中京法律専門学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 愛知県 認可 / 学校法人 中京法律学園

中京法律専門学校

中央大学併修・資格取得・公務員・大学編入学・法科大学院進学…充実した学びと多様な進路!

【学校紹介】
明治42年、法曹界の有志により当時中京地区になかった法律教育機関の設立を目的として創立されました。109年の伝統と実績があり、国立大学並の低学費で充実した教育と多様な進路選択ができる専門学校です。

【中央大学提携校】
創立期より法科の名門「中央大学」と提携関係にあります。中央大学法学部の通信教育課程にも在籍ができ、名古屋で中央大学同時卒業ができるプログラムが設置されています。

【学びの内容】
法律学を中心に学び、資格取得や公務員試験対策・中央大学同時卒業・大学編入学試験対策・法科大学院進学対策など、目標を達成できる学びができます。

【取得をめざせる資格】
「司法書士」「行政書士」「社会保険労務士」「宅地建物取引士」「ビジネス実務法務検定®」「TOEIC®テスト」「FP技能検定」 など

【将来の進路】
<就職>
公務員(国家公務員・市役所職員・警察官 等)、企業(営業職・事務職 等)、法律事務所(専門職・事務職 等)など
<進学>
大学編入学(国立大学や有名私立大学へ3年次編入学)、法科大学院進学(弁護士などをめざして)など

トピックス

2019.03.01 公務員採用試験 合格!

国家公務員として海上保安庁や法務局に。地方公務員として市役所事務職に。国立大学法人等職員として大学事務職に。2018年度も学生が公務員として様々な方面で採用されています。
法律知識を身に付けた公務員の育成をめざしている本校。公務員採用試験対策として、学力試験講座を設置しているほか、作文・論文対策、個別での指導も行っています。

2019.03.01 大学編入学試験 合格!

2018年度も国立大学での3年次編入や私立大学(法政大学など)への編入学試験に学生が合格しました。
大学編入学試験対策講座があり、国立大学・有名大学で長年にわたり多数の実績がある本校。蓄積された情報とノウハウで志望大学合格へ導きます。

主な就職先・就職・進学支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2016年~2018年3月卒業生実績

名古屋市役所 | 名古屋国税局 | 愛知県警察 | 三重県警察 | 厚生労働省 | 常滑市民病院 | 王滝村役場 | 株式会社ゆうちょ銀行 | 株式会社かんぽ生命保険 | 日本郵便株式会社 | 株式会社プレサンスコーポレーション | 株式会社レオパレス21 | ダイナパック株式会社 | 株式会社メニコン | アスネット司法書士事務所 …など

就職・進学支援

公務員、企業・法律事務所への就職、大学編入・法科大学院への進学。希望の進路を徹底サポート!

本校卒業後は、就職や進学で多様な進路選択をすることができます。公務員や大学編入など学力試験対策が重要なものはカリキュラムの中でしっかりと学ぶことができ、書類選考・面接対策などは個別支援とともに「キャリアデザイン講座」の中でも行われます。進路に迷った場合は、担当教員に個別に相談できるほか、キャリアカウンセリングも定期的に受けることもできます。
選択制のカリキュラムなので、志望変更があった場合にも柔軟に対応でき、転科(4年課程などに科を移ることができる制度)や研究生制度(卒業後にも試験や就職サポートを受けられる制度)など、うまくいかなった場合もサポートできる体制が学内にあります。

各種制度

中京法律専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

中央大学併修制度(法科の名門大学卒業の学歴を手に入れる)

法律科の希望者は中央大学法学部通信教育課程にダブルスクールで在籍。
中央大学の関連科目は専門学校で講義を受講して理解をしていくので、安心して学習を進められます。教養・語学科目などの単位換算、レポート学習の免除など、提携校としてのメリットがあるので、無理なく4年間での同時卒業が可能になります。多くの卒業生が本校と同時に中央大学を卒業して社会で活躍しています。
また、中央大学法学部内で通信教育課程から通学課程(2年次または3年次)へ移ることができる転籍試験制度もあります。

公務員「学内模擬試験」制度(公務員試験の合格レベルが確認できる)

公務員試験対策として講座を設置しているほか、模擬試験を学内で年10回実施しています。公務員試験対策で定評のある「実務教育出版」による全国模試なので、順位やレベルをその都度確認でき、自分の苦手分野を知ることもできます。合格レベルを確認しながら試験本番まで学習を進めることができます。

学費サポート制度(学費が安く、サポート制度もあるので安心)

初年度納入金は70万~80万円。国立大学の初年度納入金と同等、私立大学より大幅に安い学費設定になっています。また2年次以降成績優秀者の授業料が減免される奨学金制度や年間の学費を分納できる学費分納制度などがあり、学生支援機構の奨学金制度を併用すれば自立して学費を支払うことも可能です。
本校は創立時、働きながら勉強する人のための夜間学校として設立されたことから、学びたい人が学費の面で勉強を諦めてしまうことがないよう、安い学費を設定してきました。その精神は今も受け継がれ、安い学費を維持しております。

転科制度(4年課程まで設置の専門学校のメリットを活かす)

行政教養科(1年課程)・実務法律科(2年課程)の学生で、公務員試験や就職活動などがうまくいかなかったときに、法律科(4年課程)まで科を移ることができる制度です。公務員試験は採用人数・倍率などにより、必ず卒業年次に合格できるとは限りません。高卒程度での合格をめざしていた方も4年課程に転科をすることによって、大卒程度の受験ができるようになり、複数回のチャレンジが可能になります。
担任・少人数制の本校だから、進路変更やうまくいかないときも、一人ひとりの進路をサポートします。

研究生制度(資格試験・公務員/就職採用試験 等の卒業後サポート)

本校卒業後に、年間3万円で研究科に在籍できる制度です。すべての講義が再受講できるほか、教員のサポートを受けることもできます。司法書士などの難関資格を卒業後も受験する方をサポートします。また公務員試験や就職採用試験がうまくいかなかった場合も、引き続きサポートを行います。

学校No.1936更新日: 2019.03.01

中京法律専門学校ページ上部へ