九州産業大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

九州産業大学

学部・学科の枠を越え、産学官連携による商品開発や技術開発など約130のプロジェクトを展開中

九州産業大学は、人文・社会・理工・芸術系の9学部、大学院5研究科を有する総合大学です。
「教養科目」と55以上の能力別少人数クラスで行う「外国語科目」に加え、各学部の「専門基礎科目」で構成する「KSU基盤教育」で、教養と語学力など土台となる教育を徹底しています。
また、実践教育「KSUプロジェクト型教育」では、学部学科の枠をこえ、企業、行政、地域とコラボレーションした130件を超えるプロジェクトを展開しています。商品開発やプロモーション、技術開発、イベント開催など、総合大学だからこそ実現できる学びによって、社会で必要とされる「実践力」、「共創力」、「統率力」を磨いていきます。
産業界のあらゆる分野が、未来を待つ人ではなく、自ら動き、つくり出すひとを求めています。九州産業大学は、行動と実践を重んじ、社会に具体的なアウトプットで貢献する人材を生み、育てる、学びの場です。枠にとらわれない自由な精神と、それを具体化する強い意志。「必ず、カタチにしてみせる。」この新しいスローガンのもとに、九州産業大学は、多様なプログラムで学びをサポートし、社会の新しいニーズに応える大学へと進化を続けます。

トピックス

2019.03.01 2018年4月 文系3学部 新・編成へ

2018年4月、文系学部&学科が新・編成へ!
「人間科学部」と「地域共創学部」を新設し、経営学部と統合した新しいスタイルの「商学部」を設置。
「人間科学部」「地域共創学部」では 、地方創生や観光振興、保育士不足の解消など、九州・山口地域が抱える課題の解決に貢献できる人材の輩出を視野に入れてカリキュラムを編成しています。「商学部」では、九州の今を支え、未来を創造する力をビジネスの実践を通して身に付けます。

2019.03.01 2017年4月 工学部と情報科学部 新・編成へ

これからの社会は、環境、エネルギー、食料、医療、災害対策など、複雑化する問題に対応し、地域産業の活性化、地域文化の維持発展に貢献できる人材を求めています。
理工系学部は、現行の2学部8学科から3学部7 学科に新編成しました。学部内における横断的教育と学科相互の連携を強化し、「わかりやすい学科構成」と「学びやすい学修環境」を整備します。加えて、蛍光電子顕微鏡など世界レベルの最先端教育・研究環境を整え、社会の変化に柔軟に対応し、地域社会に貢献できる「地域指向型技術者」の育成をめざします。

2019.03.01 就職支援が充実

就職率7年連続上昇。「過去最高の就職率」(対卒業者比)に結実したキャリア教育。
平成26年度に実施された厚生労働省の「キャリア教育プログラム開発事業」においては、学生の全国の国公私立大学の中で独自性の高いものとして選ばれました。
キャリア支援センターは、キャリア教育や就職活動支援、各種資格取得講座、インターンシップ支援を行い、学生の就職活動をバックアップします。

2019.03.01 サークル情報

現在、約70団体のサークル及び約80団体の愛好会があり、学術・文化・スポーツの各方面で精力的な活動をキャンパス内外で展開しています。全国トップクラスの実力を誇るサークルや自分の世界を広げてくれるサークルなど多数活動しています。
皆さんもサークル活動に参加してみましょう。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2018年3月卒業生実績

大和ハウス工業 | 西日本シティ銀行 | 福岡銀行 | アステム | 伊藤園 | 鹿児島銀行 | 北九州市消防局 | 九州旅客鉄道 | 佐賀銀行 | セブン-イレブン・ジャパン | 第一生命保険 | アイ・ケイ・ケイ | イオン九州 | JTB九州 | JALスカイ九州 | スターフライヤー | 積水ハウス | タカラスタンダード | アイリスオーヤマ | NTTデータSBC | ヒルトン福岡シーホーク | ミキハウス | 九電工 | 日本郵便 | ムーンスター | 九州電力 | 西松建設 | パナソニックホームズ | マツダ | スズキ | 関家具 | 日産自動車 | 博報堂DYデジタル | レベルファイブ …など

就職支援

■キャリア支援センターが全力でバックアップ!

キャリア支援センターは、1・2年生のキャリア教育支援を行う「キャリア教育課」と、3・4年生の進路・就職支援を行う「進路支援課」の2課体制で、支援を行っています。入学から卒業まで各学年に合わせたさまざまなプログラムを実施し、学生一人ひとりの夢や希望を全力でバックアップしています。


■ジュニア・アドバイザーとキャリア・アドバイザーは心強い味方!

2003年に学生のボランティアで発足したジュニア・アドバイザーは、「学生による学生のための」就職活動サポート制度です。就職が早期に内定した4年生が就職活動を始める3年生に対して助言・支援を行います。就職活動を終えたばかりの4年生からの情報提供は、後輩たちにとって頼もしい存在となっています。また卒業後は、キャリア・アドバイザーとして、社会人・企業人の立場から後輩たちを支援します。

各種制度

九州産業大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

奨学制度

本学は、約2,000名枠(総額6億円)の返還不要な独自の奨学制度により、学生を入学年度から最長4年間の授業料相当額を支援します。
学業成績・スポーツをはじめ様々な分野において優秀な学生を支援する『中村治四郎奨学金』や経済的に修学が困難な学生を支援する『経済支援給付、遠隔地学生予約型給付奨学金』などがあります。
このほかにも「日本学生支援機構奨学金」や地方公共団体、民間育英団体などの奨学金制度があります。

交換留学制度

交換留学は、国際文化学部、経済学部、商学部第一部・第二部、経営学部の学生を対象にしています。留学を通じて、グローバルな視野と感性、知識、その国の文化を体験しながら語学や専門科目を学びます。また、芸術学部の学生が対象の、芸術文化交流を目的とした交換留学も行っています。美術やデザイン、グラフィックアーツなどを学び、現地で作品制作を行うことで感性を磨くことができます。留学期間中は休学扱いとはならず、本学の修業年限に算入します。また、留学先で取得した単位は本学で在籍する学部の基準に従って、一定範囲内で卒業単位に認定します。この他、奨学金の支給など本学独自の留学サポート体制が整っています。交換留学のほか、芸術学部の学生をドイツとフランスの大学等教育機関へ、芸術文化交流を目的として派遣しています。

■派遣先大学(一例)
アビリン・クリスチャン大学(米国)6ヶ月間、リーズ・ベケット大学(英国)6ヶ月間、オックスフォード・ブルックス大学(英国)6ヶ月間、リール・カトリック大学(フランス)6ヶ月間、中国人民大学(中国)6ヶ月間、東亜大学校(韓国)6ヶ月間、東国大学校(韓国)6ヶ月間

KSU海外ジョブトレーニング・国内ジョブトレーニング

毎年、全学共通英語教育プログラムの成績により、海外・国内ジョブトレーニング研修生を選抜し、8月から9月にかけて、国内外の企業でインターンシップを経験させています。
海外ジョブトレーニング研修生は、オーストラリアで集中英語研修と現地企業でのインターンシップに参加します。また、国内ジョブトレーニング研修生は、ネイティブ講師との英語合宿を経て、国内の国際的な企業でインターンシップに参加します。
研修生には奨学金が支給されます。

資格取得課程・各種課外講座

教職課程、司書および司書教諭、学芸員、社会教育主事など、資格取得を希望する学生は通常の授業とは別に、各課程の授業科目を履修し、資格取得を目指すことができます。
また、情報関係、語学関係、キャリア関係、公務員受験対策、就職対策などの各種課外講座を多数開講し、積極的にサポートします。

キャリアサポート奨励金給付制度

資格試験や能力検定の合格を目指している学生に対して、本学では奨励金を給付する制度を設けています積極的な奨励金の活用により、多くの資格を取得できるチャンスが広がります。

クラス担任制度

学生一人ひとりに対し、専任教員がクラス担任として担当する「クラス担任制度」を設けています。クラス担任は、学生が有意義な学生生活を送ることができるよう指導、支援、助言を行っています。修学上のこと、学生生活のことなど、何か困ったことや悩みごとがある場合には、気軽に研究室を訪ねることができます。

女子学生支援室「くすぐる~む」

「くすぐる~む」は女子学生の憩いの場です。アロマが香る心地よい空間で、勉強や読書、友達との交流など自由に利用することができます。学部、学科、学年を越えた女子学生が集うことで、新たな交流も生まれています。卒業生が職員として在室しているため、何か困ったことなどがあれば気軽に相談や質問をすることができます。
また、女子学生の会「KSUGL」では、学外の企業や行政と連携し、さまざまなプロジェクトやイベントを企画・実施し大学生活や就職活動・実社会に生かせる経験や知識を身に付けています。

学校No.2707更新日: 2019.08.27

九州産業大学ページ上部へ