専門学校東京工科自動車大学校品川校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 東京都 認可 / 小山学園

専門学校東京工科自動車大学校品川校

「夢・実現就職」自動車業界で自分の夢をかなえよう!

東京工科自動車大学校品川校は、品川エリアで2学科1コースを設置するクルマとバイクの学校です。自動車の基礎から新技術までを学び、一級・二級自動車整備士を目指します。クルマ・バイクの整備士はもちろん、レースメカニックや研究開発エンジニアなど、業界の幅広い分野で活躍できる力を身に付けます。
2016年4月に新設された「1級自動車整備科」は、一級自動車整備士の資格取得はもちろん、国際化する業界で自分の夢が実現できる高度な技術を4年間で身に付けるコースです。
また、ハーレーダビッドソンジャパンと連携したハーレーダビッドソン専科、二級自動車整備士を目指す「自動車整備科」も設置。どの学科・コースも幅広い就職先と高い就職率を誇り、一人ひとりの「夢・実現就職」を全力でバックアップします!姉妹校に中野校と世田谷校があります。

トピックス

2019.03.01 「品川校の1級自動車整備科で、将来は世界をフィールドに!」

日本の自動車の需要が高まる中、精度の高い日本の整備技術もまた、世界中で求められています。電子制御や環境保全など最新技術に対応できる一級自動車整備士の資格取得を目指す独自のカリキュラムに加え、品川校ならでは特徴ある授業が、グローバルに活躍するあなたの夢をかなえます。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2018年3月卒業生実績

神奈川日産自動車(株) | 神奈川トヨタ自動車(株) | 神奈川ダイハツ販売(株) | いすゞ車体(株) | (株)日産クリエイティブサービス | 東京海上日動調査サービス(株) | (株)モトーレントーマツ | (株)梅田モータース | ハーレーダビッドソン新宿 | ハーレーダビッドソン世田谷 | ハーレーダビッドソン三鷹 …など

就職支援

○独自の就職プログラムやシステムで強力バックアップ
学生一人ひとりの特性を見極め、「企業と学生の相互理解」を基本に、独自の「就職プログラム」を入学直後からスタート。自己分析から適性試験、業界研究、企業を招いた説明会など段階を踏んで早期の就職達成を目指します。また、学校内ネットワークからアクセスできる求人データベースから、最新の就職情報の閲覧も可能です。毎年2月に行う合同企業研究会では約100社の企業が参加。最新の業界情報や採用情報などの情報を入手し就職活動に役立てます。

○就職時の強い味方!小山学園後援会
スカラシップ(奨学金)制度をはじめ、教材や設備の提供、教員の派遣、就職説明会の開催など、多方面にわたりご協力をいただいている「小山学園後援会」。100社以上の企業があり、就職時の強い味方です。

各種制度

専門学校東京工科自動車大学校品川校での学びを支援する各種制度のご紹介!

安心して学べる独自の授業システム

当校では、授業での「わからない」を残さないよう、“ステップクリア授業”という独自の学習システムを展開しています。授業ごとに学ぶ内容を細分化した「コマシラバス」を開示するとともに、すべての授業時間毎にその日に学ぶポイントが分かる「授業シート」と授業で学んだことを確認できる「授業カルテ」を学生に配布しています。
これら独自の学習システムで、試験前や授業を欠席した場合でも学び残しの心配もなく安心して学ぶことができます。

選べる奨学金制度

本学園独自の制度として返還不要の30万円を支給する小山学園後援会スカラシップ制度(奨学金制度)や、認定後の1年間授業料(44万円/平成28年度実績)が免除される特待生制度があります。また、本学園が提携している自動車関連企業による、皆さんの夢を応援する「企業奨学金」制度が充実しています。詳細は、入学相談室(フリーダイヤル0120-1969-04)までお問い合わせください。

3年次編入学が可能!

2年制学科修了後、一級自動車整備士を目指したい人は、本学園の1級課程(4年制)の3年次へ入学することができます。

併願制度

本学園と大学・短期大学を受験する場合に、もしくは公務員試験・職業訓練校を受験する場合、出願時に「併願申請書」を提出することにより、本学園の入学手続き(入学金納納入)を延期できる制度です。併願制度利用者は選考料の負担だけで、併願先の結果発表まで本学園の入学資格を確保することができます。(一般入学の出願のみ対象)