学校を知るための手段

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

進学先を考えてみよう

学校研究してみよう

学校情報を手軽に入手!学校を知るための手段

学校情報は、大学、短大、専門学校を問わず、手軽に入手できます。
学校案内、Webサイト、進学情報誌、オープンキャンパスなど手段もさまざま。
それぞれ機能が異なるため、学校に関して何をどのように調べたいかを考え、情報ソースを選択するのがおすすめです。
そのためにはまず、各情報の特徴を知ることから始めましょう。

  • 進学情報サイト進学情報サイト

    メリット

    メリット

    学びたい分野から学校がわかる
    他校と比較検討できる
    最新情報を入手できる
    デメリット

    デメリット

    一校の全体像をつかみにくい
    情報を絞り込む力が求められる
  • 学校パンフレット学校パンフレット

    メリット

    メリット

    学校の全体像をつかめる
    一校を体系的に理解できる
    書き込みなどアレンジできる
    デメリット

    デメリット

    発行時の情報が更新されない
    入手にひと手間かかる
  • オープンキャンパスオープンキャンパス

    メリット

    メリット

    教員や在校生と直接話せる
    学ぶ環境の雰囲気が分かる
    不明点をその場で相談できる
    デメリット

    デメリット

    交通費などの費用がかかる
    学校の全体像はつかみにくい

学校パンフレットに寄せられた信頼感と役立ち感学校パンフレットに寄せられた信頼感と役立ち感

高校の卒業生を対象にした情報ツールに関する調査では、「最も役立った」「最も信頼できる」という回答で、学校パンフレットが
トップでした。学校パンフレットは、学校が制作・発行する情報媒体。内容はもとより誌面のデザインや紙質から学校の雰囲気や
価値観を判断することもできます。書き込みや切り貼りも可能など、使い勝手の良さが評価されたのかもしれません。

学校パンフレットに寄せられた信頼感と役立ち感 グラフ学校パンフレットに寄せられた信頼感と役立ち感 グラフ
おすすめコンテンツ