横浜デジタルアーツ専門学校の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 神奈川県 認可 / 学校法人岩崎学園

横浜デジタルアーツ専門学校

総合デザイン科

「デザイナーを育てる」とは

時代はマルチな才能をもつ、人間らしいデザイナーを求めている。

デザイナーをとりまく環境が大きく変化し、仕事の範囲はどんどんと広がっています。そう、コンピュータやモバイル機器(スマートフォンやタブレット)、インターネットの発展によって簡単に情報にアクセスでき、仕事も遊びも大きく変わりました。
デザインというと、ポスターやパンフレットなどの印刷物を想像するかもしれません。しかしデジタルの時代になり、ディスプレイで表現できるモノ、しかも世界中の人が簡単にアクセスできるモノが新たにデザインに加わりました。つまりホームページや動画などもデザイナーの仕事になったのです。
一方で忘れてはならないのが「楽しさ」「癒し」「温もり」などを作品に込めていること。PCソフトなどを使って簡単にモノがつくれる時代になっても人の「心」に響く作品をつくることに変わりはありません。
本学科はクライアントのさまざまなリクエストに応えられる「マルチデザイナー」を育成。しかも人の心がわかり、心を表現できるデザイナーの育成をめざしています。

実践力の育成がカギ。プロジェクト学習で大きく成長。

本科では、課題解決力の向上のためにプロジェクト学習に取り組んでいます。デザイナーに求められるチカラは、すばらしい作品をつくることだけでなく、クライアントである企業が抱える課題を解決できること。例えば商品をもっと売りたい、イベントの来場者を増やしたい、などの課題に対して、ポスターや冊子をつくってはどうか、Webサイトや動画も必要ではないか、SNSも活用しよう、それぞれこういうデザインが注目されるので効果的です、などと企業に提案していきます。さらにそれをいつ、どのように見せる、配る、発信するといったことも考えて、スケジュールを決定し、作品を制作していきます。
プロジェクトは4人、5人で1つのチーム。企業の課題解決というゴールに向かうなかで、リーダーシップ、メンバーシップ、コミュニケーション力、責任感など、社会人に必要なさまざまなチカラを身につけることができます。

こんな学問が学べます。
  • デザイン
こんな職種が目指せます。
  • Webディレクター
  • Webデザイナー
  • Webコンテンツプランナー
  • Webクリエーター
  • アートディレクター
  • イラストレーター
  • グラフィックデザイナー
  • キャラクターデザイナー
  • 広告プランナー
  • 広告デザイナー