大阪女学院大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

大阪女学院大学

国際・英語学部 国際・英語学科

「世界の中のわたし」として多様な国際社会の課題を英語で学び、平和な世界を創り出す人に

国際・英語学部 国際・英語学科は、「聴く」「読む」「話す」「書く」という4つの語学スキルの統合だけでなく、「学ぶ内容」との統合もはかるカリキュラムは「どうのように」学ぶのかを重視しています。
問題発見・問題解決・リサーチ・プレゼンテーションを含む課題を通した体験学習法を大切にしており、語学を学ぶことと、社会の課題を取り上げて学ぶことをしっかりと重ね合わせ、関係づけた英語教育を行っています。

1年次から世界のトピックを英語で学ぶことで、高い英語運用力とともに、自分の興味や関心をじっくり育てます。「国際・英語専攻」と「Women’s Global Leadership専攻」の2つの専攻で学ぶことができます。

「国際・英語専攻」では、世界との関わり方や進むべき進路を見つけ、英語運用力と考える力を同時に養成します。3年次からは[コミュニケーションコース]、[国際協力コース]、[ビジネスコース]に分かれて専門分野を英語で学び、専門的な仕事に結びつく高度な英語力と実力を兼ね備えたプロフェッショナルをめざします。英語で学ぶ専門科目は「コミュニケーション」「国際協力」「ビジネス」のいずれかの領域を主として他のコースの科目を学ぶことも可能です。

「Women’s Global Leadership専攻」は、入学時の英語運用力がTOEIC500点以上程度の方を対象とし、3年次には海外協定大学への英語を使用言語とした通年またはセメスタ留学(費用軽減制度あり)を原則としているのが特徴です。英語で教養と専門分野を学び、世界でリーダーシップを発揮し社会に貢献できる女性をめざして資質や知性を磨きます。

伝統と先進の英語教育×専門教育とプラスαの学び

大阪女学院では、「聴く」「読む」「話す」「書く」という4つの語学スキルの統合だけでなく、「学ぶ内容」との統合もはかるカリキュラムは「どうのように」学ぶのかを重視したPBL(Project-based Learning)という学習法を、1987年より導入してきました。
PBL方式で学ぶ授業は、英語習熟度別のクラス編成。一人ひとりに合った授業の進め方で、無理なく着実な成長を促します。習熟度に応じた学びをさらに高める環境として、1クラス25人ほどの少人数制。先生への質問が気軽に行えるほか、自分の意見を発信できるチャンスも豊富にあり、伝える力や聴く力が着実に磨かれます。

英語スキル診断テストの実施や、英語学習についての質問・相談を卒業生チューターや英語ネイティブ教員が個別対応する学習サポートセンター(SASSC)を設置、一人1台のiPadで学習するなど、ハードとソフトの両面からの学習環境も整えています。

英語教育のみならず、中国語・韓国語が併修できる《English+1(プラスワン)》という
本格的に語学を併修できるプログラムが充実。成績基準を満たせば、3年次の秋学期に台湾や韓国への語学留学のチャンスもあります。1・2年次に韓国語を、3・4年次に中国語をという学び方も可能。日・英・韓・中のマルチリンガルを目指すことも可能です。

こんな学問が学べます。
  • 語学(外国語)
  • 言語学
  • 国際関係学
こんな職種が目指せます。
  • 客室乗務員(フライトアテンダント)
  • 空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • 語学教師
  • 日本語教師
  • 通訳
  • 通訳ガイド
  • 逐次通訳者
  • 同時通訳者
  • 翻訳家(ほんやくか)
  • 映画字幕翻訳
  • 英字新聞記者
  • 外交官
  • 外務公務員
  • 国連職員
  • 大使館スタッフ
  • 通関士
  • 国際秘書
  • 留学カウンセラー
  • 国際会議コーディネーター
  • バイリンガルスタッフ
  • 外資系スタッフ
  • 青年海外協力隊員
  • 貿易事務
  • ツアーコンダクター
  • ツアープランナー
  • ホテルフロント