公立千歳科学技術大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

公立大学

公立千歳科学技術大学

「理学」と「工学」のチカラで未知を解き明かし、未来を作り出す。その興奮と感動を共有しよう!

公立千歳科学技術⼤学の理工学部は、理学と工学を横断的に融合した実践的な学びを特徴とした学部です。
「理工学」とは、「理学」と「工学」を合わせた総称です。
物理学、化学、生物学といった、実世界の根本を追究する学問である「理学」と、それらをベースにして、実生活の中で役立つ技術を磨くための「工学」。
両方の学問を横断的に学ぶことで、より、社会にリンクした総合力を身につけ、将来の可能性を大きく広げることができると考えています。

1年次は幅広く理学や工学を学び、興味・関心に合う分野を見つけてから、2年次に学科を選択するため、入学後のミスマッチを防ぎ、自分の興味がある分野の学びを深めることができます。
また、高い就職実績も本学の特徴。2019年3月卒業生の就職実績は99.2%(就職者数129名/就職希望者130名)を達成。入学直後から始まるきめ細かいキャリア教育やサポートの徹底が生み出した結果です。

※2019年3月時点

トピックス

2019.10.15 2019年4月公立化 千歳科学技術大学は「公立千歳科学技術大学」になりました

自然科学の基礎研究を担う「理学」に、その知見を活用するための技術をつくる「工学」。本学は1998年に光サイエンスをベースとした科学技術を学ぶ理工系大学として開学。2019年4月の公立大学法人化に伴い、今春からは「公立千歳科学技術大学」として新たなスタートを切りました。

2019.04.05 社会を豊かにするチカラ、「理工学」の研究をのぞいてみよう

快適な社会づくりに欠かせない“科学”から“技術”までを「理工学」として体系的に学ぶ本学の研究テーマは、実に多種多様です。
科技大の理工学の研究をのぞいて、科学の知見を技術という形にする楽しさに触れてみませんか。

▼詳細はこちらをご覧ください。
https://www.chitose.ac.jp/course/kagidai_lab/

2019.04.05 『Smart Nature City ちとせ』で地域創生へ

千歳市がもつ“豊かな自然がもたらす生態系サービス”(水・緑・温泉)を生かした“持続可能なまちづくり”に向けて、企業や行政と連携し、ものづくり、観光、資源・エネルギー開発、環境保全、福祉・医療、インフラ整備、教育、コミュニティなど、千歳市が抱える課題を抽出し、公立千歳科学技術大学が持つICTなどの科学技術を活用し、解決を図っています。

取り組み例はこちら
https://snc.chitose.ac.jp/

公立千歳科学技術大学に関する注目記事

主な就職先・就職に強い科技大

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2019年3月卒業生実績

(株)アルファシステムズ | NTTエレクトロニクス(株) | (株)エヌ・ティ・ティ エムイー | クオリサイトテクノロジーズ(株) | 綜合警備保障(株) | ダイトロン(株) | (株)つうけん | DIC北日本ポリマ(株) | 東芝メモリ(株) | (株)ドコモCS北海道 | 日本コムシス(株) | 日本情報通信(株) | 日本精機(株) | 日本アイビーエム・ソリューション・サービス(株) | 日本メジフィジックス(株) | (株)日立情報通信エンジニアリング | ホクレン肥料(株) | (株)マースエンジニアリング | 三菱電機ビルテクノサービス(株) | (株)ミライト・テクノロジーズ …など

就職に強い科技大

就職支援として1年次からキャリア形成プログラムを展開。早い段階で各自がキャリアを意識できるように促し、3年次からは就職に向けた実践的な支援・指導を行います。重視しているのは一人ひとりの就職の「質」。それぞれが学び、悩み、考えながら自分で進む道を選択するプロセスで、就職のミスマッチを抑止する、適性・能力に合った支援を行っています。

各種制度

公立千歳科学技術大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

実験・実習・プロジェクト学習

理論を実験で確かめる課程こそ、理工学の醍醐味です。本学では少人数の実験・実習が充実。壁にぶつかりながら問題を発見・解決する経験が成長につながります。また、実社会と連携したプロジェクト学習では社会人に必須のコミュニケーション能力を養います。

ティーチングアシスタント(TA)

本学は教員と学生の距離はもちろん、先輩・後輩の距離が近いことも特徴です。実験や実習には、4年生や大学院生がTA(Teaching Assistant=講義補助者)として参加し、きめ細かくサポート。TA側にも、教える経験を通して新たな気づきや刺激が生まれます。

メディアコンサルタント

パソコンのエキスパートとして選ばれた4年生や大学院生が、メディアコンサルタントとしてラーニングルームに常駐。パソコンの実用知識から、プログラミング言語などの実践的な内容まで、どんなことでも気軽に質問することができます。

ICT教育システム

本学独自のeラーニングシステム内には、膨大なコンテンツを用意。どこからでも専用サイトにアクセスし、授業内容の予習・復習を効率的に行ったり、講義資料を取得することができます。高校の理系科目や英語の復習にも対応しています。

研究室訪問

研究室への配属は3年次の後期からですが、希望があれば1年次からでも興味のある研究室を訪問できるオープンな環境を整えています。早い段階から実際の研究現場を体感することにより、理工学を学ぶ楽しさを発見することができます。

地域交流プロジェクト

本学では地元と連携したさまざまなプロジェクトが展開されており、新千歳空港やJR千歳駅の案内表示の改善や千歳市内の路線バスの現在地を表示するバスロケーションシステムの開発など、学びの成果が実際に地域に還元されています。

理科工房プロジェクト

小・中学生の「理科離れ」という深刻な問題に向き合い、子どもたちに科学のおもしろさを伝える「子ども科学実験」の各種イベントを実施しています。学生が主体となって、理科教材を手作りで開発し、直接子どもたちに実験を指導します。“子どもたちに科学のおもしろさを伝える”という貴重な経験を経ることで、人間性と社会性を高めることにもなります。

情報キャリアアッププロジェクト

文部科学省からの数多くのプロジェクトの採択を受ける本学の独自で開発したeラーニングシステムの開発では、千歳市の小・中学校の先生と連携しながら教材を作っていきます。様々なミーティングや、やり取りを重ね、プロジェクトを進めていくことでITスキルだけではなく実践的なコミュニケーション力を身につけることができます。

学校No.2110更新日: 2019.10.16

公立千歳科学技術大学ページ上部へ