高崎商科大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

高崎商科大学

商学部 経営学科 経営コース

経営について広く学べるカリキュラム

経営全般について広く学びたい方のためのコースです。組織の仕組みや管理運営をはじめ、企業活動に関連する法律、組織における人材育成、事業戦略、マーケティングなど経営業務全般において多岐にわたって活躍できる人材を養成します。

経営学を学ぶ 経済・経営・商学

課題を皆で考える、実践的な授業でビジネスを学ぶ

企業と連携した実践的な学びが特長である経営学科では、企業で働く方を招いて授業を行います。インターネット通販で有名な楽天市場で働く担当者の方に来ていただき、現場で活躍されている方の話を直接聞くことができます。ただ話を聞くだけではないのがこの授業の特徴。企業の担当者から出された課題に対して、学生が企画を提案するというスタイルです。
この時の課題は「マンゴー1kgをネットでどう売るか?」でした。
Web上の商品情報をどのようにすれば注文が増えるのか?を考えることから始まります。商品画像なのか、商品説明なのか、どの部分を工夫するべきかを、学生も本気でディスカッションします。どんなに良さそうに見える企画でも売れなければ意味がないのがビジネス。学問と実務がつながるところに、学生達の「ああ、このために大学で勉強するんだな」という言葉が生まれてきます。

「3.5本の矢」プロジェクトで、次世代を担う学生を育成しています!

「3.5本の矢」プロジェクトとは、革新的な社会活動を行う企業と連携し、次世代を担う学生達を育成する取り組みです。​アドビシステムズ株式会社、楽天株式会社、株式会社電通の企業3社を3本の矢と見立て、成長の可能性を秘めた0.5本の矢である学生を4本目の矢として世に放つというコンセプトのもと「3.5本の矢」と命名しました。

これまでも、アドビシステムズとの連携プロジェクトで、従来型の説明プレゼンを脱却し、説得型プレゼンを修得することを目標に複数回のワークショップを実施しました。「何を言うか」を定め、その上で「どう言うか」を組み立ててゆく作業のなかで、アドビが開発する画像加工ソフトを活用しながら、注目を引き、聴衆の理解を高めて、納得させるビジュアルプレゼンを修得しました。この他にも、「新しい自分の一面を発見」することを目的としたワークショップなど、やわらかアタマを育む企画を通して、次世代を担う人材を育成しています。