鈴鹿大学短期大学部

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立短期大学

鈴鹿大学短期大学部

2年間で「食」と「保育・教育」に貢献できるプロをめざせます!

本学の建学の精神「誠実で信頼される人に」にのっとり、学力・問題解決能力・コミュニケーション能力を身につけ、地域社会に貢献し得る人材育成をめざしています。

生活コミュニケーション学科は単学科ではあるものの「食」を通じて教育やビジネスに精通した人材となることをめざす「食物栄養学専攻」、「幼・保・小」の連続性を意識した学びで保育、教育の現場に欠かせない人材となることをめざす「こども学専攻」の2つの専攻はそれぞれ学びや目標の志向にあったモデルコースを用意。母体である鈴鹿大学との連携により、短期大学部ながら深く実践力を磨けます。

2021年からはこども学専攻で小学校教諭二種免許の取得がめざせるようになり、「幼・保・小」の連携が急務の教育現場で広い視野を持った人材として活躍できる能力を2年間で身につけます。

トピックス

2021.03.23 在校生の先輩たちから見た「スズタン」の魅力をご紹介!

「保育士や幼稚園の先生をめざして、2年間で集中して学べるこの短大を選びました。先生はとてもユニークな方ばかりで、造形の授業が特にお気に入りです。保育園実習では、年齢がひとつ違うだけでも、発達に応じてハサミやクレヨンの使い方や興味のあり方が変わるなど、造形活動を通じて考える大切さを学びました。」(こども学専攻・Tさん)

「栄養士をめざそうと思ったのは管理栄養士をしている親戚から、仕事は大変だけど人の健康を支える「やりがいのある仕事」と聞いたから。文系出身の私にとって生物学や生化学など理系の勉強には正直、苦労しています。でも、調理実習は楽しく、苦手な数字もカロリー計算など今ではお手のものです。」(食物栄養学専攻・Mさん)

学校No.2395更新日: 2021.08.06

鈴鹿大学短期大学部ページ上部へ