大阪女学院大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

大阪女学院大学

国際・英語学部 国際・英語学科

世界の中の「わたし」として学ぶ。

自己への気づきを深め、地球的課題について学びながら高度な英語運用力を養い、「コミュニケーション」「国際協力」「ビジネス」といった専門領域についての知識と見識を広げ、深めていく4年間。小規模校ならではの徹底した少人数制で、一人ひとりの英語習熟度や学びの展開に寄り添いチャレンジを応援するカリキュラム。また、英語だけでなく、中国語または韓国語を本格的に併修できるプログラムも設けています。
本学のルーツは1884年に開校したミッションスクール「ウヰルミナ女学校」。「世界が君たちを必要としている」との呼びかけに応えてその生涯を捧げた宣教師たちによって建てられた女学校です。以来一貫してキリスト教の精神に基づく人格形成をめざしてきました。社会がどんなに変化しても人間一人ひとりはかけがえのない存在である。「何ができるか」ということで個人の値打ちが決まるのではなく、存在そのものに価値があるということに一人ひとりの学生が気づいてほしい、その願いが教育の根底にあります。「ありのままの自分でいい」と感じられる空気の中で、自由な心で学び、自分の限界を決めずに学びにチャレンジしてください。

語学(外国語)を学ぶ 語学・外国語

世界のトピックを英語「で」学ぶ。世界のできごとが近くなる。

世界の課題を英語「で」学ぶ。大阪女学院伝統のユニークな学習システムです。学生は1年次から「平和」「人権」「倫理と異文化」「環境」の4つの大きなテーマに出会います。Reading、Writing、Speaking、Discussionの各科目にわたって同一テーマを同じ教材を使い、4つのテーマを英語「で」学んでいくことで「読む・聴く・話す・書く」の4スキルが同時に磨かれるとともに、学生が主体的に取り組むProject-based Learningの学習方法で、思考力や対話力、発信力も鍛えられます。これらの学びには独自開発のデジタル教科書が入った一人1台のiPadを活用しています。
「国際・英語専攻」と「WGL専攻」(Women’s Global Leadership専攻)があり、国際・英語専攻は3年次から「コミュニケーションコース」「国際協力コース」「ビジネスコース」に分かれて専門分野を英語で学びます。WGL専攻は各分野の専門科目に加えて分野を横断的に学び、3年次には海外協定大学へ1年間の留学チャンスがあります。WGL専攻は入学時の英語運用力TOEIC500点以上程度の方が選択可能です。

English+1! 英語+中国語、または英語+韓国語、本格的に併修できます。

‘英語だけじゃない大阪女学院’でイングリッシュプラスワン! 英語+中国語の併修、英語+韓国語の併修、それぞれ本格的な併修プログラムを設けています。週4~5講時(90分×4~5回)・2年間の授業で中国語や韓国語を密度濃く学習します。
中国語の到達目標は中国語検定2級で、やや高度な読み書きや日常会話、ビジネスにおける一般的な会話に対応できるレベル。韓国語の到達目標は韓国語能力試験4級で、ニュースや新聞をある程度理解でき、ビジネス場面でも一般に必要な韓国語が使えるレベルです。
成績基準を満たせば、3年次秋学期に、台湾や韓国へ中国語や韓国語によるセメスタ留学(語学留学)が可能です。留学費用の一部を支援する返還不要の奨学金制度があります。