資格の種類を知ろう

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

社会を知って視野を広げよう

資格を知る

持っていると受験や就職に役に立つ! 資格の種類を知ろう持っていると受験や就職に役に立つ! 資格の種類を知ろう

一口に資格と言っても、非常に多くの種類があり、
信頼性や社会的認知度、難易度までさまざま。
それぞれの特徴を知っておきましょう。

資格は大きく3つに分類される資格は大きく3つに分類される

資格は国家資格・公的資格・民間資格の3つに分けられます。それぞれに特徴があり、難易度にも違いがあります。資格を持っていなければ働けない職業や、持っていると受験で有利になるものなど様々な種類があります。

奨学金の種類奨学金の種類
  • 国家資格
    法律に基づき、国や国が委託した機関から授与される資格です。難関試験が多いため、その分社会的信頼度も高く、職業に直接つながる資格と言えます。
  • 公的資格
    国家資格と民間資格の間に位置づけられる資格です。地方自治体や公益法人が実施し、文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定する資格です。
  • 民間資格
    民間企業や団体が独自の審査基準を設け、認定・授与する資格です。TOEICやファイナンシャルプランナー・マルチメディア検定など様々な資格が存在します。
受験に役立つ資格受験に役立つ資格

資格の中には、推薦入試や一般入試に役立つものがあります。特に英語の資格は、2020年の英語改革に向け各大学の受験で非常に有利に働く傾向にあるので、取得に向けて積極的に挑戦していくと良いでしょう。

    英語検定

    入試において学科試験免除、英語科目の単位認定など、優遇措置を受けられる資格です。

    漢字検定

    45%もの大学や短大で漢字検定の取得が能力・人物評価の基準の1つになっています。※日本漢字能力検定協会の調査より

    語彙読解力検定

    新聞語彙・読解・辞書語彙の3点から、社会で必要とされることばの力を測ります。

    TOEIC

    英語のコミュニケーション能力を測る世界共通のテスト。入試でも重要視されるように。

    TOEFL

    多くの教育機関で使われる英語能力試験。海外の大学への進学や留学をする際は必須。

    全商簿記実務検定

    ビジネスの社会で求められる知識やスキルを測る資格。推薦入試で優遇されることも。

    数学検定

    数学・算数の実用的な技能を測る検定。推薦・AO・一般入試で優遇されることも多い。

    世界遺産検定

    世界遺産への理解を深めることを目的とした検定。推薦・AO入試で優遇されることも。

就職に役立つ資格就職に役立つ資格

どんな資格でも就職活動においてはプラスに捉えられます。仕事に直結するものであれば知識の土台があると判断され、関係ないものでも、取得に向け努力し続けることができるという人間性への評価につながります。

    MOS

    Excel、Word、PowerPointなどのオフィスツールをどれだけ使いこなせるかを証明できる資格です。

    日経TEST

    経済知識とその知識を生かす力を合わせたビジネス基礎力を測ることができる資格です。

    秘書検定

    持っているだけでビジネスマナーが備わっているという印象を与えられる資格です。

    ファイナンシャルプランナー

    資産運用や個人の金融に関しての知識など、お金に関するスペシャリストの資格です。

    日本語ワープロ検定

    日本語の入力・文章処理能力さらに、コンピューター活用能力の向上を目的とした資格。

    日商簿記検定

    経理や事務に必要なスキル。これを取得すると、金融関係の就職活動においても有利に。

    TOEIC

    新卒採用で550点、中途採用では700点以上あれば有利に働くと言われている英語の資格。

    TOEFL

    海外就職を希望する人に特に役立つ資格。しかしTOEICを重視する企業の方が多いのが現状。

働くうえで役立つ資格働くうえで役立つ資格

業務効率化やスキルアップに役立つものから転職活動をする際に自分の力をアピールすることのできる資格までさまざまなものがあります。やみくもに取得するではなく、業務内容と照らし合わせて挑戦するのがGOOD。

    MBA

    ビジネススクールを修了した学位。ビジネス分野で高度な知識を持つことを証明する資格。

    WEB解析士

    Webマーケティングをするうえで欠かせない能力として挙げられる解析力を証明する資格。

    衛生管理者

    労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置などを担当し、衛生全般の管理をする資格。

    ITパスポート

    情報処理に関する国家資格の一つ。多くの企業や教育機関で取得が奨励され始めている。

    宅健

    「宅地建物取引士」の略称で国家資格。取得するとキャリアアップにつながることが多い。

    日商簿記検定

    経理や財務に必須であり、転職に有利とされる。経営者の話が理解できるといった利点も。

    TOEIC

    「英語ができる人」として認知され、国際関係の仕事など幅が広がることが多い。

    中小企業診断士

    中小企業の経営診断や経営に関する助言・提案を行う国家資格。企業での評価が高い。