東邦大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東邦大学

理学部 生命圏環境科学科

生命圏環境科学とは、理学の力で環境の根本に挑む学問

「生命圏」とは、「自然」「生物」「社会」のこと。この「生命圏」を持続可能にしていくために、科学の基盤となる理学の力で環境を分析し、工学や人間・社会科学に基づいた応用科学による総合的な視野を持って、環境のあり方を学びます。


《3つの特色》
①全ての理系分野を学べる基礎化学実験
化学、生物学、物理学、地学の基礎実験から興味のある実験を自由に履修できます。(全て履修することも可能)理科が苦手でも着実に基礎知識を修得でき、自分の興味と特性を見極めることができます。

②充実した実習教育&研究機関・大学と連携
充実した野外実習など、自然環境の現場教育を重視しています。また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)など独立行政法人の研究機関や他大学、海外の研究機関と連携した共同研究を実施しており、最先端研究にも触れられます。

③4年間一貫したPBL型の演習
PBL(Problem-Based Learning:問題発見解決型学習)という、講義中心ではなく、学生の主体的な学習が中心の演習を4年間を通して展開し、コミュニケーション能力や問題解決能力を磨くことができます。

環境学を学ぶ 地球・環境・エネルギー

「実践しながら学ぶ」充実した実習と研究機関や社会との多彩なネットワーク

環境科学の分野には"Adaptive Learning"という用語があります。これは、「実践しながら学ぶ」という学び方です。本学科も、この学び方をひとつのモットーとしており、教室の中にとどまらず、理論と実践の両面から、学びを深めています。具体的には、1年次の環境科学体験実習(伊豆大島など)をはじめ、2年次のハワイでの語学研修、3年次には専門的な野外実習(フィリピン・セブ島・軽井沢・奥多摩湖畔公園など)など、充実した実習科目があります。その中で特にユニークなのが、3年次の「ユニット科目」。講義・セミナー・実験・実習を1つのユニットとし、専門分野を丸一日かけて効率よく学びます。
また、独立行政法人(宇宙航空研究開発機構〔JAXA〕、海洋研究開発機構〔JAMSTEC〕など)や行政機関(環境省・国土交通省など)、他大学(千葉大学、東京大学など)のほか、アメリカ・フランスなどの多彩な研究機関・研究者との間で共同研究が行われています。各実習において、実際にこれらの研究機関を訪問することで、最先端の知識と技術を学ぶことができます。また、卒業研究のテーマによっては、共同研究に携わることも可能です。

1学年60人に対して、12の研究室。少人数で徹底した学び

1学年の定員は60人。60人に対して12もの研究室があるので、単純計算で1研究室あたり5名というかなりの少人数で学べることが、大きな特長です。そのため教員と学生の距離が近く、気軽に研究室に行って話しができたり、実際に先生のフィールドワークに同行することもあります。

《研究室紹介|環境政策研究室》
~持続可能なまちづくりへ「賢明な意思決定」を考える~
私たちは道路や鉄道など生活を便利にするために自然環境を開発し、人間の都合をもとに環境を変えることで、豊かな社会を築き上げてきました。しかし、このような従来のやり方では、次の世代に持続可能な社会を手渡すのは難しいと考えられます。
本研究室では、政府や企業における開発の意思決定のより早い段階に、環境社会に配慮した計画や地域を考慮した合意形成のプロセスデザインがつくられるよう、意思決定のあり方をより持続可能性の高いものにすべく、「将来を見据えた賢明な意思決定」を求める研究を進めています。
ゼミでは個々の研究を発表し合ったり、関係者の利害関係を学外の交流会などを通じて直接話を聞いて学んだりなど、研究を練り上げていきます。