流通経済大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

流通経済大学

スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科

スポーツ健康科学科について

スポーツ健康科学科では、将来アスリートとして活躍をしたい人だけではなく、子どもたちにスポーツの楽しさを教える人、またはアスリートをサポートする人など、様々な「スポーツに関わる人材」を育成します。
スポーツを実際に行うだけではなく、「スポーツ」という分野を経営や教育、心理、栄養など、様々な視点や方向性から研究し、社会へ貢献する力を養います。また海浜実習や救命措置などを通じ、スポーツによって得た体験から「いのちの尊厳」についても学びます。いのちの重さに対する理解を深めることで、相手を思いやる気持ちや事故防止、応急処置能力をより伸ばすことが狙いです。
いのちの尊厳、心身の健康はスポーツ分野に関わるうえで大切な要素になります。幅広い視点からスポーツを捉える学習をすることで、よりよいスポーツ分野の専門家を目指します。
現場実習では、スポーツ現場のほかにも地域や医院、学校など様々な場所で行うことが出来ます。

人間力と命の尊さを学ぶ、名物「海浜実習」をはじめとした充実のカリキュラム

沖縄県渡嘉敷島にて学部生全員参加で行われる3泊4日の合宿型実習「海浜実習」。環境問題や生態系を意識しながら実習に取り組む体験・ワークショップ型の名物プログラムです。
水中で自分を守るサバイバルスイムや水難救助訓練、スノーケリングなど水辺活動を安全に展開する方法を学び、「人間力」と「生命の尊厳」について理解を深めます。仲間と一緒に苦しいことも楽しいことも体験して絆を深め、大きく成長できる合宿となっています。

ゼミナールでは、実際にスポーツ現場へ赴くことで学びを深める機会がたくさん用意されています。所属ゼミナールによってはイベント運営やスポーツ記事の執筆体験など、スポーツに関連した体験的学習も可能です。自分が興味のある「スポーツ」に関する分野の学びを深めることにより、自身の目指す進路に近づくことができます。

こんな学問が学べます。
  • 体育学
  • スポーツ学

スポーツ健康科学部 スポーツコミュニケーション学科

スポーツコミュニケーション学科について

私たちは生きるなかで自身の行動をふりかえり、「今回は〇〇だったから、次は△△してみよう」というように、常に学習と改善を繰り返しています。現代社会の中で求められている人材は、他人を引っ張るリーダーシップと、他人を支えるフォロワーシップの両方を兼ね備え、その場その場によって立ち回り方を変化させることが出来る人材です。難しいように聞こえますが、この振り返り学習や臨機応変に立場を変える姿勢は、実はスポーツ競技と行っていることが同じなのです。
より専門的にこの姿勢を取り入れることで、スポーツだけではなく、社会のあらゆる場面で活躍が出来る学生を育てることが本学科の指針です。何事も恐れずに挑戦を続けられるアドベンチャー精神を育み、「スポーツ」の価値を守り、発信していくことで社会に貢献が出来る力を伸ばします。スポーツは体を動かすことだけではありません、新しいスポーツの学びがここにあります。

学びを深める充実のカリキュラム

企業とコラボレーションをしたカリキュラムから、実際にアクティビティ・活動を通して学ぶカリキュラムまで、幅広い側面からスポーツについて学ぶことが可能です。

◎企業とコラボレーション
日本通運の社員研修プログラムと本学科が提携し、日本通運で実際に働く社員の方と討議を重ねながら社会で役立つ能力を修得します。ビジネススキルからビジネスマナーまで、社会に出た後に役立つスキルを身につけることが出来ます。

◎実践力を伸ばす英語教育
日常的に使用できる英語力について、「話す」「聞く」「読む」「書く」すべてをバランスよく学ぶことが出来ます。ネイティブ講師と実際に英語を使用して、コミュニケーションやスポーツ交流をすることで、積極的に英語を活用することができます。

◎アクティビティでコミュニケーションを学ぶ
同じ仲間とともに様々な活動をチャレンジすることで、成功体験・失敗体験を共有。自身の体験を振り返りながら他者とのコミュニケーション能力を養い、相互関係について深く学ぶことが可能です。

こんな学問が学べます。
  • コミュニケーション学
  • 体育学
  • スポーツ学

社会学部社会学科

社会学科について

「なんでアイドルは人気なの?」「キラキラネームが大流行、どうして?」そんな日常の中の素朴な疑問が、すべて学問へとつなげられるのが社会学の魅力。様々な視点から社会を考察するため、世の中で起こるあらゆる事象が研究の対象なのです。
本学科ではそんな社会学を、心理学・保育学・社会福祉学・社会学の4つの分野側面から学習。よりよい社会のための創造を実践的に考えていきます。

<社会学科で学ぶ4つの分野>
◆人をつなぐ「心理学」
実験・調査を通すことで可視化できない人の心理や無意識の行動パターンなどに迫ります。認定心理士・ピアヘルパーの試験取得も目指すことが出来ます。
◆子どもを育てる「保育学」
将来を担う子どもたちの育成支援やその保護者を支えるために、様々な知識を修得します。幅広い学問を身に着けることで、豊かな感性と資質を持つ保育士を目指します。
◆様々な社会問題に対して支援する「社会福祉学」
現代社会は少子高齢化や格差社会など様々な問題に直面しています。その問題に苦しむ人々に対してどう支援をするのか?専門性の高い知識・技術を養います。社会福祉士の受験資格や社会福祉主事の取得を目指すことが可能です。
◆社会が抱える課題を解決に導く「社会学」
ITの発展やグローバル化により複雑化する社会に対し、新しく発生する問題を捉え、時には自分の耳で人々の「生の声」を聴くことにより解決策を模索します。

「社会」に触れることで、自身の進路の道が開く

「保育学」を学びながら「心理学」を学ぶことでコミュニケーションスキルを向上させたり、「社会学」のなかで「社会福祉学」の学びについて深く触れることで、その問題の本質をより深くとらえることが出来たり・・・「社会学科」という大きなくくりの中だからこそ、様々な分野の知識を蓄え、より興味・関心を広げられることが本学科の特長です。また、教室の学びだけではなく、実践的な学びにも注力しているため、社会の中で役立つ技術を身につけることが出来ます。
さらに、各分野で資格取得もサポート。自身の進路で必要となる資格を取得するために、教員による手厚いバックアップが充実しています。

こんな学問が学べます。
  • 社会学
  • 社会福祉
  • 児童学
  • 保育・幼児教育