小論文対策

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

進学準備を始めよう

入試を知る

自分の考えを伝える力! 小論文対策自分の考えを伝える力! 小論文対策

推薦入試やAO入試で課されることの多い小論文ですが、
一部の学部学科では
一般入試で採用していることもあります。
具体的にどのようにして対策をすればいいのか
一緒に勉強してみましょう。

読解力や論述力が総合的に問われる小論文読解力や論述力が総合的に問われる小論文

「小論文」表しすイラスト

小論文とは自分の意見や主張とその理由を論理的に述べる文章のことです。作文に比べて、自分で問題を発見する力や考える力、説得力が求められます。

【小論文・感想文の違い】
感想文:読書感想文などに代表される自分が感じたり、思ったことを書く文章のこと。
小論文:自分の意見や主張を論理的にまとめた文章のこと。

「小論文」表しすイラスト
ポイントと注意点ポイントと注意点

効果的な小論文を書くには3つのポイントがあります。1つ目は出題の意図を把握すること。課題文や資料がある場合は、筆者が何を主張しているのか・資料から何が読み取れるのかしっかりと確認しましょう。2つ目は自分の主張や意見を整理すること。どのような意見を主張するのか、またそれを主張する理由や根拠を整理しましょう。その際、事実に基づく具体例を提示すると説得力が増します。最後は論理的に書くこと。「①話題提示 ②根拠と具体例 ③別意見への配慮」の三段構成にするとグッと読みやすい文章になります。

採点者のチェックポイント採点者のチェックポイント

1.原稿用紙の使い方・日本語表現が適切か
2.自分の考えを持っているか
3.論理的に述べられているか

時事問題もチェック時事問題もチェック

小論文対策をするうえで切り離せないのが時事問題。その時に話題となった内容をもとにテーマを決めるケースも多くあり、知っていることが前提となります。そのため普段から新聞やニュースをしっかりとチェックする習慣をつけておきましょう。まとまった時間が取れない場合は、通学時間などのスキマ時間を使ってニュース配信アプリや時事問題を扱うサイトをチェック。ただ事実を知るだけでなく、「自分がどう思うのか」まで考えておきましょう。

出題タイプ出題タイプ

テーマ型:学部学科の学問に対する関心度や展望を論じさせるタイプ。大きく①イエス・ノーを問うもの、②問題提起がされているもの、③抽象的なテーマの三種類に分けられます。
課題文型:比較的長文の課題文から内容を把握し意見を説明論述するタイプ。課題文を注意深く読み主張を的確に読み取る必要があります。
データ型:図や表・グラフを読み取り分析した結果を論述するタイプ。理系の学部や経済・福祉・教育系の学部などに多くみられます。