成城大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

成城大学

経済学部

自由度の高いカリキュラムで多角的な視点から問題解決する力を養います。

経済社会のグローバル化や価値観の多様化、複雑化により、経済の予測がこれまで以上に難しくなっている中にあって、経済学や経営学の知見に基づく問題解決が、さまざまな局面で求められます。本学の経済学部は経済学科・経営学科の2学科で相互に科目を履修できる自由度の高いカリキュラムが特徴です。経済・経営の両面から学ぶことで、地球規模に広がる経済社会の中で、多角的な視点から問題解決をしていくことのできる、理論的・実証的思考力を持った人材を育成します。

3年間必修の少人数制ゼミナールで深い専門性を追求していきます。

経済学部は2年次~4年次までの3年間、同一の教員のもと少人数制ゼミナールで学びます。市場について理論、政策、歴史、社会政策の幅広い視点で学ぶ経済学科と、企業を中心にその戦略や管理を考察する経営学科。それぞれの学問を専門分野とする教員と近い距離で深く学ぶことができます。さらに、他学部とのディベート大会や他大学とのインターゼミナール、企業との協同研究、海外でのゼミナール合宿など様々な刺激の中で、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を高めます。

ゼミナールのテーマ(抜粋)
経済学科:国際経済学、日本の金融システムの経済分析、社会保障(医療・介護・年金など)の経済学、開発経済学、東洋経済史研究 など
経営学科:人的資源の活用の研究、ビジネスプランニング&産学協同研究、マーケティング論、大規模な社会・経済データの解析 など

こんな学問が学べます。
  • 経済学
  • 経営学

文芸学部

6学科を横断的に学び、深い専門知識と広範な教養を身につけます。

国文学科、英文学科、芸術学科、文化史学科、マスコミュニケーション学科、ヨーロッパ文化学科を設置。
文学、言語、芸術、思想、歴史、人類学、民俗学、社会学、マスメディアなど、人類が創造してきた文化全般をカバーする6学科を横断的に学び、深い専門知識と広範な教養を身につけます。例えば、各学科の教員が同一テーマでリレー形式の授業を行う「文芸講座」は1年次の必修授業として多様なものの見方、考え方を養う出発点となっています。
さらに自分の所属する学科を主専攻とし、文芸学部の他学科からもう一つの学科を選んで副専攻に指定することができる「主専攻・副専攻制度」も実施。卒業時には副専攻も修了したことが正式に認定されます。

きめ細かい指導が可能なゼミナールを通して専門分野の理解を深めます。

大学での学びの基礎として、書く(write)・読む(read)・議論する(debate)ことを学ぶ「WRD」を1年次の必修としています。2年次以降は演習や実習、ゼミナールを通して専門分野を深く探究。学外研修やフィールドワークなどを取り入れ、実感を重視した授業を展開しています。特にゼミナールでは4年間の集大成としての卒業論文執筆に向けて、少人数だからこそできる教員によるきめ細かい指導や学生同士の交流が行われています。

ゼミナール・演習のテーマ(抜粋)
国文学科:伊勢物語および伊勢物語注釈史の再検討、くずし字で学ぶ江戸の実録小説と教訓本、日本語の研究、漢文学 など
英文学科:英語語法文法研究、現代イギリス文学および文化の研究、アメリカ文学・文化研究 など
芸術学科:作品に直に触れる、美術作品の見方・考え方、映画作品分析の方法、音楽研究の様々な方法 など
文化史学科:日本史学(古代・中世)、民俗文化表現論、江戸町人の迎えた明治維新、史料を読む など
マスコミュニケーション学科:広告心理学・消費者行動研究、マスとメディアの歴史社会学、マスメディアデータ分析研究 など
ヨーロッパ文化学科:広域芸術論、ドイツ語圏の文化と思想、フランス・ヨーロッパ中世・近世史 など

こんな学問が学べます。
  • 外国文学
  • 日本文学
  • 文芸学
  • 文化人類学
  • 歴史学
  • 社会学
  • マスコミ学
  • 語学(外国語)
  • 語学(日本語)
  • 言語学

法学部

基礎から応用への段階的学習と 徹底した少人数教育で「リーガルマインド」を養います。

本学の法学部は現代社会を生きるうえで必要な「リーガルマインド」を養うことを目指しています。カリキュラムは、Back to the Basicsの理念に基づいて「基礎から応用への段階的学習」を意識し、1・2年次に法律学の最も基本的な科目である憲法・民法・刑法について学び、3・4年次には、進路別に分けられた4つのコース(法プロコース、企業と法コース、公共政策コース、国際社会と法コース)に沿って専門的に学びを深めていきます。1年次から演習形式の授業を行うことで教員との対話による徹底した少人数教育を実践しています。

4つのコースで興味のある進路を意識した学びを追求します。

3年次からは進路別に分けられた4つのコースごとに学生自身の将来進路と問題関心に応じて、多彩な講義や専門演習を履修することができます。また、法学資料室では豊富な法律関係の資料が閲覧できるだけでなく、学生同士が議論するためのアクティブラーニング設備も充実しています。

法プロコース:将来、裁判官、検察官、弁護士、司法書士、その他の専門法律職資格を取得して、法律専門家として活躍しうる人材を養成するコース。
企業と法コース:会社法、労働法、消費者法、知的財産法など、企業の活動にともなって発生する諸問題に法的知識をもって対処できる人材を養成するコース。
公共政策コース:卒業後に公共政策に携わることを想定し、公共政策に関する学問的知識を身につけることを目的とするコース。
国際社会と法コース:国境を越える活動を規律する法制度や国際情勢、諸外国の法制度に対する広い視野を持ち、国内外の各種活動に携わる人材を育てるコース。

専門演習テーマ(抜粋):刑事訴訟法の基本的論点や判例を学ぶ、民法判例をとおして人間と社会について考える、地域社会における合意形成と協働の研究、国際法を通じて「戦争と平和」を考える、など

こんな学問が学べます。
  • 法学

社会イノベーション学部

多様な視点から イノベーションについて考えます。

技術開発だけでは社会は変わりません。新しい技術やサービスが社会に伝播するためには国の「政策」や企業の「戦略」、人間の「心理と行動」や「社会と文化」といった多くの要因が関係しています。そのため、社会イノベーション学部では政策イノベーション学科と心理社会学科の2学科で、政策・戦略・心理・社会の4つの分野を横断的に学びます。
さらに卒業後、グローバル社会で活躍する人材となることを想定して、実践的な英語教育に力をいれています。1年次からネイティブスピーカーによる科目やビジネスに関連する文書を題材とする科目など「使うための」英語を学びます。

少人数制ゼミナールで、社会で活躍するための課題発見・解決能力を磨きます。

3年次からのゼミナールでは、それぞれの学科の専門分野を学びながら課題発見・解決能力を磨き、自由な発想で卒業研究を行います。政策イノベーション学科はイノベーションがどのように生み出されていくのか、企業の研究開発戦略や、新製品開発など実践的な問題とともに、国の科学技術政策、国際関係といった幅広い問題まで統合して考えます。心理社会学科は人間の心理や社会のあり方がイノベーションにどのような影響を与え、あるいは影響を受けるかを考える学科です。宗教、文化、環境問題などにも関連づけながら、社会と人間の心理とイノベーションの関係を紐解きます。

卒業研究テーマ(抜粋)
政策イノベーション学科:機能性チョコレートにおける市場優位性、次世代型リーダーのあり方についての一考察-AIによる職務代替可能性の視点から-、インターネットテレビ局の台頭とテレビ放送への影響と対策~ Abema TVを事例に~ など

心理社会学科:心理的リアクタンス効果とセールスライティングの関係性、地域における多文化共生の現状と課題-さいたま市を事例として-、Instagramと幸福感の関係に関する研究 など

こんな学問が学べます。
  • 経済学
  • 経営学
  • 社会学
  • メディア学
  • 心理学
  • 国際関係学
  • 総合政策学