國學院大學の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

國學院大學

文学部

多彩な文学・文化を学べる5つの学科。文化をグローバルに発信できる人材を目指す

文学に対する深い知見をベースに、日本文学はもちろん諸外国の言語や文化、哲学や芸術についても学ぶことができます。幅広い学びの機会を創出するために、他学部・他学科の授業を履修できる柔軟なカリキュラムが用意されているのも特長。深い教養と広い視野を持つ人材を育てる環境が整っています。
「日本文学科」では、日本の文学・文化を体系的に学び物事の本質を捉える思考を養い、創造的思考と理論的思考を両立する人材の育成を目指します。2年次からは3専攻に分かれ、より専門性を深めた学びを習得します。
「中国文学科」では、古典読解力、中国語運用能力、漢字情報処理能力を学びの3つの柱として、広く国際社会に貢献できる人材を育成します。
「外国語文化学科」では、外国の言語や文化を学び、国際社会で異文化間の橋渡し役として活躍できる人材の育成を目指します。コミュニケーション能力を磨く「外国語コミュニケーション」と、文化という側面から学ぶ「外国文化」の2コースが設置されています。
「史学科」では、日本史、西洋史、東洋史、考古学及び歴史地理を研究します。実証的な学習と主体的な研究を通して「自ら創り出す歴史」として学べるカリキュラムを用意。2年次に、一般企業・公務員を志望する「S-プログラム」と、大学院への進学や研究者を目指す「P-プログラム」に分かれます。
「哲学科」は、西洋哲学を中心とした世界の哲学・倫理学などを通じて、多様なものの見方を学ぶ学科です。「哲学・倫理学」コースでは具体的なテーマや哲学者・思想家に焦点を絞って問題を掘り下げ、「美学・芸術学」コースでは様々な芸術ジャンルや美術史について、理論的に考察します。

日本文化をあらゆる角度から研究する日本文学科。主体的な学びの機会を創出する史学科

日本文学科は、古代から現代に至るまでの日本の文学・言語・文化を深く研究していく学科です。1年次で基礎を幅広く学んだ後に、2年次から3つの専攻に分かれて、より専門的な学びを深めていきます。「日本文学専攻」では、古事記や万葉集から近現代の夏目漱石や太宰治まで、日本文学の主要な作品集・作家について深く掘り下げて学んでいきます。「日本語学専攻」では、日本語を学問として捉え、発音、文字、表記、文法、語彙、方言など多角的に研究していきます。そして「伝承文学専攻」では、昔話や儀礼・風俗など、文字化されることなく伝統として伝わる日本文化について研究。文化の動きを捉えることで日本の行く先を考えます。

史学科では、主体的な学習に重きを置きます。暗記的要素が強い歴史学ですが、本学科では教科書的な通説を疑うところから学びをスタート。あらゆる資料を駆使して自分の力で歴史を読み解いていきます。100年以上の歴史を誇る本学の図書館・博物館は膨大な数の資料を有し、主体的な学びを深めるのに適した環境。また、史学科では多彩な学生のビジョンを叶えるために、研究分野から選ぶ「コース」と、目指す将来像から選ぶ「プログラム」という2つの軸でカリキュラムを構成。コースとプログラムの組み合わせによって、一人ひとりに寄り添った学びの機会を作り上げています。

こんな学問が学べます。
  • 外国文学
  • 日本文学
  • 哲学
  • 宗教学
  • 文化人類学
  • 比較文化学
  • 図書館情報学
  • 歴史学
  • 考古学
  • 地理学

観光学部 観光まちづくり学科(仮称)*

「地域」を主体とした「観光まちづくり」を考える

少子高齢化が進む現在、地域社会の存続は大きな課題になっています。國學院大學では、2022年4月、観光学部 観光まちづくり学科(仮称)を開設予定です。持続可能な地域社会の実現に向けて、様々な側面から実践的な働きかけのできる人材育成を目指します。
本学部の特長のひとつは、「地域を主体とした観光」を考えること。これまでの観光は、旅行業の発展に伴い、観光客を送り出す側の論理から考えられがちでしたが、本学部では多種多様な資源を有する地域を主体とした観光のあり方を追究していきます。
価値のある建物や路地といったいわゆるハード面だけではなく、祭礼やコミュニティといった、地元の人にとって当たり前なソフト面も含めて地域の魅力として再発見し、観光活用して地域経済の活性化へとつなげていく、“観光まちづくり”の手法を実践的に学んでいきます。

文系と理系の垣根のない学び

これからの観光まちづくりでは、統計やデータを活用しながら、自然、歴史や文化、公共政策や行財政、都市計画、事業マネジメントなどを俯瞰し、各分野の人々と協働していく力が求められます。本学部では文系と理系の垣根なく科目を柔軟に選択できるカリキュラムと少人数単位で分野横断的な協働作業を行う「観光まちづくり演習」を学びの柱としています。入学試験では文系・理系どちらからでもアプローチ可能な科目構成とし、入学後は各自の関心と目標に沿って学びたい科目を選択できる仕組みを構築します。授業としては、「よいまち」とはどのようなものか、持続可能な地域を構想・計画する基礎を身に付ける「まちづくり論」や、学生自らPCを用いてデータを解析する「データサイエンス」などを開講予定。2年次前期、3年次後期には全員がグループワーク演習を行い、地域の姿を分析することで、観光まちづくりの構想・提案ができる力を養います。
観光学部(仮称)のメインキャンパスは、緑豊かな横浜たまプラーザキャンパス。4年間の学びを通して、地域を主体とした観光や交流を考え、活力あるまちの実現に貢献できる人材を目指しませんか。

*2022年4月開設予定・設置認可申請中。設置される学部・学科等の名称・内容などは予定につき、変更となる可能性があります。

こんな学問が学べます。
  • 社会学
  • 地域社会
  • コミュニケーション学
  • 観光学
  • メディア学
  • 国際関係学
  • 建築学・意匠
  • 環境学
  • 総合政策学
こんな職種が目指せます。
  • アプリケーションデザイナー
  • 空間デザイナー
  • ランドスケープアーキテクト
  • 環境コンサルタント
  • ネイチャーガイド
  • パークレンジャー
  • 広報・宣伝
  • 調査研究員
  • 金融業界で働く人
  • 不動産企画開発に関する職業
  • 通訳ガイド
  • 外務公務員
  • 国際ボランティア
  • 国家公務員
  • 公務員(一般行政職)
  • 都道府県職員
  • 市町村職員
  • 国土地理院で働く人
  • ツアープランナー
  • ランドオペレーター
  • 観光庁職員
  • トラベルコーディネーター
  • トラベルライター
  • そのほかの旅行・ホテル・ブライダル系の職業
  • 学芸員
  • テレビ業界で働く人
  • 新聞記者
  • 雑誌記者
  • 編集者
  • 出版業界で働く人
  • 広告業界で働く人
  • 古地図研究家
  • イベントプランナー