仕事を知る(デザイン・芸術・写真/アート・写真/美術鑑定士)

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

憧れの職種に関する記事を読んでみよう!

  • 分野を選んでください。

    すべて

    分野を選んで下さい閉じる

  • さらに具体的な職種で絞り込むなら

    すべて すべて

    閉じる

  • 閉じる

「デザイン・芸術・写真/アート・写真/美術鑑定士」の記事

21~2件を表示

前へ

  1. 1

次へ

前へ

  1. 1

次へ

職種を知る美術鑑定士
美術品、骨董品、絵画や掛け軸などが、本物であるかを見分ける。本物である場合も、市場での価格や価値基準を見極め、鑑定書を作成したりする。鑑定士という資格はないが、美術館や古物商に勤めるなどし、長年経験を積んで目利きになる必要がある。蚤の市やオークションなどで審美眼を養い、実績を積み重ねていく。自分の得意とするジャンルを確立することも重要。美術館の学芸員として長く働いた後、独立する人もいる。美術品や骨董品の深い知識もさることながら、骨董市場の変化などを把握しておくことが大切だ。