愛知学院大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

愛知学院大学

歴史学科

アドミッション・ポリシー

学生受け入れ方針

<大学全体>
 愛知学院大学では、学力と意欲の点で優れた人をできるだけ幅広く募り、公平かつ多様な方法で選抜するという方針に基づき、様々な入試形態を用意しています。
 この受け入れ態勢のもと、卒業認定・学位授与の方針(DP)及び教育課程編成・実施の方針(CP)に定める教育を受けるのにふさわしい、以下に掲げる人を受け入れます。

① 愛知学院大学の建学の精神を理解できる人。
② 志望学部・学科の教育目標、教育内容をよく理解する人。
③ 高等学校等の教育課程における基礎的な知識・技能と、それに基づく思考力・判断力・表現力を身につけている人。
④ 主体性をもって多様な人々と協働できる能力を身につけている人。


<文学部歴史学科>
 歴史学科が愛知学院大学・文学部のアドミッション・ポリシーに基づき、かつ歴史学科の教育上の目的にそって求めるのは以下のような人です。第一に、歴史を学問的に研究すること、すなわち文献や資料を収集・整理し、正しい歴史的方法により分析し、論理的に解釈することを通して、歴史の実態や本質を明らかにすることに学力・適性のある学生です。第二に、現代社会の諸問題について関心を持ち歴史的方法を駆使してそれを理解し解決をめざすことに意欲のある学生です。歴史学の修学・研究に関しては、意欲や意思力、知識・言語能力・思考力・コミュニケーション力など多様な力が必要であることから、以下のような多様な入試区分を設け、各々においてそれぞれの求める力を備えた入学者を選抜します。

① 一般入試: 本学科入学までに準備しておくべき基礎学力を判定する。すなわち国語・外国語(英語)の試験により、資料や文献の読解や論文叙述に必要な言語能力を、地理・歴史、公民の試験により、大学で学ぶ歴史学の基礎となる知識の習熟度を、数学の試験により、人文科学において必要な数理的な思考力を判定する。
② AO入試: 面接試験では本学科で歴史学を学びたい理由や独自の能力や高校時代までの活動実績等を中心に質疑を行い、歴史学の修学に必要な論理的思考力や歴史を学ぼうとする意欲などを総合的に判定する。
③ 公募制推薦入試: 公募制推薦入試Aにおいては、高校時代の成績により高等学校で学ぶべき基礎学力の習熟度をはかり、課題文設問型の試験により論理的思考力や言語能力など歴史学の修学に必要な基礎力を判定する。また公募制推薦入試Bにおいては、国語・英語の適性検査により、資料や文献の読解や論文叙述に必要な言語能力を重点的に判定する。

中部地区を代表する、総合的な歴史学科

織田信長までの時代と、信長から現代までのコースに分かれて学ぶ「日本史」、中国とその周辺地域の歴史を学ぶ「東洋史」、古代・中世と、近・現代コースに分かれて学ぶ「西洋史」、イスラム圏の興亡と交流史を学ぶ「イスラム圏史」、人間の残した痕跡から人類の活動と変化を学ぶ「考古学」の5コースで歴史学全体の領域をカバー。文献の講読、資料作成、成果発表という一連の流れによって、主体的に学習・研究を進めていきます。

こんな学問が学べます。
  • 歴史学
  • 考古学
こんな職種が目指せます。
  • 社会福祉主事(ケースワーカー)
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • 司書教諭
  • 社会教育主事
  • 司書
  • 学芸員