秋田県立大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

公立大学

秋田県立大学

システム科学技術学部 機械工学科

地球資源・エネルギーの有効利用による人と環境にやさしい高度機械システムの実現

現代の機械システムには、機械としての高い性能だけでなく、人と環境への十分な配慮が求められます。秋田県立大学機械工学科では、地球資源・エネルギーの有効活用による、人と環境に優しい高度機械システムに関する教育と研究を行っています。
航空機や超電導リニアモーターカーのような高度な機械システムの実現にも機械工学の基礎知識が不可欠です。本学科では、安全で十分な耐久性を持つ機械の設計に必要な材料力学、熱エネルギーの安全で有効な活用に欠かせない熱力学、液体や気体の運動を理解し機械の設計や動作に活用する基礎となる流体力学、振動など機械の動きに伴う現象を考慮して効率と信頼性が高い機械を実現するために大切な機械力学、という機械工学の基礎となる「4つの力学」を重視したカリキュラムで、ものづくりに必要な知識と技術をしっかり修得します。
そしてそれらの集大成として、再生可能エネルギーなどの「エネルギーシステム」、航空機・自動車・鉄道車両などの「輸送機械システム」、最先端のものづくりに関わる「生産システム」を対象に、社会における機械と人間の役割・責任分担と、個々の専門分野が有機的に結びつくことの大切さを理解する科目が用意されています。また、学習した知識をもとにグループでテーマを設定して問題解決に取り組む「プロジェクト型授業」により“機械屋”としてのセンス・実践力を養います。少人数教育を活かした教員とのコミュニケーションにより、単なる知識の蓄積に留まらない、さまざまな場面に応じた知識の活用や、機械工学と社会や環境との関わりについて深く学ぶことができます。
3年生の後期からは研究室に配属され、1年半にわたる指導のもとで研究に取り組み、卒業論文を完成させます。さらに専門性を高めたい学生には大学院が広く門戸を開いており、毎年卒業生の約4割が進学しています。

【求める学生像】
1.機械工学を理解するのに必要な数学と物理学の基礎学力を有する人
2.ものづくりに興味を持ち、仲間と協力して問題解決に取り組める人

”機械屋”としてのセンス・実践力を養うプロジェクト型授業(機械工学プロジェクト)

3年生後期に開講する必修科目「機械工学プロジェクト」では、学生は将来卒業研究を行う研究室に配属され、配属先の教員の指導を受けながら少人数のグループで協力して課題に取り組みます。
たとえば「動的設計研究室」では、機械構造物の振動特性を評価するための振動測定や数値計算の手法を検討し、実際にそれらを行って精度や有効性を調べることをテーマにしています。とくに、軽量化や高速化に伴って顕著となる「弾性振動」(変形すると元に戻ろうとする性質により生じる振動)の評価をターゲットにしています。弾性振動は構造物がびりびりと震え、騒音の原因ともなる振動で、鉄道車両の乗り心地を悪化させる振動でもあります。鉄道車両の車体を1/10で模擬したステンレス鋼製の構造体を用い、その弾性振動を詳しく把握するための実験や計算プログラム作成を行うことで振動解析に対するセンスと実践力を養い、仲間との協働を通じてコミュニケーション能力も高めます。

こんな学問が学べます。
  • 機械工学
  • 材料工学
  • 航空・船舶・自動車工学
  • エネルギー・資源工学
  • 生物工学
こんな職種が目指せます。
  • セールスエンジニア
  • インダストリアルエンジニア
  • 機械設計・技術者
  • そのほかの機械・電気・化学系の職業
  • エンジニア
  • 車輌開発エンジニア
  • そのほかの自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙系の職業