専門学校日本デザイナー芸術学院の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 愛知県 認可

専門学校日本デザイナー芸術学院

映像デザインコース

2020年度4月に3年制「映像デザイン」コース開設!

映像制作専門職という限定された枠にとどまらず、世界へ映像表現を発信できるクリエイターを育成します。日常的な情報発信力を社会やビジネスの現場で生かすことを主眼に、写真撮影や映像制作編集の基本的なスキルはもとより、伝えるためのデザイン力を学びます。

◆ニチデの3年制で学ぶ◆
Illustrator、Photoshop、プレゼンテーション、写真撮影、ライティング、スタジオ撮影、動画撮影、動画編集、音声編集など映像制作に必要な技術と知識を総合的に学び、その上で専攻を自分で選択することができます。
2年間で自分の方向性を定め、3年目は作品制作・就職活動に専念するなど自分のスタイルに合わせ、3年間をかけてじっくりと活動することができます。

◎将来目指せる職業
フォトグラファー・映像クリエーター・ドローンパイロット(撮影)・広報・PR・販促・インフルエンサー など
※インフルエンサーとは、社会や市場において多大な発信力・影響力をもつ人物の事を指します。

これからの社会で必要とされる映像クリエイターのスキル

現在、映像制作機材は低価格化、小型・軽量化への進化が、どんどん進んでいます。スマホ、タブレット、アクションカム、ドローンなどが登場し、YouTubeやSNSなど、ネットメディアの普及・発達が映像業界以外の人々の映像制作の機会を増やしました。

今や一般の人々が自分の仕事や趣味の世界を日常的に動画投稿サイトなどで発信し、それを世界中の人々が閲覧し、共有する時代です。映像表現の価値が、スピード感、表現の伝わりやすさ、ユニークさへと変化してきています。映像デザインコースでは、映像制作を「専門的で難しいもの」から「日常的に創るもの」にするための技術とセンスを学びます。

こんな学問が学べます。
  • デザイン
  • 写真
  • 映像