追手門学院大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

追手門学院大学

地域創造学部 地域創造学科 観光・まちづくりコース

魅力ある観光資源の発掘・創造、まちづくりの企画・提案・情報発信力を身につける

「地域のニーズをつかんで、民間企業の社員や公務員として活躍したい」。そういった要望に応えて2015年度より開設された地域創造学部。「観光・まちづくりコース」「地域経済・事業創造コース」「都市文化・文化創造コース」の3コースで「社会で実際に役立つ知識と能力」を身につけ、地域社会を支える人材へと成長するのをサポートします。なかでも、「観光・まちづくりコース」では、歴史的な観光地、里山に代表される自然豊かな中山間地、限界集落などを対象に、多様な観光・まちづくりを学びます。観光とまちづくりの基礎知識、多様な分野の専門知識とケーススタディを学習し、地元地域に密着したテーマを深く追究していきます。また、単に観光だけでなく、テーマ性が強く、現代の人々との交流や自然とのふれあいなどの要素を取り入れた新しい形態の旅行“ニューツーリズム”や、昨今増加している外国人観光客のインバウンド観光についても学びます。

観光学を学ぶ 社会学・マスコミ・観光

地域と関わる学び「地域創造実践演習」でフィールドワークの楽しさを体感

2016年度は入学直後に、本学と提携する岡山県真庭市での宿泊型フィールドワークを実施しました。観光ではなく、調査・研究する立場から地域を「見る目」と、そこにある資源や課題に「気づく心」を養うきっかけとします。さらに、1年次秋から「地域と関わる学び」が本格的にスタート。「地域創造実践演習(入門)」は、2年次からより深く現地調査を進めて行くために、フィールドワークの基本的な心構えや技法を身につけることを目指す入門クラス(必修)です。その体験をもとに、2年次では、地域を「見る目」を磨き、見るものの質を高めていくことをめざす「地域創造実践演習(基礎)」が軸となります。

魅力が詰まったプログラムでの体験結果を整理・分析して、地域への理解を深める

地域住民の世界遺産保護への関わり方や観光者へ対する「おもてなし」に関わる取り組みについて学習。1泊2日の行程のなかで行政、観光協会、語り部、民宿の女将さんなど多くの地域住民の方にご協力いただくことで、他者への心遣いや人との繋がりの大切さについて体験をもって学ぶことができました。また、高齢化率が高くなるなかでの外国人観光者への対応など、工夫点と課題の両方について直接知ることもできました。このような体験と観光やまちづくりに関する専門知識生かし、将来的には旅行からホテル、航空、飲食サービス行政まで、さまざまなフィールドでの活躍の場を期待できます。