京都女子大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

京都女子大学

発達教育学部 児童学科

開学時より児童学の探求を続け、保育者・教育者に求められる総合的な学びを展開

子どもを取り巻く環境や子どもの発達・成長、表現活動などを幅広く学ぶことで、子どもの「育つ力」を見出して開花させ、子育て支援の専門家としての「育てる力」を養います。本学科では「児童発達学」「児童保健学」「児童文化学」「児童表現学」の4つの領域から児童学を学習し、豊かな感性と創造性を備えた、実践力のある保育者・教育者を育成します。子どもへの深い理解・愛情、教養、専門知識はもちろん、これからの保育者に必要な、保護者や社会とコミュニケートする力も習得します。さらに保育所・施設・幼稚園での実習をはじめ、保育現場や子育て支援活動などに参加する実体験を通じて、多角的な視野から現場への理解を深め、実践力を高めます。

保育・幼児教育を学ぶ 教育・保育

4年間の学び方

本学科では、1年次から少人数体制のゼミ教育を行い、4年間きめ細かく指導を行っています。

●1年次
児童学の4領域、発達・保健・文化・表現活動について基礎知識を学ぶとともに、少人数ゼミに所属し、大学での研究方法やレポートのまとめ方を身につけます。

●2年次
専門的な学びに進み、学内外で、保育者・教育者としての資質を養う実践的な授業が体験できる時期です。

●3年次
めざす資格・免許に応じて、保育実習・教育実習を実施。現場実習を体験しながら各自の研究テーマを探求します。ゼミでは卒業研究に向けての知識を獲得していきます。

●4年次
ゼミ担当教員の指導のもと、フィールドワークやグループ討議、創作などを行いながら、個人またはグループで卒業研究に取り組みます。

保育現場や子育て支援活動に参加する機会が多数

保育現場で実践・応用できる実習・演習科目が充実しているのも本学の特長のひとつです。例えば、児童文化学領域のゼミでは、人形劇団「たんぽぽ」を結成し、保育所や幼稚園、児童館などに出向いて人形劇を上演しています。2006年には学生有志による音楽隊が結成され、京都市内の児童館や保育所を中心に、これまでに200以上のコンサートを実施してきました。ほかにも、音楽ゼミによる管楽器と電子楽器類を組み合わせた音楽や、トーンチャイムを使った演奏などによる訪問コンサートなども行っています。学生は、これらの活動を通して、実践力を鍛えていきます。

また、保育者・教育者になるために必要な資格・免許取得についても、教員志望の学生のために「教職支援センター」を設け、教員経験のある教職カウンセラーが個別指導や試験対策講座をしっかり行っています。