北星学園大学の募集情報

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

北星学園大学

募集内容・学費(2021年4月実績)

北星学園大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

文学部

  • 英文学科
    • 学科の概要

      高度な英語運用能力を獲得し、国際社会で求められる見識や異文化コミュニケーション能力を備えた人材を育成。1・2年次で、ネイティブスピーカー教員による英語の基礎教育を徹底して行い、国際社会で活躍するための基礎力獲得のために、アクティブ・ラーニングを取り入れた少人数教育で展開する科目を各学年に配置しています。3年次からは、主として小説、演劇等の文学テキストを素材に異なった文化を理解し、人間の本質を探究する「文化・文学コース」、言語学、応用言語学等の知見をもとに言語とコミュニケーションの諸側面について実践的に研究する「言語・コミュニケーションコース」、グローバルな視点からの知識と思考力、異文化コミュニケーション能力の獲得を目指した「グローバル・スタディーズコース」の3コース制をとり、少人数の演習を軸に様々なテーマについて研究する科目群を配置しています。さらに、英語の専門的・実践的技能養成のための科目群を配置し、通訳や翻訳、スピーチや朗読、英語による討論能力の養成のほか、教師養成のための特別プログラムである「英語教師養成科目」と「日本語教師養成科目」を設置し、充実した教師養成体制を備えています。

    • 定員

      113名 男女

    • 年限

      4年

    • 学費

      初年度納入金:1,185,010円
      ※諸会費を含みます。
      ※総合型選抜及び学校推薦型選抜の合格者のみ、入学前教育費用として別途10,000円を徴収いたします。

  • 心理・応用コミュニケーション学科
    • 学科の概要

      人の心とコミュニケーションの仕組みを知り、地域や国際的な環境において活かすスキルを身につけ、現場で活用する応用力と実践力を備えた人材を育成。理論と現場の融合を目指した教育を実現するため、カリキュラムに実習を大幅に取り入れており、2年次には建築系、農業系、野外系、教育系に分かれた現場での実習、また、同年次には、「人間科学コース科目群」と「地域・国際コース科目群」のどちらかに重きを置く教育を行い、「人間科学コース科目群」では、人間の心の過程を科学的に探求する能力を養成する授業科目を配置、「地域・国際コース科目群」では、応用的・対人的科目など、コミュニケーションの現場で活用する応用力と実践力を養成する授業科目を配置しています。3年次後期には、必修科目1科目の「フルフレックス制度」を導入し、海外留学などの学生の自主的で自由度を保障した、最大8ヶ月間を自分でデザインすることができ、就業体験としてのインターンシップも単位化。4年間を通じて、意思を伝える言語としての「書く」「話す」の訓練を徹底し、実用英語技能検定などの公的検定試験の成果に対して単位を認定し、語学力向上の努力を支援しています。

    • 定員

      90名 男女

    • 年限

      4年

    • 学費

      初年度納入金:1,185,010円
      ※諸会費を含みます。
      ※総合型選抜及び学校推薦型選抜の合格者のみ、入学前教育費用として別途10,000円を徴収いたします。

経済学部

  • 経済学科
    • 学科の概要

      激変する現代社会の情況に対応しながら、職業生活や社会生活の各領域において活躍することができる高い見識を備えたジェネラリストを育成。体系的な経済学(大枠組)学習の要は「基本科目」、「発展科目」であり、社会・歴史・思想・文化といった多面的な切り口から経済を深く探求する「社会経済コース」、金融・環境・農業・医療など、現代の様々な経済事象を理論的・実証的に分析・探求する「応用経済コース」、広く世界に目を向けて、国際社会の一員として政治・社会のグローバルな分析・探求を行なう「グローバル社会コース」の3コースを設定し、体系的且つ幅広く学習させるカリキュラムを構築しています。これらの学科専門科目体系の展開様式は、講義・演習・実習という様式のみならず、アクティブ・ラーニングを更に促す為に、「ディベート」への参加などを通じて、国内外で幅広く学ぶ機会が提供されており、学外での自己研鑽の賜物としての検定・資格認定を通じた単位取得もできます。

    • 定員

      152名 男女

    • 年限

      4年

    • 学費

      初年度納入金:1,185,010円
      ※諸会費を含みます。
      ※総合型選抜及び学校推薦型選抜の合格者のみ、入学前教育費用として別途10,000円を徴収いたします。

  • 経営情報学科
    • 学科の概要

      経営、情報、マーケティング、会計の専門的な知識や技能を駆使し、企業経営の様々な場面で自らのアイデアを具現化することで、豊かな社会の創造に寄与できる人材を育成。現代の複雑な情報化社会にあって、企業経営に関する理論、経営実務に関する実践的知識、情報処理に関する最新技法を学ぶとともに、経営情報活用能力を醸成するため、「学科基礎科目」、「学科専門導入科目」、「学科専門科目(基礎)」、「学科専門科目(応用)」を配し、段階的な履修を保証しています。リテラシ教育と実践実技教育を重視し、「学科実践能力科目」を設置するとともに、1年次に「基礎演習」を、3~4年次に「専門演習」を開講し、少人数で実践的なゼミナール形式の学習機会をより一層充実させ、学科学生の学問的興味に応じ、経済学部学科間の連携・乗入れを意識的に指向するなど、経営(マネジメント)分野、マーケティング分野、会計(アカウンティング)分野、情報分野、教職課程の5分野で履修モデルを導入し、学生が効果的な履修計画を立て意欲を持って学習を遂行できます。

    • 定員

      102名 男女

    • 年限

      4年

    • 学費

      初年度納入金:1,185,010円
      ※諸会費を含みます。
      ※総合型選抜及び学校推薦型選抜の合格者のみ、入学前教育費用として別途10,000円を徴収いたします。

  • 経済法学科
    • 学科の概要

      経済や法律にかかわる幅広い社会・経済活動に不可欠な実践的な能力と職業上の倫理観を形成し、経済や法律の知識をベースに、実社会で活躍できる人材を育成。基礎力を養成する少人数の“塾”と学科基礎科目を通じて学修の土台を固めることから始め、学生の多様な知的関心と将来の志望に柔軟に対応するため、経済学と法律学を適切に組み合わせた学科専門科目群から構成されている5つのコース(①公共法政策コース、②経済分析コース、③企業法務コース、④金融・財政コース、⑤法律総合コース)からより専門性の高い学科専門科目を学修します。
      また、学生は、1年後、2年後の自分をイメージしながら学修ができるよう「スタディ・プラン(経法SP)」を作成します。そのプランをもとに、毎年、教員個別面談を行い、1年の学修成果を振り返りながら、個人の興味関心や将来の目標を明確にしていきます。

    • 定員

      110名 男女

    • 年限

      4年

    • 学費

      初年度納入金:1,185,010円
      ※諸会費を含みます。
      ※総合型選抜及び学校推薦型選抜の合格者のみ、入学前教育費用として別途10,000円を徴収いたします。

社会福祉学部

  • 福祉計画学科
    • 学科の概要

      福祉マインドにより、超高齢社会、貧困等の格差社会、マイノリティへの適切な対応が行える知識と能力を身につけ、現場や地域社会で社会的な役割を担うことができる人材を育成。その目的を達成するためのカリキュラムとして「福祉計画基盤科目」「社会福祉士関係科目」を配置し、社会福祉士国家試験受験資格を4年間で取得できるように、厚生労働省の指定科目を配置した「社会福祉士コース」、社会福祉制度等を広く学びながら、それらの知識を活かして、広く教育に携わる職業人を養成する「福祉教育コース」、福祉政策系(マクロ)科目と地域関連科目を幅広く学び、併せて社会学・経済学・法学系の科目の履修を推奨する「福祉行政・公共コース」、福祉専門職を目指すのでなく、社会福祉の理論・制度・政策を学んだ上で、少子高齢社会にあって消費者ニーズに対応しうる知識・技能を幅広く学び、それを卒業後の進路で役立てられることを目指す「応用福祉・産業コース」の4コースを設置しています。

    • 定員

      85名 男女

    • 年限

      4年

    • 学費

      初年度納入金:1,185,010円
      ※諸会費を含みます。
      ※総合型選抜及び学校推薦型選抜の合格者のみ、入学前教育費用として別途10,000円を徴収いたします。

  • 福祉臨床学科
    • 学科の概要

      ソーシャルワークと社会福祉を理解し、地域社会における諸課題の解決に向けて、ジェネラリストまたはスペシャリスト・ソーシャルワーカーとして活躍できる人材を育成。人権感覚に溢れた理論的・実践的・研究的な社会福祉と教育の専門職を養成する科目を多く設置し、学外で行う実習指導や専門演習などでは、少人数教育を展開します。
      1年次・2年次の全学生を対象に、人の生涯にわたる生活とその環境を捉え、そこで生じる問題や障害・ジェンダー・文化などに伴う偏見と差別の歴史を理解し、人権と社会正義の感覚を養う科目群、3年次・4年次の全学生を対象に、多様なクライエントや児童生徒の生活を支援する際、広く社会を捉えるとともにエビデンスに基づく実践を展開するための研究的な力量を身につけるために、様々な研究法について学び、自ら研究を実践するための科目群を設置しています。各科目群においては、それぞれの科目の特質に応じて、講義形式や演習形式、また学外で行う実習形式で展開し、学生による主体的な学修活動を行わせるほか、実習指導や専門演習などでは、概ね学生20名以下を1クラスとした少人数教育を展開します。

    • 定員

      85名 男女

    • 年限

      4年

    • 学費

      初年度納入金:1,185,010円
      ※諸会費を含みます。
      ※総合型選抜及び学校推薦型選抜の合格者のみ、入学前教育費用として別途10,000円を徴収いたします。

  • 福祉心理学科
    • 学科の概要

      心理学的マインドを養い、医療、教育、福祉、産業組織など様々な領域において、地域社会に貢献する実践力と人間性を備えた人材を育成。心理学の体系的・包括的な知識を教授しており、科学的な基礎心理学を主体に学ぶ「心理科学コース」と、対人援助実践のための心理学的知識や技能を学ぶ「心理臨床コース」を設け、いずれのコースにも、心理学の体系的・包括的な知識を教授し、こころの諸問題や心理学的現象が発生する要因の分析および解決策を導き出すための、実験、実習、演習、講義科目を配置しています。実験・実習科目では、実際に体験して能動的に問題を解決する学習によって科学的心理学の基礎や実践力を徹底して身につけ、演習科目では、少人数による対話を介した学習や能動的学修によって深化した心理学の専門知識やコミュニケーション能力を培い、1年次は心理学の基礎の学び、2年次は科学的方法論と専門知識の学び、3年次は幅広く専門知識を深化させる学び、4年次はこころの諸問題や諸現象を科学的に分析して論理的に考察する総まとめの学びによって、高い学士力を養成します。

    • 定員

      64名 男女

    • 年限

      4年

    • 学費

      初年度納入金:1,185,010円
      ※諸会費を含みます。
      ※総合型選抜及び学校推薦型選抜の合格者のみ、入学前教育費用として別途10,000円を徴収いたします。