大阪産業大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

大阪産業大学

国際学部 国際学科

充実の環境で、学びをサポート

進むグローバル化。現代社会で求められるセンスを養う

グローバル化の進む現代社会では、人やモノの移動が活発になり、グローバル規模でのコミュニケーション能力と国際センスが必要とされています。これから必要とされるのは、国際人としての発信力を持つとともに、国際化が進む地域社会にも目を向け、自らの暮らす社会を多文化共生の視点から見つめられる人材。少人数での外国語学習や体験型学習などの実践的な学び、グループ討論や問題解決型学習を通じた主体的な学びを中心とした授業で、グローバルな視野と、自国文化の発信や身近な国際化に貢献できる力を養います。

多様な言語を幅広く、実践の会話で深く、チカラが身につくカリキュラム

少人数制での指導で実用的な英語運用能力を養うとともに、中国語をはじめ、フランス語、ドイツ語、朝鮮語などを同時に履修できるカリキュラムを用意。2年次から「英語コース」「日本語コース」「中国語コース」「国際コース」へ分かれ専門性を深めるとともに、身近な国際化に貢献する人材、世界で活躍できる国際感覚にひいでた人材を育成します。本格的な長期留学から2~3週間の短期留学まで豊富な海外体験プログラムが充実しています。さらに学内に設置されているランゲージ・カフェでは、覚えた外国語を実際に使ってネイティブ・スピーカーと直接話ができ、英会話力を磨くことができます。

こんな学問が学べます。
  • 外国文学
  • 日本文学
  • 比較文化学
  • 歴史学
  • 語学(外国語)
  • 語学(日本語)
  • 言語学
  • 国際関係学
こんな職種が目指せます。
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • 語学教師
  • 日本語教師
  • 通訳
  • 通訳ガイド
  • バイリンガルスタッフ
  • 外資系スタッフ
  • 国際ボランティア
  • ツアーコンダクター
  • ツアープランナー
  • トラベルコーディネーター
  • ホテルフロント
  • ホテルスタッフ

デザイン工学部 情報システム学科

いま、あるべき情報処理のカタチを理解する

これから求められるのは、「人に優しい」情報処理

高度情報化社会において重要となるのは、「人に優しい」感性的な情報処理。つまり、人の役に立ち、社会で本当に必要とされる情報システムのカタチが求められています。それを創造するには、プログラミングやシステム構築の技術だけでなく、柔軟な視点と考え、そして何より「人を理解する力」が必要。
たとえば人の動作をコンピュータで計測し、視線や筋肉の動きを調べます。そうすると、その人の考え方や作業の進め方まで見えてきます。それらを「新しいシステムにどう活かすか?」と考えるのが情報システム学科なのです。

技術を”新しい視点”から科学的に探求するカリキュラム

ネットワーク、組込みシステム、Web システム、感性デザイン、CG・アニメーションといった情報システムに関わる基礎技術を学び、 技術を新しい視点から科学的に探求します。情報システムコース、ネットワークコース、組込みシステムコース、Webシステムコース、感性デザインコース、CG・アニメーションコースの6コース構成で、あなたの「好き」を伸ばすカリキュラム。技術と感性をともに養い、デザイン&IT設計の両面に強いエンジニアとして、高度情報化社会に貢献できる応用能力と実践能力を身につけます。

こんな学問が学べます。
  • 情報学
  • 情報工学
  • システム・制御工学
こんな職種が目指せます。
  • システムアドミニストレータ
  • システムアナリスト
  • システムエンジニア(SE)
  • システムコンサルタント
  • データベースエンジニア
  • データベース検索技術者(サーチャー)

デザイン工学部 建築・環境デザイン学科

まちづくりの本質を知り、デザインで解決する

モノの形には理由がある。どうつくり、どう組み合わせるか?が大事

まちづくりの形が大きく変わってきている現代社会。科学技術革新が急速に展開し、社会環境が大きく変化しています。官民一体となった都市開発や、住民主体のまちづくりはその一例です。モノの形には理由があり、美しさや利便性だけではなく歴史や文化、その持続可能性までもを含めて形づくることが大切です。そしてさらに、そこにフィットするモノや空間のコーディネートも考えなければなりません。広く社会に通じるデザインの課題を見つけ出す視点と、さまざまな角度から問題解決へ導く能力が重要となってきています。「みんなを幸せにするまちづくりとは何か?」の答えを考えるのが、建築・環境デザイン学科の学びです。

「より良い生活環境」をつくるためのデザイン力をつける

社会に対応した、美・アメニティ・機能を備える持続可能な環境・空間・モノを、広い視野、豊かな感性、確かな技術力・想像力に基づいてデザインし、より良い生活環境をつくり出す能力を身につけます。3年次からは、都市環境デザインコース、建築デザインコース、インテリアデザインコース、クラフトデザインコース、プロダクトデザインコースの5コースに分かれて、あなたの興味から学びを深めます。

こんな学問が学べます。
  • デザイン工学
  • 建築学・意匠
  • デザイン
こんな職種が目指せます。
  • Webデザイナー
  • 建築士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアデザイナー
  • インテリアプランナー
  • インテリアスタイリスト
  • ディスプレーデザイナー
  • 住宅デザイナー

デザイン工学部 環境理工学科

現代の環境問題に向き合い、課題解決をめざす

自然環境だけでない、さまざまな種類の「環境問題」に取り組む

環境問題は、私たち含む社会全体の重要な課題です。大気汚染や水質汚濁、生きものとのつながりといった自然環境に関わるものから、公共交通、資源循環、地域コミュニティといった都市における環境問題まで、今の社会にはたくさんの環境問題が存在しています。また、近年頻発している自然災害に対する備えも、多くの人の関心を集めています。そんな現代において、水・大気・生物・都市などの環境を、実際に自分たちで調査し学びながら環境保全を実践することで、実社会に貢献する能力を養います。自然と共生する持続可能な社会をデザインする力を養うとともに、サイエンスに対する探究心、グローバルな環境問題からローカルな環境問題までの課題解決にむけた行動力と環境マネジメント力、実践的な環境技能を育てます。

環境学の体系、しくみづくりを学び、持続可能な社会をめざす

地球環境科学および持続可能な社会のしくみづくりについて考究し、工学・理学にもとづいた環境学の体系を総合的に学ぶカリキュラム。共通基礎として全コースの基礎に触れ、さらに自分の興味に合う1コースで専門性を身につけることで、環境づくりを総合的にコーディネートする能力を養います。3年次からは、環境技術コース、地域生態系コース、環境緑化コース、環境計画コースの4コースに分かれて、分野横断的知識と高い専門性を学びます。
また、所定科目の単位修得により、中学・高校の理科の教員免許状も取得可能です。さらに公害防止管理者、ビオトープ管理士、環境再生医、社会調査士、造園施工管理技士などの資格取得をサポートします。

こんな学問が学べます。
  • 環境学
  • 環境工学
こんな職種が目指せます。
  • 庭園設計士
  • 環境アセスメント調査員
  • 環境計量士
  • 環境コンサルタント
  • 環境教育指導者
  • エネルギー系研究・技術者