資格とは

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

社会を知って視野を広げよう

資格を知る

必要性や意義を考えてみよう! 資格とは必要性や意義を考えてみよう! 資格とは

資格はその必要性や意義を知っておくと、
必ず自分の武器になってくれるものです。
ここではなぜ資格をとるのか・
どんなメリットがあるのかを紹介します。

何のために取るの?何のために取るの?

そもそも資格とはなぜ取るのでしょうか? 仕事をするのに必ず必要となるもの・持っていると仕事で有利になるもの・自分の能力を確認するものなど、その役割はさまざま。それぞれの特徴を確認してみましょう。

仕事をするのに必要仕事をするのに必要

世の中にはある特定の資格を持っていなければ就くことのできない仕事があります。医者や弁護士・公認会計士・助産師・管理栄養士・調理師などがそれにあたります。一般的にこの資格は難易度が高くなることが多く、資格取得までに時間がかかることもあります。

イメージ
仕事に有利になる仕事に有利になる

海外赴任をする際に必要な資格や持っていると昇進に有利になる・希望する職種に就きやすくなる資格など多岐に渡ります。英語の能力をアピールするTOEFLや経理・事務で役立つ簿記・お金に関するスペシャリストであるファイナンシャルプランナーなどがあります。

イメージ
自分の能力を確認する自分の能力を確認する

転職をする際などに自分の持っている能力を客観的にアピールすることができる資格もあります。医療事務や調剤薬局事務・色彩検定・ITパスポートや食生活アドバイザーなどその種類は様々。その分野への興味関心や学ぶ意欲などを相手に伝えることができます。

イメージ