仕事を知る(自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙/航空/航空機関士)

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

憧れの職種に関する記事を読んでみよう!

  • 分野を選んでください。

    すべて

    分野を選んで下さい閉じる

  • さらに具体的な職種で絞り込むなら

    すべて すべて

    閉じる

  • 閉じる

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙/航空/航空機関士」の記事

職種を知る航空機関士
フライトエンジニアと呼ばれる航空機関士は、コクピット内でエンジンや燃料、計器などシステムの管理を行う。搭乗前は飛行記録を基に問題点がないかを確認、コクピットに入ってからはシステムを直接確認し、安全にフライトができるかを判断、離陸後も各種計器とエンジンにとくに気を配る重要な役割を担っている。「航空機関士」は国家資格になり、取得するまでには3年以上の研修期間が必要だが、2009年に日本の航空機は航空機関士の乗務が不要な機種になり、国内では航空機関士という職種はなくなっている。