YMCA米子医療福祉専門学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 鳥取県 認可 / 学校法人 広島YMCA学園

YMCA米子医療福祉専門学校

地域の医療・福祉の現場を支える、プロフェッショナルを輩出!

理学療法士、作業療法士、介護福祉士を養成する、医療福祉専門学校です。3科を養成するメリットを最大限に活かして、他学科の学生と共に、チームを形成して学ぶチームアプローチに関連した授業を導入しています。将来、チームの一員として、しっかりと現場で活躍できるために関連職種の理解やチームワークの技法を身につけます。

YMCA米子は、「年をとっても元気で働きたいから、健康管理や社会復帰のサポートをする専門家を地域で育ててほしい」という米子市民の熱い思いが発端となり、1994年、地域の大きな期待を背負って誕生しました。鳥取大学医学部をはじめ、数多くの医療機関や福祉施設など、地域医学界の強力なバックアップのもと、高度で充実した教育を行っています。

医療・福祉の状況は10年後、20年後には大きく変わっていることでしょう。したがって、その変化に対応でき、活躍できるよう、継続的にキャリア発達できる人材である必要があります。本校では、単に資格を取るだけでなく、職場および地域社会で「人財」となって活躍できる人材を育てます。

トピックス

2021.03.01 本校独自の学費減免制度が充実!

○全学科:給付型「奨学生選抜制度」
     奨学生A(理学療法士科・作業療法士科 年間60万円、介護福祉士科年
     間45万円)
     奨学生B(各科とも20万円)
     奨学生C(各科とも10万円)
○地方自治体奨学金制度
○理学療法士科:社会人学費割引選抜 4年目の授業料60万円免除
○作業療法士科:社会人学費割引選抜 4年目の授業料60万円免除
○介護福祉士科:学費減免特別入選抜 入学金+授業料=30万円の免除

※奨学金の利用、返還免除には一定の要件があります。
 詳細については、お問い合わせください。
 TEL:0859-35-3181

2021.03.01 先輩が後輩にアドバイス「縦割り学習システム」

「縦割り学習」の場を定期的に設けています。
入学時の基礎的な学習内容や学外実習に出る際の心構えなど、先輩が後輩の不安や疑問を解消・解決します。
ほんの少し前まで自分と同じように悩んだ経験を持つ先輩だからこそ、先生とはまた違った角度からアドバイスをくれたり、いろいろな気持ちを分かち合えたり、「とても参考になる!」と好評です。先生と学生だけでなく、学生同士で支え合う心強く温かい環境の中、安心して学ぶことができます。

2021.03.01 米子市交通バリアフリー推進協議会と共同

米子市交通バリアフリー推進協議会とは毎年、米子市の障がい当事者の代表の方、行政、公共交通機関の代表の方が一同に会し米子駅周辺を現地点検しバリアフリーの推進を目的とした会です。
この会に、本校の作業療法士科の学生と米子工業高等専門学校の建築学科の学生が参加しています。活動内容としては各学生が模擬的に視覚、聴覚、肢体障がいの体験をしながら、実際に米子市役所周辺を歩き現地点検を行います。現地点検後は点検で気になった点や修繕箇所を米子市に報告します。

2021.03.01 境港市の認知症予防グループとの共同

作業療法士科3年生の「大切な作業を聞かせてもらう」という演習で2回お世話になりました境港市の認知症予防グループの方に来校いただき、レクリエーション計画の演習で企画・準備したレクリエーションに参加していただいております。

2021.03.01 鳥取大学医学部との共同セミナー

くろさか春夏秋冬セミナーとは鳥取大学医学部地域医療学講座主催で医学科、保健学科、本校理学療法士科、作業療法士科の学生が四季を通じて日野町黒坂地区に赴き共同してセミナーを行います。
活動内容としては地域医療を担う人材となるべく、地域の実情を学ぶ機会として黒坂地区を散策しながら地域の特色を感じ、住民の方のお話をうかがい伝統や文化、暮らしぶりを教えて頂きます。その中で見えてくる地域の課題について、学生たちで出来ることを話し合いながら、地域の方と共に活動させていただいております。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2017年3月~2020年3月卒業生実績

鳥取大学医学部附属病院 | 国立病院機構米子医療センター | 米子病院 | 博愛病院 | 真誠会 | 養和病院 | 錦海リハビリテーション病院 | 大山リハビリテーション病院 | 皆生温泉病院 | 済生会境港総合病院 | 伯耆中央病院 | 日南病院 | 国立病院機構鳥取医療センター | 藤井政雄記念病院 | 野鳥病院 | 清水病院 | 尾崎病院 | 鳥取県厚生事業団 | 鳥取赤十字病院 | 鳥取生協病院 | 鳥取県立中央病院 | 三朝温泉病院 | 皆生温泉病院 | 倉敷中央病院 | 敬仁会 | 三喜苑 | こうほうえん | やすぎの郷 | 安来第一病院 | 松江記念病院 | 松江生協病院 | 国立病院機構松江医療センター | 島根大学医学部付属病院 | 雲南市立病院 | 日南福祉会 | かつべ整形外科医院 | 介護老人保健施設やわらぎ | 浜脇整形外科病院 | 国立病院機構南岡山医療センター …など

就職率100% 就職者数実績(就職者希望数41名/就職者数41名)(2020年3月卒業生実績)

就職支援

数多くの理学療法士、作業療法士、介護福祉士を輩出してきた実績と卒業生たちの活躍が評価され、中国地方を中心に全国から、豊富な求人が寄せられています。目標となる国家試験受験・合格を含め、一人ひとりが希望の進路に就けるよう、丁寧にしっかりとサポートします。

各種制度

YMCA米子医療福祉専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

3つの専門職養成コースが1校に集約

YMCA米子は、リハビリテーション系の学科である理学療法士科と作業療法士科、福祉系の学科である介護福祉士科があるため、互いの専門職についても理解を深めることができる環境です。将来、各部門の専門家がチームを組んで治療に当たる「チームアプローチ」のメンバーとして活躍するため、在学中から実践的な教育を行っています。

豊富な実習を経験できる

本校は、臨床教育・施設実習教育に重点を置いています。学内では学べない対象者に対する思いや、「何か役に立ちたい」といった心情は臨床の現場でしか経験できません。また、対象者との人間関係を構築しながら自分が身につけた知識・技術を適応していく臨場感を大切にしています。本校では信頼できる実習施設・実習指導者に長期間の実習をお願いし、学内の授業も臨床で求められる知識・技術を想定して構築しています。
総実習時間
理学療法士科:1080時間  作業療法士科:1125時間  介護福祉士科:450時間

施設・設備

現場の最前線を支える確かな技術と対応力を養うため、最新の施設・設備を整備しています。

・理学療法実習室
平行棒、起立練習ベッド、呼気ガス分析装置、重心動揺分析装置など

・作業療法実習室
卓上織機、陶芸用電気炉、木工機器といった各種手工芸用具など

・介護実習室
ギャッジベッド、車イス、高さを調節できるキッチンなど

その他、水治室・入浴実習室、家政実習室、パソコン室、図書室などを完備。

学生一人ひとりにきめ細かにサポート「クラス担任・副担任制度」

医療福祉関係職種は、知識に加え対人関係構築能力が求められます。そのため、対人関係能力を養うことが養成校の重要な役割と考えています。本校では各クラスに担任・副担任を配置し、学生へのよりきめ細かな指導体制を整えています。クラス担任・副担任は、学校からのお知らせや、個別の修学指導、学習の相談や学校生活の中で抱える悩みの相談、就職についてのアドバイスなど、入学から卒業までのよりよい学生生活をサポートします。

スクールカウンセラー制度

「友達にも担任の先生にもなかなか相談できないが、誰かに話を聞いてほしい」なんてことは、学生ならよくあることです。そんな悩みを抱え続ける必要はありません。本校ではスクールカウンセラーに相談することが出来ます。スクールカウンセラーは臨床心理士の資格を有する専門家です。カウンセラーに相談することにより、自分の考えや気持ち、問題点が整理され、元気が湧いてきます。心のサポートも学校の大切な役割と考えています。

マレーシア・ペナン島スタディツアー

現地の病院見学やNGO団体「ACS」での活動を通して、地域全体を巻き込んだリハビリテーションについて学びます。日本と異なる文化の中で、学生自身も明るく開放的に活動できるため、価値観や視野が広がる機会にもなります。

沖縄研修

沖縄研修は「地域で生活する障害者あるいは健康な住民等、幅広い領域・対象における地域生活支援、就労支援について学ぶ」という目的で行われています。ホースセラピーや海洋療法、現地の方々との交流を通して地域に根ざしたリハビリテーションを学びます。