神戸芸術工科大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

神戸芸術工科大学

芸術工学部

専門教育×実践教育の豊かな学び

建学の理念である「世に役立つ人物」をベースに、これからの社会で求められる、「高いコミュニケーション能力」や「自ら考え行動する能力」を養うことを重視しています。その土台となるのが、“基礎”をしっかりと学び、身につけること。各々の専門分野に関する基礎的な知識はもちろん、幅広い学びのベースとなる一般教養を学びます。そして、複数の学科がテーマ毎に共同で学習に取り組む学科横断型プログラムなどを通して、より高度な専門領域へとステップアップするための人間的な土壌を養います。それらをベースに、大学の枠組みを超えたさまざまな“プロジェクト”での実践を通して学びへとステップアップ。高度な専門的視点と、広い視野を持ち、実社会とのつながりの中で、表現者として自主的に行動できる人物として成長するための多彩なプログラムが、神戸芸術工科大学にはあります。

美術を学ぶ 芸術・表現・音楽

「描くこと、つくることが好き」という自分の興味が、誰かの役に立ったり、誰かを幸せにすることにつながる

アートやデザインは、自分ひとりで完結するものではなく、さまざまな人との関わりによって可能性が広がっていきます。まずは、自分は何をつくりたいのか、どんな表現がしたいのか、さらに目の前のできごとがどのような課題を抱えているのか、それに気付くことから始まり、興味や気付きを掘り下げていく「表現する方向性」や「デザインする理由」を明らかにしていきます。そして、具体的な表現手法や課題解決のアイデアを探る際に、ものごとの仕組みや人と人との関わりなどさまざまな角度から考えることが大切になってきます。神戸芸術工科大学では、授業での取り組みやさまざまな分野の先生、各学科の仲間たちとアイデア共有することで新たな気付きや可能性を広げていきます。アイデアをアイデアだけで終わらせず、社会で実現できるチカラ、実社会で自ら問題を発見し、課題解決を実現していける社会的総出力を養います。

「学科横断型プログラム」で、学科を越えたテーマに取り組み、自分の可能性を広げる。

アートやデザインを学ぶ学科には、領域を横断することで得られる多くの可能性があります。学科横断型プログラムは、学科の専門領域を横断する本学独自の先端的な基礎教育の取り組みです。複数あるユニットの中から自分の好奇心に合うテーマを見つけて、ワークショップや作品制作に共同で取り組むことで、アートとデザインに対して広い視野を持つことができます。そして、学科の枠組みを越えた人間関係が生まれます。各ユニットが設定するさまざまなテーマは、「新しい発想」を創り出すための実験的な課題や、社会と交流して共同で制作する体験につながる内容となっています。学科横断プログラムで体験したアート、デザインを創り出す喜び、楽しみ、発見が可能性を広げていきます。