抑えておきたい進学費用

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

進学準備を始めよう

抑えておきたい進学費用

費用や制度をしっかり確認! 抑えておきたい進学費用費用や制度をしっかり確認! 抑えておきたい進学費用

国立大・公立大・私立大など
進学先によって費用は様々です。
以下の表を参考にしつつ、詳しい費用は
進学先の学校の資料をしっかりと確認しましょう。

入学時に支払う費用入学時に支払う費用

入学時に支払う費用は、授業料+入学料+施設設備費の3つです。右の表からも分かるように、一般的に国公立の費用は安くなる傾向があります。一方私立は、学部学科により大きく異なるものの、大学・短大・専門学校ともに100万円を超えることになります。

平成25年度の授業料などの学生納付金の状況について平成25年度の授業料などの学生納付金の状況について

学問分野ごとの費用学問分野ごとの費用

学部学科により費用は様々です。右の表から分かるように、私立文系と理系を比べても約40万円の違いがあります。また特に医歯系の学部学科は、最も費用の安い国公立と比べると約8倍もの費用を払う必要が。保護者の方としっかりと話し合っておきましょう。

平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均

奨学金の種類奨学金の種類

民間団体民間団体

「あしなが育英会」や「交通遺児育英会」など、病気や災害・自死などで親を亡くした子供や障害のため働けなくなった家庭に無利子の奨学金で支援をしてくれます。

公的機関公的機関

「日本学生支援機構」や「社会福祉協議会」など、国や公的機関の奨学金があります。大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校の学生が対象になります。

大学独自大学独自

主に私立大が独自に設けている奨学金。貸与型と給付型の2つの種類があります。対象は2年次以降の学生となるケースが多いので、しっかりと確認しておきましょう。