仕事を知る(自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙/船舶・海洋/船舶機関士)

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

憧れの職種に関する記事を読んでみよう!

  • 分野を選んでください。

    すべて

    分野を選んで下さい閉じる

  • さらに具体的な職種で絞り込むなら

    すべて すべて

    閉じる

  • 閉じる

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙/船舶・海洋/船舶機関士」の記事

11~1件を表示

前へ

  1. 1

次へ

前へ

  1. 1

次へ

職種を知る船舶機関士
船の乗組員のうち、エンジンやボイラー、発電機をはじめとする機関関係の管理を行う仕事。船の機関室に表示されるデータを確認しながら、主要な機関が正常に動いているかどうかを監視するのが主な任務。大型船舶の場合、機関長をトップとして「一等機関士」「二等機関士」「三等機関士」がいて、それぞれ役割を分担している。航海中だけでなく、港に停泊しているときも点検・整備を行い、次の航海に備える。海技士(機関)の資格を取得しなければ、船舶職員として船に乗り込むことができない(小型船舶を除く)。