京都保育福祉専門学院の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 京都府 認可 / 社会福祉法人京都基督教福祉会

京都保育福祉専門学院

保育科

「京都唯一」2年で「保育士資格」と「幼稚園教諭2種免許」のW取得が可能!

本学院は保育福祉のプロへと導く、京都で唯一(※)卒業と同時に保育士資格が取れる専門学校です(国家試験の受験は必要ありません)。
これまで5,200人を超える卒業生を保育福祉・幼児教育現場へと送り出し、2016年度からは2年間で幼稚園教諭2種免許の取得も可能となりました。
福祉・教育分野で必要な対人援助の基礎を養うため、児童館等の通所施設での実習や、児童養護施設等の生活施設で泊まりこみの実習も学生全員が経験します。さらに、総まとめとして「保育所実習」を行うという、徹底した実習カリキュラムを展開しています。
また、認定こども園の一室を特別教室にした見学でも実習でもない新しいスタイルの授業を導入し、卒業後に現場で即戦力となる能力を身に付けます。
保育士資格取得と幼稚園教諭免許取得に向けた本学独自の教育方針とカリキュラムは、学生一人ひとりの「夢」を「天職」へと導きます。

※一般社団法人 京都府専修学校各種学校協会「全学校一覧」参照

保育士を学ぶ 保育・こども

京都保育福祉専門学院での学び

子どもの心と身体の発達や子どもを取り巻く制度の理解、ピアノをはじめとした保育技術習得など、「子ども」をキーワードに多岐にわたる知識と実践力を養います。基礎的な専門知識はもちろん、演習・実習に重点をおいたカリキュラムで、卒業後に現場で即戦力となる能力を身に付けます。
また、日頃から「学んだことを自分らしく活用できる」ことをモットーに、各教室に配置されているピアノや個室型レッスン室ほか、学生が自主的に「学び」を深められる環境も整っています。2年間でのW資格取得を経て、保育・幼児教育の現場へと旅立ちます。

現場目指に立った授業を通して「私にできること」を増やしていこう。

子ども(対象者)と正面から向き合うために、保育者論などの講義、音楽理論・声楽などの演習、保育所実習などの実習科目を習得するのはもちろんのこと、パペット人形、エプロンシアターといった実際に現場で活用できる視聴覚教材をたくさんつくります。さらには、本学院では同法人が運営する認定こども園を「ぶどう教室」と称してお借りして行う授業を取り入れています。子どもたちが行き交う中で行う普通授業で、学生はどのように子どもたちの「見本」として立ち振る舞い寄り添うことができるのかを現場で実践します。
単に子どもと遊ぶだけならおそらくありのままの自分でも構いませんが、仕事として子どもと関わるためには、子どもの心と身体の発達理解や保育現場を取り巻く制度への理解は必須となります。また、それら知識と併せて保育現場での取り組みを意識した実践力が求められます。本学院では、視聴覚教材の制作や認定こども園での見学でも実習でもない新しい養成スタイルからも見て取れるように、常に現場を意識した授業を展開しています。
同じ道を志す仲間と共に子どもたちを身近に感じる授業を通して、魅力ある保育者をめざしましょう。