大阪工業大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

大阪工業大学

ロボティクス&デザイン工学部 システムデザイン工学科

ハードウェアとソフトウェアの知識を兼ね備え新たなソリューションを創造できる人になる

情報化社会の次の時代、「超スマート社会」に向け、これからどんなソリューションが生まれるのか、まだ誰にも分かりません。こうした時代に正面から向き合い、AI、IoT、ビッグデータ、VRなどの最先端技術を駆使して新しいシステムを追求するのがシステムデザイン工学科の学びです。
本学科は、世の中のホンモノの課題を新しい製品やサービスで解決するための知識やスキル、発想力を身に付ける学科です。
「何をつくるか?」
それはデザイン思考で考えます。
「どうやってつくるか?」
その答えは、電気電子工学・機械工学の授業などで学ぶハードウェアの知識と
情報工学の分野で学ぶソフトウェアの知識を融合させて出します。
ハードウェアやソフトウェアが「わかる」、AI、IoT、ビッグデータ、VRを活用した新しいものづくりが「できる」。
そんな超スマート社会で力を発揮できる「エンジニア」を本学科は育てます。
めざしているのは「社会課題の解決」、学ぶのは、人を幸せにする「仕組みづくり」です。

最先端技術とデザインの融合で次世代をリードするエンジニアを育成

<幅広く学ぶ>
ハードウェア開発に必要な材料力学や機械工学、電気回路などを学ぶとともに、ソフトウェア開発に必要なアルゴリズムやプログラミングなどの情報科学を学び、ゼロから製品やシステムを開発する力を育みます。また、演習や実験を通してものづくりの技術も学びます。

<デザイン思考を学ぶ>
デザイン思考は、従来の手法では解決できなかった社会の課題を解決するため、デザイナーがデザインを行う際に用いる考え方や発想法を発展させ、「共感」「問題定義」「アイデア創出」「プロトタイピング」「テスト」を繰り返してソリューションを生み出す思考法です。これを学び、技術や市場中心ではなく、人間中心の新しい製品やサービスのつくり方を身に付けます。

<世界標準で学ぶ>
ロボティクス&デザイン工学部では、海外の大学で標準となっている、1年を4つの学期に分ける「クォータ制」を導入し、留学しやすい理工系学部として注目を集めています。3年次の第2クォータを学外での学び時間に当て、原則すべての学生が海外留学、地域連携活動、企業インターンシップなどに取り組みます。アメリカでのデザイン思考ワークショップや、ヨーロッパでの建築デザイン研修など、内容も多彩です。

<社会課題から学ぶ>
ロボティクス&デザイン工学部の学びの創出・発信の場であるRDC(ロボティクス&デザインセンター)。全国初*の大阪商工会議所と連携した「Xport(クロスポート)」を開設し、大学と企業が技術とアイデアを組み合わせ、オープンイノベーションを行います。また、地域や企業が抱える実社会の課題に対して、デザイン思考の手法を用いて学生が課題解決提案を行う「RDクラブ」では、都心の立地を活かした産学連携で、企業が渇望するイノベーション人材を育成しています。毎年10社程度の企業課題に対して、100名程度の学生が実社会課題に挑戦しています。

*「毎日新聞WEB(2018年4月25日付)」https://mainichi.jp/articles/20180425/pls/00m/020/266000c
*「関西広域連合広域産業振興局 関西産業人材News letter VOL.04」
https://www.kouiki-kansai.jp/material/files/group/7/jinzainews_vol4.pdf 参照

こんな学問が学べます。
  • 機械工学
  • 電気工学
  • 電子工学
  • デザイン工学
  • 画像・音響工学
  • 通信工学
  • 情報工学
  • システム・制御工学