にする最新の施設を実習棟に導入しています。実際の医療さながらのリアルな環境を整備し、事前実習は処方せんと調剤、医師への疑義照会、患者さんへの服薬指導、医薬品管理、医薬品情報の提供、薬物モニタリングなどを実践的に学び、医薬品と薬物治療にかかわる理解を深めていきます。また薬剤師に求められる技能・態度に加え、医療人として欠かせないコミュニケーション能力を養う実習には模擬患者(SP)として地元のボランティアの方々も協力し、アドバイスを行います。

実務実習でスキルを磨く

5年次には、全員が病院・薬局で、計5ヶ月間にわたる実務実習を受けます。病院実務実習は聖マリアンナ医科大学附属病院、東京大学医学部附属病院、東京慈恵会医科大学附属第三病院、NTT東日本関東病院など、合計47 の協力病院で行われます。病棟活動を中心にチーム医療の一員としての薬剤師の役割を実地に学ぶことに重点を置いています。また、調剤、医薬品の管理・供給・保管、医薬品情報や製剤なども幅広く学び、病棟でのカンファレンスにも参加したり、患者さんに対し服薬指導の実習を行います。薬局実務実習では、地域医療に貢献する開局薬剤師の実務全般について幅広く学びます。特に患者さんへの服薬指導や接遇で高いコミュニケーション能力を養うことに力点を置き、医療保険制度や在宅医療、福祉・保健、災害時医療に関する実習も行われます。さらに、セルフメディケーションにつながる一般用医薬品やサプリメント、健康食品などの知識やアドバイス能力も身につけます。