帝京大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

帝京大学

経済学部 経済学科

国際的な視野に立ち、日々変化する経済情勢に対応できる力を身につける

国際化が進む現代において、日本経済は世界情勢の影響を受けながら日々変化しています。そのため、社会に出て働くには経済理論を理解した上で、変化する経済環境を予測し、対応していく力が必要になります。経済学部 経済学科では、実学重視のカリキュラムのもと、創造性を高め、変化する経済情勢に対応できる知識と実力を身につけます。

経済学を学ぶ 経済・経営・商学

経済の知識と周辺分野を学習し、社会のさまざまな課題解決に取り組む

経済学科では、幅広い分野から経済学に入り、関心のある分野に関する経済学の知識を深めることができます。
通常、経済学の授業では商品の流通や景気問題などを取り上げますが、本学科では「どうして結婚や出産をしない女性が増えたのか」といった「生活」にかかわる社会的な問題も経済学を応用し、考えていきます。経済学の学びを通して、人々の生活の中にある課題を解決する方法を探ります。
また、経済に関する知識だけでなく、グローバルに対応できるコミュニケーション能力を養うことも重視し、キャンパスの環境を整えています。

▼Teikyo Language Commons (TeLaCo)
経済学科が学ぶ八王子キャンパスに、2016年新たな語学学習支援スペース「Teikyo Language Commons (TeLaCo)」がオープンしました。施設内には、映画や音楽から英語を学べるエリアや、グループ学習に適したエリアなど、用途にあわせた設備や学習教材がそろっています。また、ネイティブの先生や留学生と料理を通じて異文化や会話を楽しめるキッチンなどもあり、語学教育を多方面からサポートしています。

独自のプログラムで、グローバルに活躍できる知識と実力を磨く

大学・各種業界・官界出身の教授陣による日本の経済活動や企業の現状に関する授業のほか、全学的にグローバル化を推進している本学では、独自の学習プログラムや環境を整えており、グローバルに対応できる力を磨くことができます。

▼帝京大学アジア交流プログラム(TAEP)
アジアの経済発展に貢献する人材の育成を目的に、本学にベトナム、タイ、ミャンマー、インドネシア、カンボジア、フィリピン、ラオスの7ヶ国からの留学生を受け入れ、独自の授業を用意しています。授業は全て英語で行われ、経済学科・経営学科の学生も履修が可能です。アジア各国からの留学生と一緒に学ぶことで、海外へ留学に行かずに日本国内のキャンパスで、グローバルな視点から経済学を学ぶことができると同時に、英語でのコミュニケーション能力を身につけることができます。

▼宇都宮キャンパス国際学生寮(仮称)
帝京大学 宇都宮キャンパスに、2018年4月国際学生寮(仮称)が開設されます。留学生と共同生活を送り、交流を深めることで、学生たちの語学力や国際性の向上が期待されます。