城西大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

城西大学

経営学部 マネジメント総合学科 企業・会計マネジメントコース

アドミッション・ポリシー

経営学部は、グローバルな視角とローカルな視点をもち、新しい社会と産業を創造できるマネジメントのプロフェッショナルの育成を目指します。
経営学部の上記理念を理解し、本学での積極的な学習をとおして、企業・会計、環境・情報、行政・教育、健康スポーツ、観光・地域分野などで活躍することを目指す意欲をもっている人を受け入れます。
マネジメントを学ぶために必要である、高等学校での英語、国語、数学、社会系の科目(政治・経済、現代社会、倫理、日本史、世界史、地理など)の基礎学力を習得したうえで、以下の能力を有していることが望まれます。
●論理的思考力や判断力、主体性など、自ら問題について考え、分析し、解決する能力
●コミュニケーションやプレゼンテーションの基礎能力
なお、語学、簿記、情報技術などの資格取得、生徒会、スポーツ・文化活動、ボランティア活動などで実績を示した人は、基礎的能力がある人材として高く評価されます。

起業家精神と創造性を備えたマネジメントの専門家を育成

経営学部は、グローバルな視角とローカルな視点を持った専門家「グローカル・マネジメント・テクノロジスト」を育成します。
企業・会計マネジメントコースは、「将来は起業したい」「公認会計士などのプロフェッショナルになりたい」など、現代の企業において新しい価値の創造を目指す人に向けたコースです。多面的な知識を持ち合わせた高度な専門職業人、21世紀の新しい社会と産業を創造できる人材を輩出します。

こんな学問が学べます。
  • 経営学

経済学部 経済学科 地域・環境経済コース

アドミッション・ポリシー

経済学部は、学問を通して、論理的・多面的に考え、自ら問題解決する力を身につけ、自らの個性を生かして地域や国際社会に貢献することが期待できる、以下のような人物の入学を求めています。
【知識・専門性・技能】
●高等学校で学んだ主要教科・科目について、教科書レベルの知識をもっている
●文献資料やデータを収集し、適切に処理することができる
【思考力・判断力・表現力】
●課題解決のために知識・技能を多面的、総合的に活用できる
●自らの意見・考えを他者に的確に伝え、コミュニケーション・議論の中で自らの改善に活かすことができる
【主体的に取り組む態度】
●世の中の現状を経済という観点から考えることに関心をもち、それを学修や行動に移すことができる
●知的好奇心をもって、入学までに培った基礎学力をさらに広げ・深めていこうとする向上心をもっている
●経済学を中心に、経営、政策、法律、歴史、科学、思想、文学、言語などの幅広い分野にわたる教養を身に着け、それらを自らの興味関心と結びつけて自分の世界を広げていく向上心をもっている
●論理的思考を修得しようとする
●留学、スポーツ、文化的活動、ボランティア活動、資格取得など、大学内外、国内外
における学びのフィールドを有機的に結び付けて、自分の学びをデザインしていく行動力をもっている
●高い倫理観をもっている

「生きた経済学」を身につけ、地域社会に貢献できる人材を育成

地域・環境経済コースは、公務員、介護・医療・福祉系企業での活躍を目指す人に向けたコースです。地域経済における行政・社会活動のあり方を学び、介護・医療・福祉の問題やリサイクルなどの環境問題を中心に、コミュニティを取り巻く様々な要素について理解を深めます。
少人数制のゼミナールやグローバル化に対応した語学教育、充実のキャリア教育によって、着実に目標へと近づいていけるようにサポートします。

こんな学問が学べます。
  • 経済学

現代政策学部 社会経済システム学科 国際文化政策コース

アドミッション・ポリシー

現代政策学部は、建学の精神「学問による人間形成」に基づき、政策学を中核とする課題発見・解決のための幅広い分野の学びとリベラルアーツ科目の学びにより、生涯にわたり自律的に学び続けることができ、高い倫理観を持ち社会貢献できる人材を育成するための教育を行います。
そのために、本学部では、建学の精神と本学部の理念を理解し、かつ意欲をもって実践することを望む者で、以下に挙げる4つの資質の全てを有する学生を全世界から求めています。
●政策学およびリベラルアーツ科目の学修に必要な知識と技能。
●グローバルおよび地域の政策課題の学修に必要なレベルの日本語力と外国語力。
●新しい環境において学修できる適応力と柔軟性。
●自律的な学生生活を送り、目標達成をするために必要な主体性と協調性。

以上の資質の全てを有し、かつそれらのうち1つ以上の資質に秀で、社会貢献の意欲がある多様な学生を受け入れるため、本学部では以下の選抜試験を実施します。すべての選抜試験において、高等学校の調査書(または実践活動経歴書)の提出を課します。一般入学試験では、本学独自の筆記試験を課します。総合型選抜では、口頭試問を課します。
●一般選抜では、特に知識と語学力を高く評価します。
●大学入学共通テスト利用選抜では、特に知識と語学力を高く評価します。
●総合型選抜では、特に適応力・柔軟性と主体性・協調性を高く評価します。

国際化が生む新たな問題を解決に導くグローバルリーダーを育成

英語を使った仕事に就きたい人、海外経験を活かして地域に貢献したい人が対象のコースです。海外進出企業や観光業などをはじめ、様々な業界が求める“グローバル化に対応できる人材”の育成を目指します。レベル別の語学学習などを揃えた「グローバル教育」や、グループで調査・研究を進める「セミナー・プロジェクト」を多くの留学生と共に学び、グローバルな視点で文化や政策について問題発見と問題解決できる能力を養います。

こんな学問が学べます。
  • 語学(外国語)

薬学部 医療栄養学科

アドミッション・ポリシー

薬学部では、「人々の主観的QOL(quality of life:生活と人生の質)」を高く維持し、健康のより良い状態を目指すことを支援できる人材を育成します。よって、医療・健康分野で貢献できる人材として、薬学部における知識修得に必要な基礎学力を有するとともに、自ら積極的に学ぶ主体性と意欲をもち、物事の課題や問題点を捉え、解決するために意欲的に努力する人を求めます。

医療栄養学科は、人々の健康増進を支援する管理栄養士の育成を目指します。したがって以下のような人の入学を求めます。
【関心・興味・意欲】
●個人をみることができる管理栄養士を目指している人
●地域ならびに国際的な医療・福祉活動に貢献できる管理栄養士を目指している人
●薬や病気と最新の栄養学を学ぼうとしている人
●栄養教諭として社会に貢献したい人
●食品衛生管理者、食品衛生監視員として社会に貢献したい人
【期待する能力:知識・専門性】
●医療栄養学教育に対応できる十分な基礎学力をもち、医療栄養学に強い意欲をもつ人
●高等学校で履修するのが望ましい教科・科目 英語、国語、理科(化学、生物)
【期待する能力:態度・人格・思考・判断・実践的スキル・表現】
●教養を深め、専門知識の向上を目指して、管理栄養士資格取得のため、自ら積極的に学ぶ主体性と意欲をもつ人
●論理的・科学的な思考に基づいて物事の課題や問題点を捉え、解決するために意欲的に努力する人
●基本的なコミュニケーション力・プレゼンテーション力をもつ人

未来の健康を支える薬学の知識・技能をもった管理栄養士になる!

バイオサイエンス(生命科学)を基盤に、これまでの給食管理を中心とした栄養教育に加えて、人の健康や疾病を意識した栄養について学びます。高齢化社会が進んでいく中で、栄養士に求められるニーズも高まっています。保健領域・フードサービス・健康産業など、健康への明確な視点を持った人材育成を目指し、そして、患者一人ひとりに対応した“テーラーメードの栄養治療・薬物療法”が可能となる医療環境づくりに力を注ぎます。

こんな学問が学べます。
  • 栄養学

理学部 化学科

アドミッション・ポリシー

理学部では、理学の本質を論理的、実証的に解析・考察する能力と、複雑な社会情勢に適応できる能力を身につけるための教育を実践するために、自ら学ぶ主体性と意欲をもち、物事の課題や問題点を考え、解決するために意欲的に努力する人を求めます。

理学部化学科は、城西大学の建学の精神と目標を理解するとともに、本学の教育方針に共感する以下のような人の入学を期待します。
●化学に関する教養を広め、専門知識の向上、資格取得のため、自ら積極的に学ぶ主体性と意欲をもつ人
●化学における課題や問題点を考え、解決するために意欲的に努力する人
●化学に関する学業、調査・研究などの分野で優れた活動歴があり、本学でさらにその分野の可能性を伸ばしたい人 

学校推薦型選抜(総合型選抜含む)による入学者の受け入れでは、上記の項目に加え以下の点にも留意して審査・評価します。
●化学科のディプロマ・ポリシーに対する適性
●化学の修得に必要な基礎学力と専門教育に関する教科の理解度
●基礎学力として高等学校で英語、国語、数学、理科を履修し、理科では化学の他、生物や物理も履修することが望ましい
●学力だけでは計ることのできない能力や意欲、将来の可能性
●教職を含む各種資格取得など、明確な志望動機

“これまでにない”を生み出し、化学で社会に貢献する有為な人材を育成

身の回りにあふれる物質の構造や機能、反応などを系統的に理解したうえで、ナノテク・IT・生命化学などの幅広い領域を学習し、社会に貢献する人材の育成を目指します。本学科には、情報科学、分子物理化学、生命化学を専門とする多くの教員が在籍。この指導力を活かし、物質・情報科学、合成化学、生命化学、一般科学の4つのコアプログラムを展開し、基礎的な化学の考え方を学びながら最先端研究にも取り組むことができます。

こんな学問が学べます。
  • 化学