大阪工業大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

大阪工業大学

ロボティクス&デザイン工学部システムデザイン工学科

最新の環境で学ぶ、新時代の技術

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの技術進歩により、これまでロボットと位置づけられてこなかった自動車、家電、携帯電話など日常的に利用されているモノがロボット化されていく時代になりました。2017年4月開設のシステムデザイン工学科では、このような社会の変化を、「機械工学」「電気電子工学」「情報工学」など広い工学領域の学びによって支え、モノのロボット化を推し進めるとともに、それらのモノを利用する人を含めた統合的なシステムをデザインする人材を育成します。そして、この学びの拠点となるのが、梅田キャンパス「OIT梅田タワー」。2017年4月、情報・流行の発信地で、京阪神の中継点である梅田・茶屋町に誕生しました。地上21階・地下2階建てで、本学の今を発信するエントランスギャラリーをはじめ、最新機器を設備したロボティクス&デザインセンターや最新設備が整った専門教室、実験室を完備しています。そのほか、地域との交流の場になる「にぎわいエリア」や自由な発想を育み発信するラーニングコモンズを含む「イノベーションエリア」など、次世代の学びにふさわしい環境が整っています。

情報工学を学ぶ 情報学・通信

「AI」と「IoT」の、最新の潮流と技術を修得するカリキュラム

[人工知能概論]
いまや、将棋や囲碁のトップ棋士を打ち負かすほどに成長を続けているAI(人工知能)。本講義では、その思考を支える「機械学習」の手法について広く学習します。人間の脳神経を模した「ニューラルネット」、パターン認識手法の一つである「SVM(サポートベクターマシン)」、人工知能への応用が進む「遺伝的アルゴリズム」、音声解析に応用される「隠れマルコフモデル」などの基礎を理解し、最近話題の「ディープラーニング」や「画像認識」などの開発事例も学びます。

[クラウドコンピューティング]
近年のスマホのアプリのように、これからのコンピュータのソフトウェアの多くは、手元のデバイスで計算を行うのではなく、ネットワークでつながった「クラウドコンピュータ」上の計算資源を使って動作するようになります。本講義では、クラウド技術を支えるネットワークの基礎や、並列・分散処理について学習し、来たる、すべての身の回りモノがインターネットにつながった「IoT社会」でソフトや機器の設計・開発ができるスキルを修得します。

”社会に役立つデバイス”を開発する研究室

[マルチモーダルUIデザイン研究室/松井謙二教授]
「マルチモーダル」とは、人間の五感のように視覚や聴覚、さらに平衡感覚や空間感覚までを組み合わせてインターフェイスを考えること。現在は、人の発声を支援する装置や、科学教育用システムの開発、人の表情を認識する技術の開発などに力を入れています。

[アシスティブデバイス研究室/吉川雅博准教授]
ロボット工学や情報工学と、3DCADや3Dプリンタなどの工業技術を使って、障がいを持つ人の生活を支援する義手などの福祉機器を研究開発しています。例えば「義手」なら、本物の手と見間違えるような外観を持ち、それでいて機能性の高い、実用的な福祉機器を開発しています。