神奈川大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

神奈川大学

国際日本学部

「世界」「日本」「地域」の架け橋に!

2020年4月開設(設置届出中)の学部です。文化間と国際交流に役立つ人材を育成します。世界文化の理解だけではなく、磨いていくのは、世界・日本・地域社会を「文化交流・多文化共生・コミュニケーション」という軸で読み解き、具体的な地域貢献、企業活動、研究開発、国際協力などに結びつけていく能力。日本が育んできた「世界に通用する価値観」や「共生のための新しい倫理」を掘り起こし、創生し、世界に発信する能力です。

国際都市みなとみらいの新キャンパスで、3つの学科から横断的に学ぶ

国際日本学部では3つの学科を設け専門領域を持ちながらも横断的に学べることを特長としており、広い視野を獲得することを目指します。
世界と世界における日本とその地域を深く洞察し、多文化理解力、文化間コミュニケーション力、外国語の実践的運用力の3つの力を磨く、「国際文化交流学科」。日本語と日本文化を軸に、世界へと視野を広げて学び、日本語や日本文学、伝統芸能から、ポップカルチャーなどの現代文化までを含む日本文化の本質を追究していく「日本文化学科」。地域の社会や文化を主な研究対象として、歴史学と身近な民衆の暮らしを学ぶ民俗学を通じ、地域の人々の暮らしや資料に触れるフィールドワークを重視する「歴史民俗学科」の3学科で構成されます。
国際日本学部は、2021年4月開設される「みなとみらいキャンパス」への移転を予定しております。新しいビジネスが集積する「みなとみらい21地区」という地の利を生かして、見て、触れて、感じるフィールドワークを積極的に展開。みなとみらいエリアの博物館や美術館、劇場などの現場での体験型学習に加え、新キャンパス周辺には多くの客船が行き交う大さん橋からも近く、周囲にはグローバルに活躍する企業が多く建ち並んでいます。そこに身を置くだけで学びの軸となる言葉・歴史・文化・外国語に触れ、実践できる環境が整っていることは、学生にとっても大きなメリットになるはずです。

こんな学問が学べます。
  • 日本文学
  • 文化人類学
  • 社会学
  • 語学(外国語)