静岡理工科大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

静岡理工科大学

「研究が人を育てる」。 研究を通して、専門力と人間力を身に付けた技術者を育成

◆「研究が人を育てる」、それが本学の教育方針!
本学の考える「研究力」とは、研究をコアとした貴重な経験を通して実社会で生き抜く「人間力」を育むことです。革新的技術を生み出すためには、論理的思考とトライ&エラーを繰り返す忍耐力が求められ、そこから得られる成功体験、仲間と協調して物事を進める経験が学生一人ひとりを大きく成長させていきます。

◆大学全体が大きな一つの研究サイト
高精度な分析・測定装置を集中管理する「先端機器分析センター」、未来の移動体の研究拠点「やらまいか創造工学センター」。建築学を体感できる「建築学科棟」や各実験棟。これらの設備は企業や地域に開放、地域の研究拠点となっています。

◆目標実現をサポートするカリキュラム
本学の「カリキュラム」には、希望する研究室や就職分野に進むにはどの科目を段階的に履修する必要があるのか示されています。各科目間の繋がりや研究・就職との関係を明確にし、個々の目標実現に向け効率的な科目選択のサポートをしています。また、グループで課題解決に取り組むPBL科目を1年生から導入し、研究活動に必要な「主体性」「協力する力」を養います。

トピックス

2018.03.01 防災先進県 静岡県唯一の建築学科!※

【空間と居住性、防災減災を融合した建築と暮らしを創造】
計画・設計・デザインから構造・材料、環境・設備、生産・施工までバランスよく学ぶことで「建築学」の基本を身につけ、専門的な知識・技術へと発展させます。防災・減災対策なども含めた静岡県ならではの地域環境を教材に、建築・都市・地域のスケールを横断し創造的な思考と判断力を身につけ、世界的な視野で応えられる技術者を養成します。

【建築の現在とこれからを実感できる環境・設備】
建築学を居ながらに実感できる理想の空間を求めて設計された「建築学科棟」や大規模なコンクリート材料の強度実験が可能な「構造実験棟」、照明や空調といった環境分野の実験を可能にする「環境実験棟」が備わっています。このように、研究・実験設備を効果的に完備し、建築学を総合的に学べる環境を整えています。

【実験・演習中心の少人数制教育】
建築学科の学びの基本は、実験・演習中心の少人数制教育です。教員一人当たりの学生数は5~6人、教授陣が設計課題を丁寧に指導し学生の取り組みをサポートします。

※静岡県HP参照

2018.03.01 情報学部で学ぶ!これからの情報科学とICT(情報コミュニケーション技術)

情報学部では、情報化社会で必要となるプログラムづくりからICTを活用した「コトづくり(トレンド分析、開発・設計・製作、事業計画など)」へ学びを拡充。情報工学の専門性追求はもちろん、幅広い分野の探求に応用し情報を活用できる人材を育成します。

【ICTを活用したシステムを創る】
自動車や住宅など、私たちの暮らしを支えるあらゆるものを情報通信で繋げるIoT技術。それを人々が活用するのに必要なAI、データサイエンス、セキュリティなど多彩な情報技術を学んでいくことで、多様性を求められるこれからの情報化社会を創造していく力を育成します。

【ICTを活用して情報収集・分析・活用方法を探る】
AIやクラウド、SNSなど最新の情報コミュニケーション技術を経営や社会、心理、スポーツ、デザイン、生命などの分野に活かし学際的な問題解決能力を身につけ、業種の垣根を越えて多彩な職種での活躍を目指します。そして、社会問題の解決に取り組める人材を育成します。

◆情報学部 プロモーションムービーをCHECK!
https://www.youtube.com/watch?v=jIKJmrMgHAc

2018.03.01 挑戦できる、充実できる。〜2人の学生成長物語〜 ホームページで公開中!

学生の数だけ、未来がある。
本学のホームページ限定で、学生の成長ストーリーを公開中。

自身の成長のために、留学のチャンスを勝ち取ったという学生もいれば、研究に打ち込み自らの発見を契機に成長した学生も。

本学学生の物語を、ぜひ覗いてみてください。

http://www.sist.ac.jp/navi/article/voice/54/

2018.03.01 「もっと知りたい」が詰まった未来志向WEBマガジン、in-SIST

本学が発信するin-SIST(インシスト)は、“好奇心を満たす”WEBマガジン。
大学の「研究」と私たちの「暮らし」が繋がる「未来」を覗いてみよう。

http://www.sist.ac.jp/navi/insist/

2018.03.01 企業顔負けのものづくり!若きエンジニアとして成長する学生プロジェクト!

自動車を作る「SIST Formula Project」、ロボットを作る「M.C.F. Machine Creator’s Factory」、そして大空へ挑戦する「Sky Traveler」。

静岡理工科大学では、サークル活動の一環として様々な学生プロジェクトが活発に行われています。
今後の活動に、ぜひご注目ください!

◆「SIST Formula Project」の活動はココからCHECK!
http://www.sist.ac.jp/club/f-sae/index.html

◆「M.C.F. Machine Creator’s Factory」の活動はココからCHECK!
http://www.sist.ac.jp/club/mcf/

◆「Sky Traveler」の活動はココからCHECK!
http://sistsky.web.fc2.com/

主な就職先・本学の就職支援の最大の特徴

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2015~2017年3月卒業生実績

トヨタ自動車 | スズキ | 浜松ホトニクス | 日本電産 | NTN | ニチアス | 富士機工 | 文化シヤッター | 矢崎総業 | アイエイアイ | 日立ビルシステム | 浜名湖電装 | ケーヒン | タイコエレクトロニクスジャパン | ローム浜松 | 日本モレックス | 小野測器 | シンフォニアテクノロジー | リコージャパン | トーエネック | 東芝テック | 日本マイクロニクス | わらべや日洋 | イノチオグループ | 東芝ライフスタイル | 日本瓦斯 | TOKAIホールディングス | 鈴与シンワート | NSD | オー・エル・エム・デジタル | NECプラットフォームズ | システムリサーチ | ハマキョウレックス | サイバーコム | 日本郵便 | 遠州鉄道 | 日本通運 | アクティオ | NTTファシリティーズ東海 | NTTフィールドテクノ | エンシュウ | ヤマハモーターソリューション | 静岡市農業協同組合 | クオリテックファーマ | ヤマザキ | やまひろ | 日本プラスト | 村上開明堂 | FDK | ユタカ技研 …など

本学の就職支援の最大の特徴

本学の最大の特徴は学生個々の把握力。キャリア支援課や卒業研究担当教員を中心に、学生全員との個別面談や研究室単位での面談を実施しています。これらを通して、学生個々が希望する業界や企業、職種、勤務地等を細かく把握し、学生全員に対するマンツーマンの指導を実現しています。低学年次では職業人としての要素を学び、2、3年次から県内最大規模で実施するインターンシップをはじめ、ガイダンスや企業見学、模擬面接などを実施し、就職活動に対応する力を養っています。
また、社会からの高い評価も得ており、「『生徒を伸ばしてくれる大学』ランキング100」全国89位/777大学(東洋経済オンライン2017年4月7日)で認められた本学の評価は、産学官民連携を重視した教育の質の高さ、そこからつながる進路実績にも現れています。

《就職ガイダンス》
3年次から年10回以上実施。公務員志望者や大学院志望者に対するガイダンスも行っています。

《学内合同企業セミナー》
2日間、約160社の企業をお招きする県内最大級の企業説明会を実施しています。
年間150社以上参加する個別の企業説明会も毎週実施しています。

各種制度

本学の特色・制度

最先端の研究に教員と共に挑戦!「少人数制」の研究室

4年生で行う卒業研究は所属学科の研究室の中から一つを選択します。
各研究室に配属されるのは10名前後。
この少人数による研究体制は、教員からの直接指導を受ける機会が多くなること、研究設備・施設を学生が自由に使える環境を可能にする等のメリットがあります。そして、人間力を育む本学の「研究力」を支えると同時に、より確実に実社会で活躍できる力を伸ばしていくことができます。

◆ホームページ特別企画「研究室の挑戦」&「SPECIAL MOVIE」をCHECK!

「研究室の挑戦」
http://www.sist.ac.jp/navi/article/challenge/

「SPECIAL MOVIE」
http://www.sist.ac.jp/navi/article/movie/

国際交流・留学制度

本学で取り組むグローバル人材教育は国際経験を身につけたこれからの技術者育成を目的にしています。語学学習の枠を超え、英語をツールに専門分野の学習や相互文化交流を経験できる海外留学プログラムを用意しています。
外国の大学や言語教育期間で行われる外国語研修に参加して、現地生活を通して語学や社会生活を学ぶ「海外語学セミナー」、台湾の提携大学の学生と一緒にPBL(課題解決型学習)や英語研究フォーラム、ものづくり活動を行う「台湾留学プログラム」など、中国、台湾、韓国、ブラジルなどの大学と協定し学生交流や共同プログラムを行っています。

【SISTランゲージサロン】
語学力を身につけるための施設です。ネイティブ講師との対話が出来るだけでなく、TOEIC(R)などの検定試験対策や個人指導を受けることもできます。また、コンピュータを使った語学教育の個人ブースがあり、英語、韓国語、中国語の自主学習を進めることもできます。

【鈴与海外留学奨学金制度】
グローバルな人材育成の一環として、異文化を理解し、国際社会で活躍できる学生の育成を目的として航空運賃(※上限200,000円)が支給されます。

教職支援

本学では教職課程を設置しています。高等学校1種免許状(工業、理科、数学、情報)を取得し、教壇に立つ卒業生を輩出しています。履修学生のサポートのため、専任教員が高校での教育体験を生かして個別指導。教育現場に必要なあらゆる力を身につけることができます。

教育開発センター

工学分野や情報分野の基礎力として欠かすことのできない数学や物理、プログラミング言語、英語についていつでも担当教員から指導やアドバイスを受けられます。

学費負担を大幅軽減!「給費型奨学生制度」(返還義務なし)

入学成績が特に優秀な受験生に対して、勉学奨励を目的に授業料や入学金免除の特典が与えられる本学独自の制度です。

【授業料サポート100】
一般前期(A)入試、一般前期(A)センタープラス入試、前期センター試験利用(S)・(A)入試の合格上位者に対し、授業料100万円を給費。
年間授業料100万円給費⇒4年間最大400万円給費!
(初年度費用:授業料240,000円+入学金300,000円)

【授業料サポート50】
特待生推薦入試の成績優秀者、前期センター試験利用(S)入試において合計得点率が60%以上の者、前期センター試験利用(A)入試において合計得点率が65%以上の者に対し、授業料50万円を給費。
年間授業料50万円給費⇒4年間最大200万円給費!
(初年度費用:授業料740,000円+入学金300,000円)

【入学金サポート30】
特待生推薦入試の成績優秀者に入学金30万円を給費。

【入学応援給費】
前期センター試験利用(S)・(A)入試において合計得点率が55%以上の者に対し、入学応援金10万円を給費。

※詳細は本学HPを参照

学校No.1602更新日: 2018.04.23

静岡理工科大学ページ上部へ