勉強にも基本スタイルがある‼

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

高校生活の過ごし方

勉強の基本スタイル

なぜ勉強するの?どう勉強するの? 勉強にも基本スタイルがある!!なぜ勉強するの?どう勉強するの? 勉強にも基本スタイルがある!!

3年間の勉強は将来どんなことに役に立つのか、
またどうやるのが効果的なのか。
知らないまま取り組むのはきついもの。
「なぜ・どうやって勉強するのか」
一緒に考えてみましょう。

勉強は、ひとり立ちする基礎を養うこと。将来、働くうえで必ず役に立ちます。勉強は、ひとり立ちする基礎を養うこと。将来、働くうえで必ず役に立ちます。

誰でも一度は「勉強なんて実生活で役に立たない」と思ったことがあるのでは。確かに数学の公式や古文の文法が将来に直接的に役立つことはあまりないかもしれません。でも「得た知識を材料にして考え、行動し、そこで得た新たな知識を材料にまた考える」といったサイクルは仕事の流れと全く同じ。考えて行動する「考動」の習慣は、社会に出ても必ず役に立ちます。

先輩体験談先輩体験談
A・O先輩
数学は論理的思考のため
ライター A.O先輩

「問題点の把握まではいいけど、それを解決する打ち手がズレてる」。上司や同僚から社会人2年目まで何度も言われた言葉です。私はA=B、B=Cって論理的に物事を考えることが苦手で。1つずつ順を追って答えを出す数学は、この論理的思考能力を鍛えるものだったんだと今さら痛感しています。こんなことならもっとちゃんと勉強しておけばよかった(涙)。

国語は企画書/メールなど
人に意見を伝える基礎力
広告代理店 R.H先輩

私の仕事の大半はプレゼン用の資料作りと資料を読み解くことなのですが、自分の読むスピードの遅さや理解力・文章力の低さを痛感する日々でした。同僚に相談すると「高校の現代文で要点を早く見つける練習や論文対策をやってたから全然苦労していない」のだそう。私も現代文の勉強をちゃんとやっておけば…と後悔しています。

習ったことを確実に身につける効率的な勉強のしかた習ったことを確実に身につける効率的な勉強のしかた

ただでさえやることが多く時間が限られる高校生活。さらに勉強内容はどんどん高度になり、一度つまずくと雪だるま式に「わからない」が大きくなってしまいます。そこで今から身に着けておきたいのが学習習慣。ここではその4つのポイントを紹介します。

  • "3点固定"で勉強時間を確保

    毎日勉強することの大切さは誰でも知っていますが、それを実行するのはなかなか難しいこと。そこで一日の中の「起床時間・勉強開始時間・就寝時間」をあらかじめ決める3点固定がおススメです。この時間が決まれば生活リズムが整い、勉強時間を確保しやすくなります。

    "3点固定"で勉強時間を確保
  • スキマ時間を有効活用

    複数のことを上手に両立できる人に共通するのは、スキマ時間の活用。授業の間の10分休みや通学時間など、意識せず過ごしている時間は意外とあります。「バスの中では時事ニュースを確認」などタイミングとやることをセットで決めておけば、少しの時間も有効に使えます。

    スキマ時間を有効活用
  • 黄金サイクルを大切に

    スピードが速く内容も高度になる高校の授業では「予習→授業→復習→質問」の黄金サイクルが定着へのコツです。特に復習はタイミングが命。1日経つと約7割*は忘れてしまうので、「帰り道でノートを見直す」などその日のうちに無理なくできるやり方で復習をしましょう。
    ※「エビングハウスの忘却曲線」より

    黄金サイクルを大切に
  • "間違えた問題"こそ宝物

    テストは点数ばかりが気になりがちですが大切なのは「できなかった問題をできるようにすること」。先生の解説をしっかりと聞き、疑問点はその場で必ずなくしておきましょう。間違えた問題だけをまとめる「間違いノート」を作っておくと、その後の復習にも役立ちます。

    "間違えた問題"こそ宝物