埼玉福祉・保育専門学校の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 埼玉県 認可

埼玉福祉・保育専門学校

(旧校名:埼玉福祉専門学校)

言語聴覚士科

こどもから高齢者までのリハビリができる言語聴覚士を養成

“つながり”を大切に、学生の夢の実現をサポートする本校では、2020年4月、新たに言語聴覚士科の開設を予定しています(設置計画中※)。こどもから高齢者まで、世代の垣根を超えたリハビリができる言語聴覚士の育成を目指し、滋慶学園グループ校としてのネットワークを生かしつつ、それに則したカリキュラムの設置を準備しています。そのうえで言語聴覚士科では、3つの特長を柱とします。

[1]学内でこどもや高齢者とふれあう
[2]患者さんに寄り添うカウンセリング力
[3]実習はスモールステップ

第一に、こどもたちやお年寄りとふれあう楽しさを実感し、対応力や現場力を身につけることです。実践を通して、幅広い世代に対処したリハビリのできる言語聴覚士の育成を目指します。次に患者さん一人ひとりに寄り添う力やカウンセリング力を習得することです。患者さんがストレスを感じず、住み慣れた地域での生活をサポートするためには、正面から患者さんと対峙し、彼らの希望を引き出す能力が必要です。3つ目は実習を経て段階的に知識や技術を身につけることです。臨床実習前には見学実習を設けることで、手順を踏んだスキルアップの確認ができ、現場に近い学びを深めることができます。

◆活躍可能なフィールド
本校では、医療分野に限らず、福祉や教育、在宅など様々なフィールドで活躍する言語聴覚士を養成します。

【福祉】介護老人保健施設/通所リハビリテーション事業所/特別養護老人ホーム など
【教育】通級指導教室/特別支援学校/特別支援学級 など
【医療】大学病院/総合病院/リハビリテーション専門病院/地域の診療所 など
【在宅】訪問リハビリテーション事業所/訪問看護ステーション など

(※)2019年4月時点での情報です。

滋慶グループ校の強みを最大限に生かし、国家試験合格をサポート

開校以来、福祉分野において多数の卒業生を輩出している本校では、特養ホーム、老人保健施設、児童福祉施設などの施設にて、延べ5,555名(※1)の卒業生が活躍。福祉業界との“つながり”は本校の大きな強みであるため、医療業界はもとより、福祉業界への就職も可能となります。また、滋慶学園グループ全体の国家試験合格率は91.8%(※2)と高く、本校はそのノウハウを継承し、言語聴覚のスペシャリストを育成していきます。1年次には基礎科目の学びをしっかりと身につけ、2年次からは専門分野へ。嚥下障害、言語聴覚障害、高次脳機能障害などの専門的な授業や校外での臨床実習を通して高度な言語聴覚士としての技術を身につけます。国家試験合格に向けた講義や模擬試験など、教員・スタッフも全力でバックアップ。充分な対策を行い、試験に臨めます。

(※1)開校から2017年度までの卒業生延べ数
(※2)2017年度卒業生実績

こんな職種が目指せます。
  • 言語聴覚士