拓殖大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

拓殖大学

「世界で、自分を拓く」~タフな人間力を身につけたグローバル人材『拓殖人材』の育成~

拓殖大学は、1900年(明治33年)桂太郎公爵により台湾協会学校として発足し、以来「世界に貢献する人材の育成」を目的としてきました。長い歴史を通して国内外で活躍する多くの先輩たちを輩出し、国際大学の先駆けとして伝統が伝承されています。
現在は、創立120周年と東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向け、一昨年より「拓殖大学教育ルネサンス」が進行中。国際的な視野とタフな人間力を持つ「拓殖人材」の育成に、いっそうの力を入れて取り組んでいます。

トピックス

2018.03.01 ~拓殖大学教育ルネサンス~

「拓殖大学教育ルネサンス」では、次の100年の国際人づくりをめざし、「国際性」「専門性」「人間性」を備えた人材育成を実践していきます。この教育ルネサンスを実現するためのプロジェクト<2020 TAKUSHOKU NEW ORANGE PROJECT>では、「英語力強化」のための英語資格受験料補助や、国際交流・スポーツ振興を推進する企画など、学生・教職員が連携協力して多くの活動を進行しています。
また、拓殖大学では日本人と留学生が共に学ぶ環境をいっそう拡充し、世界で活躍できるコミュニケーション力を持った人材を育成していきます。拓殖大学への入学を考えているみなさん、ぜひこの変化を楽しみながらチャンスをつかみ、共に成長していきましょう。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2017年3月卒業生実績

(株)りそな銀行 | (株)東日本銀行 | (株)東京スター銀行 | 青森銀行 | (株)栃木銀行 | (株)長野銀行 | 朝日信用金庫 | 巣鴨信用金庫 | 横浜信用金庫 | 千葉県讐察 | 埼玉県警察 | 新潟県警察 | 自衛隊(幹部候補) | 千葉県職員 | 武蔵村山市役所 | (株)秋田銀行 | (株)北都銀行 | (株)常陽銀行 | デルタ航空(米国) | (株)ドリームスカイ名古屋 | ANAテレマート(株) | (株)エイチ・アイ・エス | 名鉄観光サービス(株) | (株)グランベルホテル | (株)京王プレッソイン | (株)東急ホテルズ | (株)東急リゾートサービス | 全日本空輪(株)(ANA) | ANAエアポートサービス(株) | (株)JALスカイ | (株)JALカーゴサービス | アシアナスタッフサービス(株) | (株)JTB閲東 | (株)JTBグローバルマーケティング&トラベル | (株)本田技術研究所 | (株)ボッシュ | ヤマハ発動機(株) | ANAラインメンテナンステクニクス(株) | (株)エージーピー | アイホン(株) | アルプス電気(株) | (株)エース | (株)ケーヒン | ケル(株) | (株)粟山米菓 | 鈴茂器工(株) | 東プレ(株) | 東洋電装(株) | 日本電産コパル(株) | (株)ヨロズ …など

就職支援

○キャリア支援・就職支援3つのポイント
1)教職員が連携して、学生の就職を支援
本学では、ゼミの先生が学生の進路についてアドバイスをしたり、授業に就職部のスタッフが訪れたりと、常に学びとキャリアがセットとなって成長できる環境となっています。

2)1年次から始まる各種プログラム
企業の求める人物像や具体的な仕事の内容について聞くことができる「業界セミナー」や、グループディスカッション・面接試験など、本番さながらのプログラムで経験を積む「就職合宿セミナー」など、さまざまな機会を用意しています。

3)困ったときは専門スタッフにいつでも相談できる!
これまでに多くの学生の就職活動を支援してきた専門のスタッフが常駐しているので、悩みや相談があればいつでも個別にじっくりと話を聞くことができます。また内定を獲得した4年生が「学生アドバイザー」として、就職活動の進め方や悩み相談に対して個別にアドバイスをします。

各種制度

拓殖大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

拓大生は海外での学習にもアグレッシブ!拓殖大学独自の充実した留学制度『TUSAP』

21の国や地域に46の提携校をもつ拓殖大学。年間300名以上の学生たちが世界中へと飛び立ちます。

【長期留学(6~8ヵ月)】
アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、台湾、中国、スペイン、メキシコ

【短期留学(1~5週間)】
商学部:アメリカ(ポートランド州立大学)、ニュージーランド(ドミニオンイングリッシュスクールズ)、韓国(慶煕大学校)、台湾(東呉大学)
政経学部:イギリス(ビート・ランゲージ・センター)、オーストラリア(ニュー・サウス・ウェールズ大学)、中国(廈門大学)
外国語学部:イギリス(ウィンチェスター大学)、オーストラリア(ニュー・サウス・ウェールズ大学)、カナダ(ランガラ・カレッジ)、中国(北京大学)、スペイン(サマランカ大学)
国際学部:マレーシア(INTER-CULTURAL LANGUAGE SCHOOL)、中国(華東理工大学)、韓国(大邱大学校)、フィリピン(フィリピン大学)、インドネシア(ダルマプルサダ大学)、タイ(コンケン大学)、カナダ(観光実務研修)
工学部:カナダ(ランガラ・カレッジ)

主専攻の外国語(英語・外国語学部の専攻言語)以外の言語取得を目指す学生を対象『個人研修奨学金』

希望者は教員の推薦・指導のもとで研究計画書を提出します。参加する学生には10~30万円の奨学金が給付されます。
<対象言語>
アラビア語/インド・パキスタン語(ヒンディ語)/インドネシア・マレーシア語/韓国語/タイ語/中国語/フィリピン・タガログ語/ベトナム語/英語/スペイン語/ドイツ語/ブラジル・ポルトガル語/フランス語/ロシア語

テーマを持って世界を視察し、国際感覚を磨く『麗澤会海外派遣』

拓殖大学では在学中に海外の諸事情に直接触れることにより異文化に対する深い理解と共感が持てるように、また貴重な体験を積むことによって国際感覚を養うことを目的として、1972(昭和47)年より毎年夏季休暇等を利用して海外親善派遣を実施しています。
2016年の派遣先はインド。派遣学生たちは、国家機関訪問、企業訪問、現地大学・学生との交流を行ったほか、本学卒業生による海外で活躍するためのアドバイスもあり、充実した時間を過ごしました。

学生の主体的な取り組みを応援する『学生チャレンジ企画』

拓殖大学では、社会貢献、国際交流、大学の活性化などにつながる学生の主体的な取り組みを応援しています。
第6回となる2016年は5件が採用され、1年間の学生による「チャレンジ」が実行されました。

<チャレンジ例>
・拓大つながりプロジェクト~知れば知るほど好きになる~
・SNSに気をつけよう~ロール・プレイングで学ぶモラル・リテラシー~
・高尾599ミュージアム「自然から学ぶものづくり」

これからの社会を動かしていくリーダーを育成する「桂太郎塾」

「桂太郎塾」は、現代版「松下村塾」を究極の理想に掲げてスタートした特別講座で、拓殖大学を創設した桂太郎公爵の志・精神を受け継ぐものです。
政財界、官界、学術界、言論界など各界を代表する知識人や有識者による講義をもとに、徹底した議論で思考力、表現力を高め、日本の将来を背負って立つリーダーになり得る人材を養成しています。研修期間は1年間。主として土曜日に講義とゼミナールを行い、さらに、合宿研修や各種施設見学なども実施しています。

入塾資格:全学科の2・3年生
研修期間:4~12月の間で20週開講(講義・ゼミナール)
研修内容:論文発表、集団討論、ディベートなどを実施
講師陣:政財界、官界、学術界、言論界の当代一流の有識者や知識人
受講料:無料、優秀な学生には奨学金を支給

快適なキャンパスライフをサポートする学生寮

八王子国際キャンパス内に、ワンルームタイプの学生寮を用意しています。食堂や大浴場、フィットネスジムなどの共用施設も充実しており、快適なキャンパスライフを過ごすことができます。

・寮費:月額62,000円
・ワンルームタイプ
・朝・夕の2食付

学生を経済面から支える奨学金制度

経済面が学びを妨げないように。そして頑張った学生の本気に応えるために。
拓殖大学では各種の奨学金のほか、奨励金制度も整えています。学生生活を思う存分充実させてください。

<学内制度(給付)> ※金額・期間・採用人数
・学習奨励金:年額25万円、1年、76名
・商学部奨学生:年限30万円、1年、20名程度(2~4年生)
・政経学部奨学生:年限30万円、1年、20名程度(2~4年生)
・外国語学部奨学生:年限25万円、1年、12名程度(2~4年生)
・国際学部奨学生:年限25万円、1年、12名程度(2~4年生)
・工学部奨学生:年限25万円、1年、12名程度(2~4年生)

<拓殖大学 学友会(給付)>
・拓殖大学学友会奨学金:年限30万円、4年(毎年度資格審査を行う)、10名程度

その他、JASSO等学内の制度も利用可能です。

学校No.138更新日: 2018.07.19

拓殖大学ページ上部へ