朝日大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

朝日大学

法律・経営・歯科医学・看護・スポーツ科学を学び、 地域社会に貢献して活躍する人材を養成

本学は「社会性・創造性・人間的知性の確立」を建学の精神として、実社会に直結した「実学」をテーマに教育を行う大学です。学生一人ひとりとしっかり向き合った教育を行い、全ての学生に最適な学びを提供します。

◆法学部
目指す進路に合わせた2コースを設置し、目標に対して効果的に履修が可能。公務員として、あるいは企業で活躍できる問題解決能力を習得します。

◆経営学部
経営学の基本的な体系を身につけたうえで、地域や企業との連携による実践的授業を通じ、生涯使える知識を手に入れます。

◆保健医療学部
看護学科では、朝日大学病院と連携した教育体制を用意。地域へ貢献できる高度な知識と技術、豊かな心をもつ看護専門職を育成します。
健康スポーツ科学科(2017年4月開設)では、健康科学・スポーツ科学の専門的知識と実践技能及び指導技術を修得。地域のスポーツ推進に貢献できる人材を育てます。

◆歯学部
3つの併設医療機関を擁し、常に診療現場に直結した歯科医学教育を実施。豊かな人間性、国際性を兼ね備えた臨床に強い歯科医師を養成します。

トピックス

2019.03.01 経営学部の現役学生が公認会計士試験に合格(平成30年度公認会計士試験に12名合格)

経営学部経営学科では高度な専門教育と、現役の公認会計士によるきめ細やかな受験指導で、会計分野で幅広く活躍できる人材を育成。日商簿記検定1級合格や税理士など、目標に応じた教育プランを設定しています。その結果、現役学生が公認会計士試験に2015年度は5名、2016年度は6名、2017年度は4名、2018年度は9名、合計24名合格しました。

2019.03.01 【法学部】続々と公務員採用試験に合格!

本学法学部生が続々と公務員試験に合格しています。
法学部では「公務員採用試験合格支援プログラム」による指導で毎年多くの警察官や公務員を輩出しています。

<2018年3月卒業生の主な就職先>
みずほ銀行、佐賀銀行、野村證券、第一三共、JR北海道、JR九州、日本キャタピラー、バローホールディングス、ニトリ、警視庁、岐阜県警察本部、青森県警察本部、刑務官 ほか

法学部では、専門性を生かした就職を実現するため、コース別に掲げられた資格取得、公務員試験対策をカリキュラムの中で実施し、積極的に支援。専門知識を効率的に習得できる環境を整えています。

2019.03.01 『保健医療学部健康スポーツ科学科』を開設!

朝日大学は、2017年4月(平成29年4月)に『保健医療学部健康スポーツ科学科』を開設しました。
医療分野に関する教育研究の成果と、体育会活動を通じてのスポーツ学生への指導実績を活かし、保健体育の教員、スポーツの推進や人々の健康づくりを科学的視点でとらえるスペシャリストを養成します。

2019.03.01 国立大学より低い学費で学ぶことも可能な給付型奨学金制度

大学で学ぶことをあきらめず、1人でも多くの人に夢にチャレンジしてもらいたい。
朝日大学では、高校の学業成績、入試成績、保護者の所得に応じて、奨学金を給付し、あなたの学びを応援します。奨学金は、授業料の半額程度または全額が給付され、国立大学より低い学費で学ぶこともできます。多くの先輩たちが、この奨学金制度を利用して朝日大学で夢を実現し、社会で活躍しています。

○最高4年間継続給付
○有資格者は全員給付
○卒業後の返還不要

※法学部、経営学部、保健医療学部が対象です。給付額、給付条件は学部で異なります。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2018年3月卒業生実績

野村證券 | みずほ銀行 | マツダ | 日本郵便 | JR九州 | 西濃運輸 | ニトリ | ANA中部空港 | 第一三共 | PwCあらた監査法人 | 警視庁 | 岐阜県警察 …など

<希望の就職が実現できるようサポート>
2018年3月卒業生の就職率は98.8%(就職希望者249名のうち就職者246名)となっており、毎年、高い就職率を維持しています。また、全国から学生が集まる朝日大学では、出身の都道府県を問わず、学生が希望する就職が実現できるようにきめ細かいサポートを行っています。

就職支援

●就職支援制度
業界・企業研究会などで企業選びの視野を広げ、少人数就職ガイダンスや模擬面接、自己PR指導、合同面接対策合宿など、きめ細やかな個別指導を展開。インターンシップ制度も充実しています。

●インターンシップ
法学部、経営学部の2・3年生を対象に、岐阜県、愛知県などの企業や自治体で約1~2週間に渡り、さまざまな業務を体験する制度です。就職について真正面から向き合って考えるきっかけにもなり、実際に業務を体験することで自分のイメージしていた将来像をより明確にすることが可能。また、自分の適性を再認識するチャンスでもあり、インターンシップを体験することで、就職に対するモチベーションも高まります。

●企業と大学による面接合宿
本格的な就職活動を開始する3年生を対象に、志望企業の内定を勝ちとるために、ホテルを利用した1泊2日の企業と大学による面接合宿を実施。面接官を務めるのは、金融機関やIT関連企業などから招いた採用担当者。実際の就職活動の面接と同じ環境で模擬面接を行い、学生一人ひとりが自分では気づきにくい長所・短所を客観的に把握することで、的確な自己PRにつなげます。

各種制度

朝日大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

社会での即戦力を重視し、「実学」を柱にした4学部

保健医療学部では、併設病院と連携した教育体制で、地域の保健・医療・福祉の発展に貢献できる高度な知識と技術、豊かな心をもつ看護専門職、スポーツを科学し健康を増進できる指導者を育成します。法学部では、将来に合わせたコースを設置。公務員として、あるいは企業で活躍できる問題解決能力を習得。資格取得も積極的に支援します。経営学部では、地域や企業との連携により生まれる実践的な学びで、生涯使える知識を手に入れます。そして歯学部では、3つの併設医療機関を擁し、常に診療の現場に直結した歯科医学教育を実施。高度な知識と技術の上に、豊かな人間性、国際性を兼ね備えた臨床に強い歯科医師を養成します。

返還不要の奨学金制度

法学部、経営学部、保健医療学部健康スポーツ科学科では、高校の学業成績、入試成績、保護者の所得などに応じて、保健医療学部看護学科では入試成績に応じて奨学金を給付し、あなたの学びを応援します。授業料の半額相当または全額が給付され、入学後も条件を満たすことで最高4年間の継続受給が可能。卒業後の返還は一切不要です(2018年度実績)。
なお、奨学金の内容は学部によって異なりますので、お問い合わせください。

その他の支援制度

上記以外にも様々な支援制度を用意しています。

〈診療費補助制度〉
本学併設医療機関における診療費のうち、自己負担金(保険診療分)を全額補助。歯科、内科、スポーツ整形外科等もあり、下宿生やスポーツ学生には大変心強い制度です。

〈資格取得支援制度〉
法学部・経営学部の学生で、本学が認定する資格を取得した者に対し、資格の難易度に応じて奨学金を給付しています。

国際交流・海外留学

海外で異文化に触れ、グローバルな思考を身につけることができるよう、朝日大学は国際交流にも力を入れています。
留学・研修中の単位を認定し、留学期間中は1年を上限として卒業に必要な在学年数に含めています。また、国際交流支援制度として、各種奨学金支援制度を用意しています。
また、学内にはELS(English Language Salon)があり、英語をネイティブとするコーディネーターと一緒に、楽しみながら英会話能力を向上させることができます。

併設病院・メディカルサポート

朝日大学では、キャンパス内に併設されている医科歯科医療センター、JR岐阜駅西側に立地する朝日大学病院、岐阜市内にあるPDI岐阜歯科診療所の3つの併設医療機関を設置しています。
学生はこれらの医療機関などで、健康診断、診察、治療を受けることができ、保険検診の自己負担分が全額免除されます。
健やかなキャンパスライフを送るために「健康管理センター」も設置。健康診断やケガの処置だけでなく、専門カウンセラーによる対人関係や精神衛生に関する相談なども行っています。

無料スクールバスでアクセス抜群

最寄り駅のJR「穂積」駅までは東海道本線「名古屋」駅から特別快速・新快速でわずか27分。JR「穂積」駅からキャンパスまでは無料スクールバスで約5分と通学しやすい環境が整っています。

文武両道を目指す、多彩なクラブ&サークル

本学には12の体育会クラブがあり、その活動を大学が全面的にサポート。アスリートたちの熱い思いに応えるため、10,000平方メートルを超えるラグビー場や、野球場、テニスコート、トレーニングルームなど、選手たちの理想を叶える施設や設備が充実しています。体育会以外にもさまざまなクラブや同好会があり、充実した活動を行っています。

学校No.2491更新日: 2019.04.16

朝日大学ページ上部へ