関東学院大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

関東学院大学

理工学部 理工学科 土木・都市防災コース

自然災害に強く、環境にも配慮した柔軟で快適な都市や国土を創り出す

自然災害から大切な人、もの、日々の暮らしを守る。国土、都市、地域を「防災」や「環境」という視点から見つめ、社会基盤を計画、設計、構築する技術を学びます。
土木工学の各分野科目では、座学だけでなく実験や演習を通じて、専門の基本から高度で応用力のある高い知識まで身につけることができます。また、地震や津波、台風や都市水害などの自然災害から人命や都市を守るための技術を、ハードからソフトまであらゆる視点から修得。安全で安心な社会を実現し、未来を支える技術を身につける、これからのまちづくりを学ぶコースです。

土木工学を学ぶ 工学・建築

土木構造物を心と肌で感じる実地見学

土木工学を学ぶにあたり、構造工学、地盤工学、水理学やコンクリート工学などの力学分野、および維持管理や環境、計画など土木工学の実学的な基幹科目を学ぶために、実験や演習の科目を多く設けています。
ただ、土木構造物を、大学での授業だけで体感することは困難です。そこで、授業の一環として「国内土木施設研修」という宿泊を伴う見学会を実施しています。
国内最大級の黒部ダムや高瀬ダムなど、日本を代表する土木構造物を巡り、実物の巨大さ・壮大さを肌で実感します。さらに、土木施設の持つ歴史的価値や社会貢献へのインパクトを心で感じ取ることで、学生が、土木技術者としての意識を高めていく目的があります。
また、その他の授業でも、様々な企業の協力を得て、大学近隣の建設現場や改修現場の見学会を初年次から実施しています。

地震によって起こる地盤災害から、私たちの暮らしを守る

大規模な地震災害の時によく耳にする「液状化現象」。地震が発生することで、地盤が泥水のように軟らかくなり、建物が傾いたり、地中のマンホールが浮き上がってしまう現象です。
こうした液状化が生じる可能性について、地盤を掘り起こさずに調べる調査法や、10数メートルの深さの土に地震力を加えて、地震に対する抵抗性を求める手法について研究しているのが、規矩大義研究室です。また、液状化が発生した場合、地盤がどの程度、沈下・変形するのかをコンピューターでシミュレーションする方法を考案しており、実際に設計する際にも使われています。
卒業生の多くは、建設会社で液状化対策工法の開発に携わったり、コンサルタント会社で液状化調査や設計に関する業務などで活躍しています。また、県庁や市役所などで地震災害の対策・復旧工事の設計などに携わり、安全で安心な社会の実現に貢献しています。