仕事を知る(デザイン・芸術・写真/装飾系デザイン/花火師)

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

憧れの職種に関する記事を読んでみよう!

  • 分野を選んでください。

    すべて

    分野を選んで下さい閉じる

  • さらに具体的な職種で絞り込むなら

    すべて すべて

    閉じる

  • 閉じる

「デザイン・芸術・写真/装飾系デザイン/花火師」の記事

11~1件を表示

前へ

  1. 1

次へ

前へ

  1. 1

次へ

職種を知る花火師
仕事は「花火をつくる」「花火を打ち上げる」「花火大会の準備と片付け作業」の3種に大別される。花火師になるには、花火会社に就職するのが通常。花火の製造に携わる場合は「火薬取扱保安責任者」の資格も必須になる。今日でも伝統的な製法でつくられている花火が数多く存在し、火薬の配合から和紙を花火玉に貼り付ける作業までを、花火師が一貫して行っている。最終工程の玉貼り作業を表す言葉に「糊付け八年、刷毛八年」とあるように、一人前の花火師になるには長い年月が必要だが、その過程では美しい夜空を見上げる感動の日も多い。