神奈川大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

神奈川大学

国際日本学部

「世界」「日本」「地域」の架け橋に!

2020年4月開設の新しい学部です。文化間と国際交流に役立つ人材を育成します。世界文化の理解だけではなく、磨いていくのは、世界・日本・地域社会を「文化交流・多文化共生・コミュニケーション」という軸で読み解き、具体的な地域貢献、企業活動、研究開発、国際協力などに結びつけていく能力。日本が育んできた「世界に通用する価値観」や「共生のための新しい倫理」を掘り起こし、創生し、世界に発信する能力です。

国際都市みなとみらいの新キャンパスで、3つの学科から横断的に学ぶ

国際日本学部では3つの学科を設け専門領域を持ちながらも横断的に学べることを特長としており、広い視野を獲得することを目指します。
世界と世界における日本とその地域を深く洞察し、多文化理解力、文化間コミュニケーション力、外国語の実践的運用力の3つの力を磨く、「国際文化交流学科」。日本語と日本文化を軸に、世界へと視野を広げて学び、日本語や日本文学、伝統芸能から、ポップカルチャーなどの現代文化までを含む日本文化の本質を追究していく「日本文化学科」。地域の社会や文化を主な研究対象として、歴史学と身近な民衆の暮らしを学ぶ民俗学を通じ、地域の人々の暮らしや資料に触れるフィールドワークを重視する「歴史民俗学科」の3学科で構成されます。
国際⽇本学部の学び舎は、2021年4⽉開設の都市型・未来型の「みなとみらいキャンパス」。新しいビジネスが集積する「みなとみらい21地区」という地の利を生かして、見て、触れて、感じるフィールドワークを積極的に展開します。新キャンパスの近くには博物館や美術館、劇場などの文化施設や多くの客船が行き交う大さん橋ふ頭があり、グローバルに活躍する企業の建物が多く建ち並んでいます。そこに身を置くだけで学びの軸となる言葉・歴史・文化・外国語に触れ、実践できる環境が整っていることは、学生にとっても大きなメリットになるはずです。

こんな学問が学べます。
  • 日本文学
  • 文芸学
  • 文化人類学
  • 比較文化学
  • 歴史学
  • 地理学
  • 社会学
  • 地域社会
  • コミュニケーション学
  • 観光学
  • マスコミ学
  • メディア学
  • 語学(外国語)
  • 語学(日本語)
  • 国際関係学
  • 国際文化学

建築学部

神奈川大学工学部建築学科は、 神奈川大学建築学部*へ。 *2022年4月 設置構想中

神奈川大学は、工学部建築学科を母体とし、新たに建築学部を設置構想中です。これまでの建築学だけでなく、社会科学、人文科学、芸術学、人間科学、自然科学、応用科学を統合的に学ぶ教育環境をつくり、空間、環境、安全性、生活、まちなどに対する専門性と技術を持つ人材を育てます。建物だけではない、あらゆる視点から、人々の暮らしをより豊かで、楽しく、快適にデザインしていく。文系・理系問わず・・・。そんな「建築」を学ぶ新たな学部が横浜に誕生します。

■神奈川大学の建築学部*の特徴■
1、2つの学系、5つのコースで幅広い興味に対する、深いアプローチを目指せます。
2、全コースで、一級・二級建築士試験の受験資格取得が目指せます。
3、横浜という、まち全体が建築の博物館ともいうべき立地を生かして学べます。
4、充実した実験装置と設備が、キャンパスにあります。
5、国際感覚が身につく、多彩な留学制度と交流セミナーを用意しています。
6、大学院で、より深い専門性を身につけることが可能です。
7、文系・理系に開かれた入試制度を用意。一般選抜では、文系型の試験方式の選択も可能です。
8、多様な選択肢の中から、キャリアを決めることができます。

幅広い学びを実現する5つのコースのご紹介。

建築学部では入試の際に「建築学系」あるいは「都市生活学系」を選択します。「建築学系」は、建築における構造、環境、デザインといった各分野を中心に、また「都市生活学系」は、住生活の創造や、まちづくり、建物の保存再生といった各分野を中心に学びます。入学後はそれぞれの学系に所属し、2年次前期までは、学部の必修科目などを通して建築学部の多彩なフィールドを幅広く学ぶと同時に、各学系に用意される基礎科目、専門科目を学んでいきます。2年次後期からは各コースに所属し、専門性を深めます。建築学系の学生は「構造コース」「環境コース」「デザインコース」から、都市生活学系の学生は「デザインコース」「住生活創造コース」「まち再生コース」から、コースを選択します。

■コース紹介■
・構造コース(建築学系)
地震や台風に強く、経済的で合理的、環境に配慮した美しい建物をつくり、残す。そのために必要な新しい構工法や材料、構造解析の技術を学びます。

・環境コース(建築学系)
環境負荷に配慮しつつ、熱、空気、音、光などの要素からなる建築内外の環境を良好に創出する。そのための知識や技術について学びます。

・デザインコース(建築学系・都市生活学系)
建築計画の基礎知識、デザイン理論や手法、建築史などを幅広く実践的に修得します。持続可能な社会を実現する、建築の新たなデザインを学びます。

・住生活創造コース(都市生活学系)
人間の暮らしや住まいのかたちについて、家族、地域社会、地球環境という多角的な視点から見つめ、提案します。住まいの歴史、住宅設計、生活環境のデザインなどを幅広く学びます。

・まち再生コース(都市生活学系)
人とまちの関係性を見つめ、新たな「まち」のあり方を考えます。既成概念にとらわれず建築や都市のあり方を提案できる知識や技術を学びます。

こんな学問が学べます。
  • 材料工学
  • 金属工学
  • デザイン工学
  • 建築学・意匠
  • インテリア
  • 土木工学
  • 環境学
  • 環境工学
  • 環境情報学
  • 住居学