大阪電子専門学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 大阪府 認可

大阪電子専門学校

資格取得×就職実績で「AI×ロボット時代」に向けて未来のエンジニアを目指す!

創立75周年を迎える本校は、「人技両立」の精神のもと、人格教育を重視し、未経験者でも卒業時には第一線で活躍できるエンジニアを育成します。
2018年、プロダクトデザインコースリニューアルに伴い、プロも使用する機材・ソフトを導入した新実習室を開設した他、2020年には学生同士が交流しながら自由に学べる空間、コワーキングスペースが誕生! 自然光を取り入れた開放感のある学生ホールなど、勉強だけでなく、心地よく過ごすための空間も完備しています。
情報エンジニア科・電子工学科・電気設備科の3学科を設置し、本校ならではの社会のニーズに対応した実践的なカリキュラムで、各分野の基礎と応用の両方を理解できる未来のエンジニアを育てます。

また本校は、最寄り駅(JR大阪環状線「桃谷」駅)から徒歩5分。9階建ての校舎はJR環状線の電車(寺田町~桃谷間)からも見える好立地なのも通いやすい特徴です。

トピックス

2021.03.01 どんどん身近な存在になっているAIやロボットの技術を学ぼう

最近色々なところで見かける二足歩行ロボット、人とのコミュニケーションを取れるロボット、ネットやニュースでもよく出てくる介護ロボット、そして日常生活の手助けをしてくれる家庭用ロボットなど、私たちの周りには様々なロボットたちがあふれています。これらのロボットは全てコンピューターで動きをコントロールして、電気で動いています。また、今や家電だけでなく様々な生活に関わるものがインターネットにつながり、プログラミングやセンサーが組み込まれるようになり、ロボットに関する知識や扱える技術は広い分野で求められています。
大阪電子専門学校では2年間で、このロボットを動かすために必要な、電気・電子回路、機械工学の知識を学んでいきます。
AIは、自動運転技術や、ゲーム、シミュレーションのモデルなど私たちの生活を便利にするために、様々なところで働いています。
ロボットの分野でも、AIの知識があることにより幅広く技術者として活躍の場を持つことができます。
ぜひ、皆さんも大阪電子専門学校でロボットについて学んでみませんか?

2021.03.01 LINE相談会 & オンライン説明会 開催中!

遠方で直接学校へ見学に来るのが難しい方や、日中時間が取れない方は必見!
LINEやオンライン説明会(Zoom)を利用して、自分に合った方法で大阪電子について相談してみよう!

相談方法など詳しくは本校HPでご確認ください。

https://www.kimura.ac.jp/onlineconsultation/

2021.03.01 充実した施設・設備

2018年に、プロ仕様の機材と独創的なデザイン制作をサポートする、プロダクトデザインコースの新実習室が完成。複数種の3Dプリンターや、レーザーカッターなどの実習設備は学生がいつでも使用できるので、制作したデータを実際に出力して手に取って確かめることが出来ます。2020年には学生の学びと憩いを両立させるコワーキングスペースも完成。図書室や自習スペースでは放課後に学生同士でテスト勉強をしたり、昼休みにソファでのんびりするなど自由に過ごせる空間が誕生しました。
また、パソコンルームは5部屋あるので、実習に集中して取り組めます。

2021.03.01 産学連携授業の導入

卒業後すぐプロで通じる人材を育成するため、各学科では、産学連携で企業と連携した授業に取り組んでいます。
例えば情報エンジニア科プロダクトデザインコースでは、企業内で抱えている問題をヒアリングし、問題を解決するための製品開発を行いました。企画立案から製品デザイン・試作を行い、発表当日には企業の代表者の前で自分達の成果物を発表。企業内で日々行っている製品販売までのプロセスを授業内で行うことで、プレゼン能力など通常のカリキュラムでは身に付けづらい能力も養い、即戦力で活躍する人材を育てます。

2021.03.01 クラス担任制で2年間の学生生活をサポート

大阪電子専門学校ではクラス担任制を導入しています。担任の先生が学生の就職支援はもちろん、普段の授業や学校生活の悩みにも親身に相談に乗ります。将来のためにどんな資格を取るのがいいか? どんな職種に進み、どんなキャリアアップをはかればいいのか? などを、その道で活躍しているプロの目線でサポートしますので、保護者の方にも安心して頂けます。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2018~2020年3月卒業生実績

(株)NTT-ME | パナソニックSSサービス㈱ | (株)システムクリエイト | (株)モノプラス | ハニカムエンジニアリング(株) | ヤマトシステム開発(株) | (株)エイジェック | 日本トーター(株) | 新日本コンピュータマネジメント(株) | (株)ウェーブ | (株)ヨドバシカメラ | ムラテックメカトロニクス(株) | (株)マイスターエンジニアリング | イオンディライト(株) | 久米電気(株) | 日信電子サービス(株) | (株)関電エンジニアリング | 日本電音(株) | 中央電設(株) | (株)四電工 | 東海電設(株) | (株)ハイウェイ管制 | アラヤ特殊金属(株) | 技研電子(株) | 泉陽興業(株) | 三和電気土木工業(株) | 協信電工(株) | 日本設備工業(株) | (株)エイチ・エル・シー …など

●2020年3月卒業生の就職実績 100%(就職希望者34名全員就職)

就職支援

■普通科出身の学生が大半を占める本校では、専任の就職担当講師が常駐し、学生の就職活動をサポート。
また、「クラス担任制」により担任と就職担当講師が協力しサポートするため、急な面接に向けた対策や履歴書添削などにも対応できます。

■担任制による徹底した個別指導
学生一人ひとりの成績はもちろん、性格、適性などを総合的に把握して、就職先や資格取得など身近な存在として担任が支えます。
個別指導できめ細かい就職活動のアドバイスを行い、挨拶やマナーについても指導。全員資格取得、全員卒業、全員希望分野への就職を目指しています。
また、卒業後に第一線でエンジニア&クリエーターとして活躍できるよう実務教育を重視しています。

■伝統校の実績と信頼関係がもたらす様々な企業からの求人
2021年に75周年を迎える本校は、卒業生が3万人を超えており、プロフェッショナルとして現場で活躍するほか、管理職についている方も多くいます。その活躍のおかげで様々な企業との信頼関係が厚く、毎年約500社の求人があります。全員希望分野・職種への就職を目指し、豊富な求人情報の中からマッチングを行っています。

各種制度

大阪電子専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

充実した教育環境

Windows、Mac 共に充実した台数をそろえたパソコンルームや、電子基礎実習室、サウンド工房、電気施工実習実など、現場で即戦力となれる実習を受けることができる環境が整っているのはもちろん、いま必要とされている技術を身につけられるよう、機材は随時最新のものを導入しています。
2018年にはプロダクトデザインコースのリニューアルに伴い、3Dプリンター、レーザーカッターなど最新の機材を備えた実習室「m.Edison Lab」を開設。プロと同様の設備を使って製品作りに携わることができます。

万全の状態で目指せる資格取得をサポート

70年を超える歴史で培ったノウハウで、30種以上の資格取得をサポート。これまでに専門知識を学んだことのない人も万全の支援体制でバックアップします。また、経済産業省・総務省・厚生労働省・文部科学省・国土交通省認定/指定校のため、卒業時に無試験で取得出来る資格や科目免除となる資格が多数あります。
■資格取得を目指す利点
就職活動や将来の仕事において活かすことができ、学習意欲を向上させる、大事なモチベーションを与えてくれます。
■クラス担任が丁寧にサポート
クラス担任が学生一人ひとりの個性を理解した上で、本校で目指せる30以上もの資格の中から最適な資格を提案。受験までのプランの立て方や学習方法についても親身に相談に応じるので安心です。
■放課後に受けられる補習指導
試験対策の勉強をサポートするため、放課後を使って教科担当による補習指導を実施しています。理解を深められるよう重要なポイントを繰り返し学び、過去問にもチャレンジします。
同じ資格を目指す仲間と一緒に学ぶことでモチベーションを維持。また、わからない点を教えあったり先生にもすぐ聞くことができるので効率よく学べます。

さまざまな学費減額制度

本校では、学生の学ぶ意欲を応援する様々な学費減額支援の制度があります。人格と技術を備えたエンジニアを志す人に、入学時納入金から最大50万円を減額する「創立者 木村實先生 特待生制度」、将来AIやロボットの分野で活躍することを目指す人に入学時納入金から5万円を減額する「AI×ロボット減額制度」、部活動を3年間やり遂げた人や、ボランティア活動に積極的に取り組んできた人に入学時納入金から5万円減額となる「課外活動減額制度」、その他にも「一般入試早期出願減額制度(5万円)」や、「OBOG減額制度(5万円)」、「皆勤学生減額制度(10万円)」など、技術、知識を身につけたい意欲的な学生を支援する制度が豊富にあります。

詳しい募集要項は、本校HPをご確認ください。

高等教育の就学支援制度対象校です

本校は2020年度就学支援制度の対象校として認可されました。所得等の要件を満たす世帯に対して授業料、入学金の免除または減額や、給付金奨学金の支給をおこなう国の制度です。
※各家庭により支援の対象となる条件が異なります。詳しくはオープンキャンパスなどでご相談ください。

留学生の受入れも積極的に行っているグローバルな専門学校!

大阪電子専門学校は1998年より、国費留学生を中心に70ヶ国以上の国から留学生の受入れをしています。
そして現在、私費留学生の受入れも積極的に行っているので、クラスメイトに留学生がいる!といったことが学校内であります!
学校イベントのスポーツ大会、クリスマスパーティーなどのレクリエーションの場では、国内にいながら異文化コミュニケーションと、グローバルな感覚を養うことができます。

将来の国際化に向けて、世界の友人たちを大阪電子専門学校で見つけましょう!

学校No.1952更新日: 2021.05.01

大阪電子専門学校ページ上部へ