大阪電気通信大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

大阪電気通信大学

工学部 建築学科

建てる、築くだけでない、新・建築学。

ICTや先端技術に強い、次世代の「建築のプロ」を育成

学習領域は、製図・設計技術、工学の基礎から応用していく技術、最新ソフトなどIT関連技術と広範囲にわたり、建築士として確かな知識と技術の修得を目指します。また、自ら手を動かす実習や実験科目を豊富に配置し、実践力を身につけます。地域の方々とまちづくりを考えるアクティブラーニングなども予定し、住みよいまちづくりを実践的に学び、コミュニケーション能力やチームで働く能力なども身につけます。

ICT(情報通信技術)を駆使して学ぶ最先端技術

ICT(情報通信技術)を取り入れた建築学を学べるのが特長の本学の建築学科。近年、建築士にはIT、環境、情報通信など多岐にわたる専門知識が求められています。例えば、VR(拡張現実)機能を使って、住んだときの部屋のイメージをリアルに体感したり、AR(仮想現実)機能でリフォーム後の完成イメージを現実空間に重ねたりといった建設前からリアルな空間をイメージできる技術が実際に建築の現場で取り入れられています。耐震基準に合わない建物などに免震・制御システムを後付できるようになるなど地震に強いテクノロジーも進化中です。また、製図版を用いて基礎から製図を修得した上で、本学の得意分野であるコンピュータによるCADを用いて図面を描きます。さらに建築の生産効率向上をめざすBIM設計では、設計段階から3DモデルやVR映像で完成状態を確認できます。建設材料の種類や仕様、必要な人員などのデータもトータルに管理が可能です。従来の建築知識だけでなく、ICTの最先端技術を修得し、それらを「何に使うか」「どう使うか」、考えるための「人間力」を身につけることも大切です。本学科では、建築に必要な基礎知識の修得から「人間力の育成」まで、幅広い学びを展開します。

こんな学問が学べます。
  • 建築学・意匠
こんな職種が目指せます。
  • 建築士