駒沢女子短期大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立短期大学

駒沢女子短期大学

駒沢女子短期大学 保育科

歴史と伝統を持つ本学だから業界からの信頼も厚い

付属幼稚園と連携し実践力が身につく学びで、2年間で幼稚園教諭二種免許状と保育士資格の2つを同時取得

1953年の駒沢学園高等保育学校開設から68年、1965年の駒沢女子短期大学保育科開設から数えると56年の歴史を持つ本学は、これまでに約11,000人以上の卒業生を送り出し、その多くが保育者として社会に貢献しています。2年間で「幼稚園教諭二種免許状」と「保育士資格」の両方の取得を目指すことができるため、両方の取得により、幼稚園、保育所、認定こども園、児童福祉施設、社会福祉施設など、卒業後の選択肢がぐっと広がります。

本学には、稲城市向陽台に本学専任教員が園長を務める本学付属「こまざわ幼稚園」があります。付属幼稚園は、本学学生の実習施設であると同時に、幼稚園教諭と本学専任教員との相互交流によって保育研究施設としての役割も担っています。教育実習で子どもたちと関わる機会や、年間を通して付属幼稚園の行事などのお手伝いの機会があり、保育の現場を身近に感じながら、現場で生きる実践力を身につけられることが、本学の強みです。

また、本学は併設大学「駒沢女子大学」と同じキャンパス内にあり、多摩丘陵の一角に位置する小高い丘の上にあります。教場の窓からは、キャンパス周辺の豊かな緑が見られ、都市部の喧騒とは一線を画した、静かで落ち着いた環境で学びに専念することができます。東京ドーム4個分に相当する約20万㎡の敷地には、大学と共通で使用する大小さまざまな講義室や演習室のほか、小児保健実習室、リトミック室、ミーティングルーム、造形室、音楽室、ピアノ個人練習室(25室)、ピアノレッスン室など、保育科が使用する施設を整え、学びに適した環境で実践的に学ぶことができます。

卒業生のほぼ全員が保育者の道を歩む保育科の特色は、共通の目的をもつ仲間と励ましあうことで生まれる「和」や「絆」。全国の保育の現場で働く卒業生が指導者として在学生の実習や就職活動を支えてくれています。卒業生たちは機会があるごとに本学を訪れ、後輩に最新の保育事情を伝えてくれています。保育科にとってかけがえのないつながりが、今も、これからも続いていきます。歴史と伝統を持つ本学だからこそ、さまざまな地域からの求人をいただき、就職実績に結びついています。

想(身体表現)・奏(音楽表現)・創(造形表現)を養う

充実の実習プログラムや実技・演習などで保育スキルを実践的に身につけ、社会に貢献できる保育者をめざす

本学は、保育者として必要な知識や技術を身につける専門的な学びに偏ることなく、社会人としての基礎力も培い、専門性と人間性を兼ね備えた人材として社会で活躍できるよう、カリキュラムを設定しています。

保育者は、子どもに素朴な質問をされたり、日常的に保護者と接したり、あるいは日々の様子や保育状況を日誌に記録したりと、一般常識やマナー、言葉遣いを問われる場面が多くあります。本学では、まず保育者としての基礎づくりとして、子どもの心や体についてはもちろん、子どもの年齢に応じた保育の知識や教え方などを講義や演習を通して学ぶとともに、社会人にふさわしい知識や立ち居振る舞いについて学び、社会人としての基礎力も培います。

また、子どもたちは、それぞれの個性や年齢によって興味のポイントが異なるものです。保育園や幼稚園がより楽しい時間になるように、本学では、想(身体表現)・奏(音楽表現)・創(造形表現)の表現の技術や感性を養い、子どもの豊かな創造性や表現に気づき受け止める力や、子どもの表現力を養う方法を身につけていきます。

さらに、保育科の特長として、学外での実習が大きなウエイトを占めています。学外実習は、学内で学んだ理論、知識、技術と現場における実践を統合する場とも言えます。本学では、2年間で合計5回の教育実習・保育実習を用意し、幼稚園、保育所、施設での実習を重ねながら、実践力を高めていきます。

「教育実習」は、1年次と2年次に行います。1年次前期から始まる最初の教育実習は、本学付属こまざわ幼稚園などでの観察実習が主な内容となります。保育現場の様子や保育者の働き方を早い段階で知り、感じたことを2年間の学びに生かしていきます。2年次6月の教育実習では、1年次の実習や授業で学んだことをもとに、保育者と同じ立場となって保育する責任実習を行います。指導案を考え、実践を経て、その振り返りも園の先生方から指導をいただく、内容の濃い実習となります。

「保育実習」は1年次に2回、2年次に1回の合計3回実施します。公立保育所、乳児院や児童養護施設などの施設、私立の保育所など、それぞれ異なる実習施設で学びを深めることができるのは、本科における特色と言えるでしょう。

こんな学問が学べます。
  • 児童学
  • 保育・幼児教育
こんな職種が目指せます。
  • 保育士
  • 幼稚園教諭