大阪芸術大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

大阪芸術大学

芸術学部 アートサイエンス学科

「ボーダーレスな学び」

アートサイエンスって何!?

ダ・ヴィンチや北斎の偉業にも見られるように、アートとサイエンスは本来切り離せないもの。芸術と科学技術をつなげて社会に新たな豊かさや楽しさを提供していくーそれが「アートサイエンス学科」の学びです。これからは、最新のサイエンスやテクノロジーに誰でもアクセスできる「オープンサイエンス」の時代。単に知識や技術を使えるだけでなく、それらを駆使して人を感動させるアートやプロダクト、社会に役立つシステムを創り出せる人材が求められていくでしょう。本学科では、世界トップレベルの教授陣により、脳科学・心理学・医学などサイエンスからロボット・AI・ARなど最先端テクノロジーまでわかりやすく指導。さらに作品制作などの演習・実習を通して発想力や論理的思考力、表現力を高め、幅広い視点からボーダーレスな授業を展開しています。理工系の皆さんにとっても、多様な領域を横断しながら学ぶ4年間は大きな財産となり、将来の選択肢もさらに広がることでしょう。

最先端技術を取り入れた学びの環境

アートサイエンス学科には、アートエンターテインメント領域と先端デザイン領域の2つの領域で学びを深めることができます。こちらでは、各領域の授業内容をご紹介いたします。

【アートエンターテインメント領域】
映像・造形表現など、幅広いジャンルのアートを学べる領域です。
授業の中には、一眼レフカメラを使用したフレームアニメーションの制作や、動画やゲームで幅広く利用されているVRコンテンツの制作などがあり、ものづくりを体験することで自分らしい表現や価値を追求しています。

【先端デザイン領域】
プログラミング・電子工学など、基礎から学べる領域です。
アートとサイエンスの歴史を学び、最新のGPUマシンや小型ロボットを使用しながら今後のアートサイエンスについて議論を行う授業や、基礎を活かしスマートフォンアプリとしてAR作品を制作する演習もあり、制作など実践を通し最先端テクノロジーを総合的に学ぶことができます。

こんな学問が学べます。
  • デザイン工学
  • 画像・音響工学
  • 建築学・意匠
  • インテリア
  • 工芸学
  • 情報学
  • 住居学
  • デザイン
  • 美術
  • 映像
  • 舞台・演劇・舞踊学
こんな職種が目指せます。
  • アプリケーションデザイナー
  • Webアートディレクター
  • Webディレクター
  • Webクリエーター
  • ゲームディレクター
  • ゲームデザイナー
  • ゲームグラフィックデザイナー
  • ゲームクリエーター
  • ゲームプランナー
  • CGクリエーター・CGデザイナー
  • そのほかのコンピュータ・Web・ゲーム系の職業
  • インダストリアルデザイナー
  • カーデザイナー
  • 特殊メイクアーティスト
  • 技術系の助手
  • 映像編集者
  • 音響効果に関する職業
  • 美術・美術監督・デザイナー
  • 特殊効果スタッフ
  • 特撮監督(特殊撮影監督・SFXスーパーバイザー)
  • 特殊撮影に関する職業
  • 大道具に関する職業
  • 小道具に関する職業
  • 広告プランナー
  • 広告デザイナー
  • アニメーター
  • CGアニメーター
  • デジタル(コンピュータ)アニメーター