仕事を知る(動物・植物/動物・ペット/動物調教師)

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

憧れの職種に関する記事を読んでみよう!

  • 分野を選んでください。

    すべて

    分野を選んで下さい閉じる

  • さらに具体的な職種で絞り込むなら

    すべて すべて

    閉じる

  • 閉じる

「動物・植物/動物・ペット/動物調教師」の記事

31~3件を表示

前へ

  1. 1

次へ

前へ

  1. 1

次へ

職種を知る動物調教師
動物調教師は、動物をそれぞれの目的に応じて訓練するのが仕事である。たとえば、競走馬の調教師であれば、馬の持ち主からの依頼で競走馬を訓練して、ベストの状態でレースに出場させることが目的となる。盲導犬の訓練士なら、目の不自由な人を誘導するために、目の不自由な人の目の代わりになって動けるように犬を訓練することが目的である。それぞれの動物の特性によって訓練方法は異なるが、動物の気持ちをくみ取り、不安を抱かせないように安心させてから必要な訓練を行うことが大切である。