創価大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

創価大学

法学部法律学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

法学部は、創価大学のアドミッション・ポリシーに基づき、かつ本学部の教育目標で示した人材へと成長する意欲と資質を備えた学生を以下のように選抜します。具体的には、
1.自己のキャリア形成について強い意識をもち、将来、法曹、企業人、公務員、外交官などの職業を目指し、本学部での学習を希望すること。PASCAL入試、公募推薦入試では、そのことを出願資格とし、「面接試験」においてもその意志を評価します。
2.専門力と英語力を身につけて国際的に活躍するために、高等学校までの教育において到達目標とされる基礎学力を習得していること。PASCAL入試、公募推薦入試、大学入試センター試験利用入試、全学統一入試、一般入試、外国人入試では、そうした基礎学力、即ち、知識・技能、思考力、判断力等を評価します。
3.基礎的な英語能力を有すること。
本学部の入試において英語能力を重視します。特に一般入試では英語の得点配分を他科目より高く設定します。また、公募推薦入試、全学統一入試、一般入試では、実用英語能力の一定レベル以の資格・スコア等を優遇する措置を取ります。
4.論理的思考力、表現力、コミュニケーション能力を身につけ、主体性を持って多様な人々と協働していく資質と意欲を有すること。PASCAL入試、公募推薦入試においては「書類審査」と「面接試験」を実施し、高等学校等までの取り組みにおける主体性、協働性、学習意欲を評価します。またPASCAL入試、では「グループ・ディスカッション」、「小論文」により、論理的思考力、表現力、協働性等を評価します。

《学部の特長》
■グローバル法曹力を養う特別プログラム「GLP」
法学部法律学科では、法曹界(弁護士・検察官・裁判官)をめざす学生を対象とした特別プログラム「Global Lawyers Program:GLP)」を設置。GLPでは、外国人教員の講義により、英語力向上と少人数ゼミを通じて法的思考力を養成します。さらにGLP発展ゼミで判例解釈の深化と演習による法解釈力を身につけ、国際社会で活躍できる法律実務家を育成します。

司法試験の合格率は私大トップクラス。多彩なプログラムでグローバルに活躍できる法律家を養成

法学部法律学科のモットーは、「グローバル&キャリア主義」。グローバルな舞台で活躍できる高い語学力の習得と留学制度など、多彩な国際プログラムを整えています。また、2年次から希望のキャリアに合わせて、「リーガル・プロフェッションコース」「ビジネス法務コース」「公共政策・行政コース」「国際平和・外交コース」の4つのコースを選択します。いち早く対策をとれるので、高い就職実績を残しています。

こんな学問が学べます。
  • 法学