仕事を知る(公務員・政治・法律/政治・法律/米国弁理士)

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

憧れの職種に関する記事を読んでみよう!

  • 分野を選んでください。

    すべて

    分野を選んで下さい閉じる

  • さらに具体的な職種で絞り込むなら

    すべて すべて

    閉じる

  • 閉じる

「公務員・政治・法律/政治・法律/米国弁理士」の記事

職種を知る米国弁理士
弁理士とは企業に代わって特許申請を行う仕事。世の中に出回る製品は特許権、意匠権、実用新案権、商標権という4つの権利を持つことで守られている。米国弁理士(Patent Agent)はその名の通り、米国特許商標庁(USPTO)へ出願・審判の手続きをすることができる資格だ。まずアメリカの就労ビザを取得してから受験し、働くにはさらに永住権が必要。一定期間帰国すると失効し、再度働くには審査を受ける必要がある。米国で製品を売り出す企業にとって不可欠な存在。弁理士をめざし、かつ米国で暮らしたい人には注目の職種。