高崎健康福祉大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

高崎健康福祉大学

農学部

「食」と「農」を体系的に学べる!

キーワードは「攻めの農業」

食と農は人類の生存と健康の基盤となる重要なテーマですが、就農者の高齢化や後継者不足など、深刻な問題に直面しております。その反面、日本の農産物は高品質や安全性から海外で人気があるのも事実です。
これからの農業は「守り」や「現状維持する」だけでは発展に限りがあります。そのため「攻めの農業」が必要です!
本学農学部は、これからの「攻めの農業」への展開と発展のため、「食」と「農」を体系的に学べる新学部になります。
農業の課題の克服と、その優位性を大きな果実に導くために、農産物の高品質化・高付加価値化、ブランド化、輸出の増進など、就農者が誇りや喜びに満ち同時に所得向上できるよう、人材の養成と研究開発を目指します。
1年次では、「種まきから食卓へ」をテーマに、食料を生産し、食品を消費者へ届ける。そしてその食品が人々の健康を支える。この一連のサイクルを総合的に学びます。
2年次から段階的に、「生命科学コース」、「作物園芸システムコース」、「フードサイエンスコース」、「アグリビジネスコース」の4コースに分かれます。それぞれの専門科目だけでなく、コース横断的な科目選択も可能!農学の知識・技能を幅広く学べます。

次世代の農学を学ぶ~種まきから収穫・・・だけではありません~

未来の日本の農業の担い手を目指そう!

本学農学部では、より高度に学べる4つの専門コースを用意。4つのコースの専門科目は、互いに連携し合いながら学びを深めていきます。

「生命科学コース」
~植物をデザインしよう、食で人々の健康を支えよう~
生物生産・食品・健康の一連のサイクルを、理解し利用するための研究・開発に携わる人材を育成します。そのカリキュラムは、細胞から生理・生体機能など生命科学の高い専門知識を学びます。遺伝子工学やシステム生物学などの最新技術で、新たな付加価値を持つ農作物を作出するための知識と技能を習得。最終的には、種苗関連企業、農作物の育種・生産法人、国・都道府県の試験研究機関での技術研究員などでの活躍が期待できます。

「作物園芸システムコース」
~農業の未来をその手に~
ICT等先端技術を活用した生産過程の省力化や作物の高品質化など、スマート農業を確立するための研究・開発・技術指導に携わる人材を育成します。まず、作物生産における種まきから収穫までの一連の工程を学びます。続きまして、ICTを活用したリモートセンシング、ドローン、グリーンハウス技術を駆使して生物生産の省力化や効率化を目指すスマート農業の知識・技術を学びます。卒業後は、農業協同組合(JA)、農業生産法人、農業資材メーカー、地方自治体などでスマート農業の開発・確立に主体的、指導的な活躍が期待できます。

「フードサイエンスコース」
~「食」と「農」をブランド化、食品の秘めた力を引き出そう~
食品を安心・安全に消費者へ届け、人々の健康に利用するための研究・開発・品質管理に携わる人材を養成します。まず必要な技術、知識として、発酵・保蔵・加工、そして安全性までを学びます。農産物の栄養機能、嗜好機能、生体調節機能を学びます。また、人々の健康の維持・増進を目的とした新たな食品の開発や、食の品質・安全管理に指導的な立場になる、人材育成が期待できます。

「アグリビジネスコース」
~日本の「食」と「農」で世界に挑もう~
生物生産・食品・健康の一連のサイクルを、経営学・経済学・社会学を用いてリードまたはサポートする人材を養成します。人材養成のカリキュラムとして、生産・貿易・加工・流通・消費の経済活動を、社会科学的に学びます。国民の食生活を担う産業として「食」と「農」を捉え、その課題解決手法を学びます。卒業後は、行政・JA・農業生産法人などでの政策・企画・運営や農業コンサルタント、起業・起業支援などでの活躍が期待できます。

こんな学問が学べます。
  • 農学
こんな職種が目指せます。
  • 農業